坊やって本当に恥ずかしがり屋さんなのね

昨日23日、そして本日24日の二日間

ショーライノテンノーの運動会のニュースはまだかまだかと待っていました。

本当は昨日に「ショーライノテンノーの運動会はどうした!?」と記事にしたかったのですが、

次の日の24日に「今年は日曜日に開催になりました。これがショーライノテンノーです」と映像付きで報じられたら

このブログを監視している秋篠信者に

「ヘカテ―のバーカ!日曜日に開催なんだよ!謝れ、秋篠宮ご一家に謝れ!腹を切って死ね!」

なんて書かれたらイヤだったので今日まで待ちました。



『走れメロス』のセリヌンティウスは「メロスは来る!」と信じて待っていたわ!

今年もひそひそ、おっと悠仁さまの運動会のご様子は動画ニュースで日本中を駆け回るわよ!

そうだ、メロスは必ず来た!

悠仁さまのニュースも必ず来るのだ!




と秋篠信者と秋篠さんちの坊やが気になる人間は報じられるのを待っていました。





そして、現在に至る。

秋篠さんちの坊やはメロスじゃなかった。

だから運動会には参加しなかったようだ。

うーん


秋篠さんちの坊やって本当に恥ずかしがり屋なんだね。

二番目の姉ちゃんの尋常じゃないメディア露出に比べたら異常だよ。

これじゃ、口の悪い人間に「ひそひそさま」って呼ばれても仕方ないね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

念のため

次の土曜ってことはないですかねぇ?一応5月だし。
色々見てみたんですけれど、日程分からないんですよね…。これも規制のうちかしらね。
とにかく私はもうちょっと待ってみますよ。

今年になって

一度も姿が見えないのはちょっと‥‥。
さすがにもう、限界なんでしょうか。

運動会どころか存在すらなくなってる男児

今年悠仁くんの運動会映像が一切出てこなかった(というか文字で報道すらされていない)理由をいくつか考えてみました。

1今年からお茶小の運動会がなくなった
2今年は秋に開催予定となった
3悠仁くんは運動会に参加したのになぜかマスコミが一切報道しなかった(させなかった)
4運動会は行われたが悠仁くんは欠席してしまった

まず1ですが、いくらなんでもこれは考えられないと思います。小学校から運動会をなくすなんてまずありえませんよね。子どもの成長を見る機会を学校側が一切なくすという措置は考えにくいです。

次に2ですが、これも事前に噂がたちそうなものなのにそういう話が一切漏れてこないので、予定通り5月下旬開催だったと考えていいように思います。年間スケジュールを変えるのもけっこう大変ですしね。

次に3ですが、これは悠仁くんが1年生のときに秋篠宮家サイドがとった手法だったと思います。悠仁くんは運動会に出たけど公のニュースにはならなかった、しかし後からボロボロと「徒競走でブッチギリのビリ」や「みんなと準備体操モドキ」の静止画が週刊誌レベルでは出てきました。でもこの年は動画は出ませんでしたね。昨年、綱引きの動画まで公開したことは秋家サイドにとってはあくまでも「例外」であり、今年は「原則」に戻ったからニュースにしないのよ!というのがあちらの言い分なんでしょうか…その「原則非公開」という設定がそもそもおかしいんですけどね。何で見せられないのか?

最後に4ですが、愛子様が体調を崩されて運動会を欠席された年は、ニュースで「愛子様は運動会を欠席」と報じられました。もし悠仁くんが何らかの事情で欠席したのならそう報道されてもいいはずですが…愛子様の運動会欠席はニュースバリューがあるが、悠仁くんにはそういう需要すらない、いやそもそも運動会欠席の理由すら明らかにできないというのなら何も報じないという可能性は高いですね。欠席理由を言えないなら最初から何も報じないという、秋家らしい卑怯な姿勢です。

私の心象では一番考えられるのは4、少し3の可能性があるかなあと思うのですが、仮に3でも正式なニュース扱いでなくても後から週刊誌レベルで情報が出ればいい方で、もしかしたら今年は週刊誌にも静止画すら出てこないという予感がします。あるいは文字の記事だけで「悠仁サマは○○と△△の種目に出られました(棒)」という報告だけとか。

悠仁くんは年を追うごとに露出が減ってきていますが、今年は明らかに異様なほど悠仁くんの存在を感じません。今年に入って何か決定的な契機があったのでしょうか…とにかくこの隠蔽っぷりは尋常じゃありません。姉のカコさんがあれだけ無駄に露出しているのに。

ちゃんと教育してるのか?

皇族は、「日本国民」の範疇には入ってませんから、憲法はじめ、あらゆる法律の適用対象外です。

だから、「親が子供に教育をうけさせる義務」も「子供が教育を受ける権利」も、無関係ということになるのでしょう。

しかし、子供の成長過程には、必ずその時期に習得させねばならないこと、経験しておかなければならないことがたくさんあります。


秋篠宮家の長男がどういう状態かは知りませんが、どうも、成長に合わせた適切な教育がなされているようには思えません。

学業の習得度を示す具体的な話も無ければ、普通の小学3年生の男子がするようなスポーツや楽器演奏の映像も全くない。
明らかに異常です。


気の毒なことですが、もしも成長に遅れがあるのであれば、それに応じた必要な教育を施すべきだと思うのですが、今のところ、そうした努力の跡も見られません。

小さいころから、わけもわからず陵墓や神社の参拝、或いは展覧会にばかり連れ歩かれてます。

どういう状況であれ、子供の教育は、後になってから取り戻せない事柄が多いので、非常に問題だと思います。

両親はあの夫婦ですから、まともに子供の教育などできるはずもなく、それは今、あの次女の全身での馬鹿っぷりで証明されています。

同様に、自分たちの利益のために、よからぬ方法で彼の製造を依頼した今上夫妻も、全く無責任な態度に終始し、適当に放置しているようにしか見えません。

この子をきちんと教育しないと、いずれ確実に、最も近い親族である東宮ご一家の大きな負担、災厄の元になってくるだろうと思います。


よく他のブログ等で、「児童相談所へ通報すべき」、なんて書かれてますが、確かに、ちょっと考えるべきでしょう。

両親や祖父母は、全く彼自身の将来や幸福を考えてやらず、ひたすら、自分たちの将来、自分たちの経済的利得、自分たちが死んだあとの権力基盤の継承、死後の美談作り、そうしたことばかりを考えているように思えてなりません。

一般家庭でも、ちょっと類を見ないほどの酷さだと思います。


昨年、秋篠宮家では、公然わいせつ罪で宮務官が逮捕されました。
この家に、まともな職員や教育係がいるのでしょうか?
紀子さんの母親が、ほとんど同居しているという話もあります。
幼稚園の頃は、この祖母が送り迎えしていたそうですね。


いずれにしても、人の目が届かず、法律も適用されないこの国の中心で、恐ろしいことが起こっているような気がしてなりません。

無論、そうした「恐ろしいこと」は、すでに彼の製造時点から始まっていたことなんでしょうけど。



お茶女小の新しい取り組み

お茶女小でこの9月から帰国児童教育学級が新規開設されます。
http://www.fs.ocha.ac.jp/H27-4kikoku.pdf

募集要項によると
・日本語の習得を図る
・日本の生活習慣・学習環境への適応を図る
・海外で学んだことを生かす力を育成する
・多文化共生教育を行う
以上の四点が目的として掲げられています。

そして教育方針として以下の四つがあげられています。
・帰国児童教育学級を設けて指導
・一般学級との交流を図るため一部の教科は一般学級児童と同席指導
・独自のカリキュラム
・児童の教育暦や生活環境、学習能力等の違いに配慮し、児童の実態を診断しながら個々の実情に応じた個別化の指導を重視

帰国子女というと何だかかっこいいようなイメージがありますが、文科省の調査によると日本語指導を必要とする児童の母語はポルトガル語、中国語、スペイン語が70%を占めているそうです。
他にはフィリピン語、韓国語も多いとか。
欧米から来た英語を母語とする日本国籍の児童はインターナショナルスクールに入れる家庭が多いと思うので、国立のお茶女小で受け入れるのは恐らく英語圏から来た児童ではないはずです。

本年度9月から受け入れるのは小4~小6まで。
もしかしたらショーライノテンノーが誰かなんて全く知らないこの児童たちが、ショーライノテンノーと机を並べて「独自のカリキュラム」で「日本語指導」を受けることになるのかもしれません。

日本語指導を必要とする児童は言葉や気持ちがうまく伝わらないストレスから、普通学級に入っていると大声をあげたり暴力的になったり内に閉じこもったりする傾向があると聞いたことがあります。
このような児童たちに中にいれば、ショーライノテンノーがふらふら歩き回ったり、奇声をあげたりしても全く目立たないことでしょうね。

今年のお茶女小の運動会は10月になったという話もチラチラ出てきているので、もしかしたらショーライノテンノーも帰国児童と一緒に特別な競技に参加することになるのかも・・・。

年間スケジュールってふつうは変えませんよね

2013年、2014年と、お茶女小の運動会は5月の第4週と決まっていたそうですし、
来週お茶女中の運動会があるそうですし

学習院はめずらしく秋の運動会のままですが
近年公立小学校も、ほんと、春の運動会の方がふつうですよね。
秋には文化祭とか修学旅行とか、ほかにもいろいろ行事があるからかな。

ずっとやってきた行事の日程を急に変えるとなったら、それはそれで影響が大きすぎるかと。
さすがの秋篠宮家もそこまでごり押しはしてないと思うんですが。

No title

今年は5/30デスヨ

チガウヨ、チガウヨ

> 今年は5/30デスヨ

10月ダッテヨ

No title

私も、秋に開催されると聞きました。>お茶附属小の運動会
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR