今上陛下の学友は語る「明仁皇太子はテスト中カンニングしてたよ」

こんにちは、スキャットマンジョンがブームのヘカテ―です。

(今の子スキャットマンジョンなんて知らないだろうなー)

ヤフオクである雑誌を落札しました。

『流動 1971年10月号』

日本人にとって天皇制や天皇とは何かを問う論文が並ぶ中、

座談会に興味を引かれました。

議題は「皇太子『明仁親王』」

出席者は村松剛、黛敏郎、藤島泰輔、中村菊男の4名

そこで今上陛下の学友だった藤島泰輔がこんなことを言っています。




村松 安倍能成さんが院長になったでしょう。あのころ新聞記事に談話が出て、皇太子の成績は遺憾ながら”中の下”といっておりましたね。

藤島 理科系はわりにお得意でしたけれども、文科系、とくに国語とか漢文は不得意のようでした。だから高等科から大学へ進まれるときに、皇太子さんは理科系に行きたかった。それを政治へ行けと言われたらしいのです。得意の学科では才能を示される場合がありましたね。何の試験だったか忘れましたけれど、皇太子さんが隣の生徒から写しているわけですよ。(笑)そうしたら先生が壇の上から言いにくそうな顔をして、「殿下、隣をあまりご覧になりますと、カンニングと間違えられますよ」(笑)


村松 いまの陛下は成績は知らないけれども、非常に優秀な方だし、皇后は成績抜群でしたよ。皇太子似なかったんですね。






隣の人の答案をカンニングする皇太子

衝撃的ですね。

両親は成績優秀なのに跡取り息子はアホ

平成の皇太子殿下は実に立派な成績だったと報じられています。

藤島泰輔はこうも言っています。




藤島 ポスト天皇の問題が注目されるようになってきてから、週刊誌などからコメントを求められて困るんですけど、私はできるだけ天皇のご在位の期間が長いことを望みますと言っているんです。やっぱり天皇と皇太子さんとは違うと思いますね。これはわれわれ在学のころから感じていたことですけれども皇太子さんは人に議論をふっかけるのが非常に好きで、その議論も絶対自分が勝たなきゃいけない。だからしまいにはみんな議論がはじまると逃げましたからね。大学卒業からいま十五年ぐらいたっているけれども、その間の同級生に関する皇太子の交友関係を見ても、いやなことを言うのはみんな遠ざける風潮がありまして、抵抗のない連中が最後に残った。そうしたことをみていますと、帝王の素質としてちょっと疑問です。非常にこまかいところまでこだわる。私自身と皇太子のあいだにも事件があったわけですけれども、とっても小さいことにいつまでもくよくよこだわっておられるんで、正直言いますと同級生で心ある連中はもう投げています。




なんかすっごーく嫌な奴ですね。

平成の皇太子ご夫妻は学友のインタビューなんかをご婚約のころから追って見ても誰もが絶賛するだけで、非難する人はいません。今もそれは一緒ですね。皇太子殿下の御学友がマスコミに向けて「今の皇太子はダメです」と言っている様子を見たことがありません


「細かいことにうるさい」、美智子さまと一緒ですね。

平成の皇太子ご一家がお気の毒です。ちっちゃいことをいつまでも根に持つような人が自分たちの上にいるんだから。

そして耳が痛いことを言う者は遠ざける。

ダメな奴と言われても文句は言えません。

ちなみに藤島泰輔はダメダメな皇太子さんの弟の常陸宮さまをこう評価しています。




藤島 ご兄弟を比べてみますと、常陸宮さんのほうが明治、大正、昭和ときた歴代天皇の感じが非常にあり、天皇さまの持っていらっしゃる、あるいは大正天皇が持っておられた一種のぎこちなさみたいなものを受け継いでおられる。 ぼくたちのイメージからいうとどうも常陸宮さんからうける感じの方が天皇じゃないかという気がするんですけどね。




常陸宮さまの方が天皇にふさわしいってことですね。


さらにこの4人は美智子さまにもダメだししています。




藤島 美智子さんは庶民の代表というか、皇室を民主化するのは自分だという妙な意気ごみがあったらしくて、最近聞いて驚いたのは、週刊誌の記者を集めた皇太子夫妻の記者会見で、最前列の記者がたばこをくわえたら、美智子さんがマッチをすってつけたという。(笑)

黛 それではホステスだ。

村松 なにか根本的なところで思い違いをしているようですね。(笑)





「なにあの勘違い女。バッカじゃないの」と笑っています。

平成はこのダメだしされた昭和の皇太子夫妻を崇めていますが、昭和を振り返ると平成の賞賛が胡散臭くなるますね。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

明仁って性格めっちゃ悪そう。

>皇太子さんは人に議論をふっかけるのが非常に好きで、その議論も絶対自分が勝たなきゃいけない。

>だからしまいには
>みんな議論がはじまると逃げましたからね。

>大学卒業からいま十五年ぐらいたっているけれども、
>その間の同級生に関する皇太子の交友関係を見ても、

>いやなことを言うのはみんな遠ざける風潮がありまして、
>抵抗のない連中が最後に残った

>非常にこまかいところまでこだわる。

>私自身と皇太子のあいだにも事件があったわけですけれども、

>とっても小さいことにいつまでもくよくよこだわっておられるんで、
>正直言いますと
>同級生で心ある連中はもう投げています。



(明仁って性格悪いんだね)としか思えない。
そして周囲に残るのはイエスマンとか、明仁本人ではなく明仁が持つ肩書きを利用したい人ばかり。

だから平成の今生()ってのは・・・以下自粛。







>週刊誌の記者を集めた皇太子夫妻の記者会見で、
>最前列の記者がたばこをくわえたら、
>美智子さんがマッチをすってつけたという。(笑)

>それではホステスだ。

>なにか根本的なところで思い違いをしているようですね。(笑)



日本国籍を放棄して、インドネシア国籍を取得して、ムスリムになってメッカ巡礼をしたという某第三夫人が「ミッチーとアタクシは同じよ。」と言ったそうですが、このエピソードを読むと納得します。

しかもミッチーの手はコンスになってるし。
そういえば某第三夫人は「北朝鮮のキム家とは古くから交流がある。」「拉致被害者は北朝鮮に感謝しろ。北朝鮮へ帰れ。」とも発言している。

今生()も、その妻もだなんて、本当に嫌な平成だわ。



本当に嫌な奴

>文科系、とくに国語とか漢文は不得意のようでした。

国語と漢文が不得意な皇太子ってどうよ。

>皇太子さんは人に議論をふっかけるのが非常に好きで、その議論も絶対自分が勝たなきゃいけない。

うへー。
人に議論をふっかけるくせに自分が勝たなきゃ気がすまないとか、最低ですね。
最終的には「僕は皇太子(今なら天皇)だぞ!」で〆そう。
嫌な奴な上に器がちっちゃい。

>その間の同級生に関する皇太子の交友関係を見ても、
>いやなことを言うのはみんな遠ざける風潮がありまして、
>抵抗のない連中が最後に残った。

残ったのが橋本明みたいな人間です。
しかも、根っこではヘーカを馬鹿にしてることがよくわかります。
島津貴子さんの旦那様の島津久永さんも同級生ですが、人間こうも年のとり方が違うのかと思います。

>週刊誌の記者を集めた皇太子夫妻の記者会見で、
>最前列の記者がたばこをくわえたら、美智子さんがマッチをすってつけたという。(笑)

これは有名ですね。
それにしても昭和の皇太子夫妻の目の前で記者がたばこをくわえるとか、全然敬意を持たれてませんね。

想像の遥か斜め上を行くキンジョー

ヘカテー様、ヤフオクで落札されたんですかw
おめでとうございます!!
そして中身を教えて下さってありがとう!!
もう、衝撃だわ~。隣の答案を覗き見・・・!?
今上って情けない学生だったんですね。ここまでとは!!
2chでは女子の校舎の方を向いて男子校舎から立ちしょ○したとかまで書かれていますけど、例え噂でもここまで言われるのはヘーカに原因が有るからでしょうね。やりかねないと!!
ご学友の皆様、是非、真実を語って下さいませ!!

努力と根気

苦手だからこそ勉強する。

「苦手な教科を得意科目へ」とまでは思いません。
何も「物理は苦手だったけれど大学で物理を専攻して、ノーベル賞をとった」までなって欲しいなんて周囲は言ってはなかったと思います。

運動や芸術と違って、勉学は本当に努力すれば何とかはなります。
文系、理系問わず。

目に見える結果が現れない時もあります。
何回挑戦しても理解できない部分もあります。
けれども繰り返しやる事で、ある日ポンと出来るようになる。

試されるのは「何度でも挑戦する心」=「努力と根気」。
これがないから、ハゼだのタヌキだのコロコロと変わるのだと思います。

そして「皇室を民主化した」のは昭和の天皇皇后両陛下です。

ヘーセーは「美談」と「美辞麗句」に溢れた「独裁」。
そんなヘーセーの周囲にいる「友人」達も推して知るべしです。

同世代の噂。

浩宮の成績はよくも悪くもなかった。
礼宮の成績は壊滅的だった。
紀宮の成績はわからないが運動神経は切れていた。
平成の皇太子殿下と同世代の私が耳にした過去の噂です。
浩宮は昭和天皇の命を受けた浜尾侍従が、自分の家庭を犠牲にして育て上げた。もしも、外国ばかり行っている両親のもとで放置されていたら、酷いことになっていたんじゃないでしょうかね。弟妹同様。

Re: 同世代の噂。

実は学習院卒業生の読者の方より浩宮さまは本当におできなると教えてもらいました。

妙に納得…

明仁さんと美智子さん、実に的確に欠点をビシッと指摘されていますねー。あまりにも的を射過ぎていて納得してしまいました。明仁さんはとにかく昔から狭量でみみっちい男だったんだなあと情けなくなりました。
あと、美智子さんの
>皇室を民主化するのは自分だという妙な意気ごみ
という指摘もなるほど、と思いました。今でもそのおかしな意気込み(?)は悪い方向に継続中のように見えます。

昭和帝―常陸宮殿下―徳仁皇太子殿下―敬宮愛子内親王殿下、
このラインこそ「本物・王道」と言えるのでしょうね。

ちなみにヘカテー様が触れているスキャットマン・ジョンは、吃音(どもり)に悩み、その吃音を逆手にとり歌にして昇華させたものが「スキャットマン」という曲だそうですね。苦手な部分、コンプレックスに感じる部分を克服して成功をおさめた人であると言えます。明仁さんはご自分の苦手な部分を努力して克服しようとしたことはあったのでしょうか?「自分には無理だ、やーめた。後は周りの人たちが何とかしてくれるだろう、ボクは皇太子であり天皇になるんだから」という甘えた態度でいた明仁さんの姿は容易に想像できます。

昭和を懐かしむ

ヘカテーさま

すごい雑誌を手に入れられましたね。
それにしても、藤島さんという方は、肝が据わってますね。普通の人では、なかなか、ここまでは言えません。
昭和46年といえば、美智子さんが「アタクシ、いじめられてまーす」と大声で言いふらしてた時代ですよ。
この後、嫌がらせとかされなかったでしょうか。ちょっと心配。

それと揚げ足とるようですけれど、射手座さまのコメントにある

>浩宮の成績はよくも悪くもなかった  これは本当だと思います。

勉学熱心でいらしたけれど、決して秀才ではなかったと聞いたことがあります。
浩宮様が優れていらっしゃったのは、お人柄です。
生来の資質、プラス浜尾侍従の養育の賜物といっていいでしょう。
同窓の方が優秀と言われているのは、多分このお人柄のことだと思われます。

なんで自慢しないか。

浩宮礼宮紀宮に関して、浩宮がとにかく真面目な努力家と言うこと以外、よい噂がなかったんです。
昭和の皇太子は悪い話しかなかった。
ひげのトモさんは長女の聡明さを言いたくてウズウズしてた。なんで美智子妃は、浩宮の聡明さを自慢しなかったのかしら。美智子妃、目立ちたがりの自慢好き。

…自分の自慢だけ。

あ~なるほど。

御三方のご様子

私が聞いた話では

皇太子殿下:天才肌ではないが、努力家でコツコツと真面目に学業に取り組む学者タイプ。

あーや:コイツにつける薬はナシ

さーや:文学的才能に関して言えばもしかしたら3人の中では一番頭がよかったかもしれないが、とにかく性格が最悪。運動神経は壊滅的。

成績もお人柄も最高

礼宮は問題外、浩宮さまは真面目な努力家、紀宮が一番優秀らしいと、なんとなくそう思っていました。

しかし浩宮さまをよく知る人に聞いたのですが、浩宮さまはものすごく頭がよいとのこと。それに加えて謙虚で慎重で真面目で努力家。

雅子さまとお二人響き合い高め合い、もうすぐ素晴らしい御代が到来するでしょうね。

下の下?

カンニングをしているのに、「中の下」な成績ってコトは、本当の実力は「下の下」ってコトですよね~。

天皇は尊敬対象?・・いや、もう人としてどうよ?としか言えないな。

明仁皇太子が学習院大学を卒業していないのは・・・

「出席日数が足りなくて学習院大学を卒業できなかった。」というのが表向きの理由ですが、
(出席日数ではなくて単位が取れていなかったからでしょ。)と言われていました。

藤島氏とジャニーズ事務所

だいぶ前に知ったのですが、この学友の藤島泰輔氏って、奥さまはあの「ジャニーズ事務所」の副社長のメリー喜多川さんなんですね。

つまり、多くの男性タレントを擁し、テレビ業界を牛耳るジャニー喜多川氏は、藤島氏の義兄ということになります。

お嬢さんも、同事務所の副社長で、系列の芸能事務所の経営者でもあるとか。
金八先生に生徒役で出てましたね、大昔。

ウィキペディアによると、藤島氏は馬主でもあり、かなりの資産家だったようですね。
だから、今上についても臆することなくズバズバと本当の事を書けたのかもしれません。

いずれにしても、今上のご学友といっても、この年代ですでにこういう家族・親族構成の学習院出身者がいるというのは、世間一般のイメージとはだいぶ異なるものでしょうね。









プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR