皇族になるという結婚式に8000円の靴をはいた筆頭宮妃

ライブラリー さまコメント

この時の紀子さんの靴

「お髪直し」とは無関係なのですが、このティアラと勲章を付けた紀子さんのローブデコルテ姿で思い出されることがあります。

それは、まさにこの時、彼女が履いていた靴のことです。

この礼宮結婚当時、たしか週末の夕方のニュースで、田丸美寿々さんがキャスターをつとめていた番組がありました。

話題のニュースとして、この結婚の儀について放送していたのですが、そこでスタジオの田丸さんが、
「これは、紀子さんが朝見の儀の時に履いている靴と全く同じ製品です」
と、デパートから借りたその同じ靴を手に持って紹介しました。

結婚前にデパートで買ったもので、値段は確か8千円か9千円(とにかく1万円未満)だったと記憶しています。

透け感のある白いナイロンチュール素材に模様の装飾が入った、とても安っぽいものでした。
普通の学生や若いOLが、普段に履いているような靴です。

皮素材でなくナイロン素材なのは、おそらく、本来こういう最高正装の時には、シルクサテンなど布製の靴を履くからなのでしょう。

他の女性皇族方は、皆、ドレスと同じ共布で靴も特別に誂えているはずです。


番組としては、皇室の結婚が、庶民的で、世間一般と変わりない、ということをアピールするためのネタとして、この靴に焦点を当てていたんだろうと思います。

私がこの報道をよく憶えているのは、この時一緒にテレビを見ていた母が、
「何だか、夢も希望もないわねぇ」
と言ってため息をついたことがとても印象に残っているからです。

「いくらなんでも、こんなティアラを被った正装に、デパートで買うような普通の安い靴を履くなんておかしいでしょう、誰が足を入れたかもわからないのに」
と二人で話しました。

結婚前、紀子さんが母親と二人で、新宿の小田急や京王デパートで靴を購入している場面が遠巻きに撮影され、何度も放送されてました。

我々が買い物するように、棚に並んだ靴を試し履きしながら選んでショッピングしてました。

その撮影時のものかどうかはわかりませんが、とにかく、普通にデパートの靴売り場の棚に並んで売っているものを履いて、朝見の儀に臨んだわけです。

靴を手に持って話をしている田丸さんも、「私たちとなんら変わらない」、「平等で開かれた皇室」、「3DKの職員住宅から」と話しながらも、何となく怪訝な表情だったのも印象的でした。

それにしても、靴のおあつらえ代金は、宮内庁は出してくれなかったんですかね?

何から何までたかりすぎて、愛想をつかされてたんでしょうか?

川島家で支払って誂える気はなかったんでしょうか?
どうせ靴なんて、ドレスに隠れて見えないと思ったんでしょうかね。

いずれにしても、こんな非常識なことを平気でする紀子さんと川島家です、昨今の秋篠宮家の滅茶苦茶ぶりは、当然の帰結と言えるでしょう。


なんで川島家が靴を作ったのかな?

普通はこういった物の用意は皇室が費用を出すと思っていました。

詳しい方、教えてください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お支度はご実家よ。

小和田さんは、雅子妃のお支度を整えるのに、何千万かの借金を銀行でされたそうです。
堕胎恫喝にビビった今上が川島さんちの費用を出したんでしょう。
それにしても、一式30万円の振袖に8000円の靴ですか…。やれやれ。

今のゴキ卑を見ていると育ちが・・・

ゴキちゃんの今の贅沢三昧は婚前の貧しさの反動か?と思うぐらいの贅沢をしています。
いかんせん、センスが身についていないので何を着ても「上品、あか抜けた」から程遠い物ばかり(安物買いの銭失いじゃあないのに・・・)
高貴なお生まれでご結婚前は決して豊かな生活をされていなかった華子さまは日本で一番高貴なお方より高貴で上品いらっしゃる。

ゴキちゃんが清貧であれば、気品がにじみ出るのに、歴代有り得ない位の下品さ、庶民以下の匂いがします。
ゴキ卑の「アテクシの作品」馬子鹿子ちゃんテイノ―くんのど庶民さw
親しみやすさというよりこんな皇族イラねーと思わすパワーが有ります。
産まれ持っての内診脳。珍王なのに

次、行きましょう

ヘカテーさんの知りたいのは、「なんで川島家が結婚式の靴を用意したのかな」ということでしょうか。

残念ながら私はまるっきり詳しくありませんし、そのテレビも見ていません。ちょこっと調べてみましたが、紀子さんの朝見の儀のときの靴が8000円か9000円という根拠を見つけることはできませんでした。

まず、結婚の儀のローブデコルテは誰がデザインして、どこが費用を持ったか、がわかりません。そういえば、雅子様のは森英恵デザインだと知れ渡っているけれど、紀子さんのは誰のデザインだったのだろう?川島家が費用を負担したとは思えませんから、靴だけを川島家が用意したとは私には思えないのですが。

あるいは、可能性としては、ローブデコルテの生地は納采の儀のときに贈られているから、その生地を使って靴も含めて衣装一式を用意するのは川島家ということだったとか。デザインと縫製は近所のおばちゃん、靴は8000円とか? これは、あくまでも推理だけど、もしかしてありうるかも。(納采の儀に贈られたものは、絹地の巻物3巻、清酒6本、雌雄一対の鯛)

他に考えられるのは、小田急の靴売り場で靴を2足買った、ということは記事になっているようなので、テレビで取り上げていたのはこのときに買った靴のことではないのでしょうか、ということです。

http://www.junpay.sakura.ne.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=189:ldk-&Itemid=64

@9月7日(木):午前10時前、母・和代さんの運転する車で小田急デパートヘ。2階の婦人靴売り場で、淡いベージュのハイヒールなど2足を買う。 9月11日の23才の誕生日の母からのプレゼントとの声。

それに対して、私がネットでひろった反応は、

正直驚いたね。 既製品でお安さ丸出しの普通の物ばかりで。 本当にお金がないんだなと思った。

私が知っているのは、

 ・皇室から川嶋家に何千万円かの支度金が支給されたこと
 ・嫁入り道具はダンボール数箱(?)のしょぼいものだったらしいこと
 ・母親の手袋代まで請求された皇后がため息をついてリークしたらしいこと
 ・後に弟がなぜか赤いフェアレディを買い与えられたらしいこと
 ・模造真珠を嫁入り道具に持って行ったらしいこと
 ・ワイルドストロベリーの食器が嫁入り道具だったらしいこと
 ・劇団四季に川嶋紀子ですと電話してただでチケットをゲットしたらしいこと
 ・義理のおじがレリアンに勤めていたのでお洋服はレリアンだったらしいこと

ぐらい。

全部、「らしい」ですけれど、並べると、ショボっ・・・・
既製品の安い靴にしても、ワイルドストロベリーにしても、良く言えば清貧、悪く言えば一流とは何かをまるっきり知らない。別に、しょぼくてもいいのだけど、今、贅沢しまくっているからいろいろと言われて蔑まれるだけで。

興味のないことを調べるのって、楽しくはないです。いくら調べ物好きの私でも、これ以上調べる気にはなりません。お許しを。

じゃあ、なぜコメントしたか。
靴の件について誰もコメントしなかったから、ヘカテーさんがもやもやしたままで次の話題に進めないかと思って。つまり、誰も興味はないし、情報も持っていないし、調べる気にもならない、ということでよろしいでしょうか。

デザインは誰?

キーコさんの衣装のデザイン、本当に誰だったのでしょうか?胸のカット以外に特徴のない、このデザイン。
http://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_dd/aki211-31-jpp04626619.jpg


そういえば、今年のお正月の、衝撃の3人一緒のデザイン、デジャビュかも。
http://file.ranthanum.o-oi.net/ef25a450.jpeg


これも。
http://modan255.blog133.fc2.com/blog-entry-162.html

川島紀子さんが婚約会見で着ていた時の服について

昭和天皇の喪中に、礼宮と川島紀子さん(高等科卒業アルバムに印刷されている名前)の婚約記者会見が行われました。

(礼宮本人が「昭和天皇の喪中に」「昭和天皇にお知らせできなかったのが残念」という発言をしています。)

その時に着ていた川島紀子さんの服について、このようなタイトルの記事があります。


1989年 9月20日号  週刊女性
“一世一代の服”は母・和代さんの友人が手作り
“風がわり”初デート


川島紀子さんの母親・和代さんの友人がオートクチュール関係者であったという報道は見当たらないし、手作りという表現なので、お裁縫が得意な方が手作りしたと考えられるのではないでしょうか。

この時の服ですが、当時のワイドショーで女性レポーターが「昭和天皇の喪中ということで、明るい色ではなく、あのような色の服にしたそうです。」と話していたのを覚えています。


婚約会見時の服の襟元
http://livedoor.blogimg.jp/eco_reform/imgs/d/8/d825f38d.jpg

http://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_dd/aki211-31-jpp04626619.jpg

似ているといえば似ているような。
似てないといえば似てないような。
川島紀子さんの好みなのか?
服を作った人の好みなのか?
気になります。


キーコさまのローブデコルテ

姑のお勧めで、中村乃武夫デザインのご婚礼ローブデコルテです。
(出典:三畳一間3LDKプリンセス、川嶋紀子さんの魅力のすべて)

中村氏は昨年亡くなりましたが、その際のプロフでは、コーゴー様のデザイナーとか大阪万博のユニフォームデザインは紹介されても、キーコさまには触れられず…
因みに日本ユニホームセンター常務理事でした。
(ヒット~宮妃の“官給仕事着”のデザインには、うってつけといえばうってつけですね)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR