今頃、御所でスタンバイしてるんじゃ・・・

口永良部島で爆発的噴火がありましたね。

島民の方が全員隣の屋久島に避難されたとのこと

ヘカテ―の外れて欲しい嫌な予感

御所で屋久島に行く準備なんてしてないでしょうね

やだなーヘカテ―、考えすぎだよと誰か言って!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ピンポン♪ピンポン♪ピンポン♪正解!

>御所で屋久島に行く準備なんてしてないでしょうね

>やだなーヘカテ―、考えすぎだよと誰か言って!

言えませ~ん。ヘカテー様、正解!(・ω´・*)

コーゴーヘーカは、口永良部島から避難した子どもを抱き寄せる際に
肌触りが良いように、シルクの夏着をオーダーされたと思います。
だって、前もそうしてたし~。デザイナーさんにバラされてたし~(^皿^;A)
着のみ着のまま非難した住民の慰問に行くのに、一番に思いつくのは自分の衣装のオーダー。気配りのポイントがずれまくりのミテ子様です。

No title

私も同じ事を考えてますよ。

スタンバイどころか既に行動に移してますよ。

デザイナーに「アテクシの温もりが伝わる服を作りなさい。」と命令しているわよ。

そして「被災者はどうしているの? お互いに助け合いしてるのね。アテクシの何よりの励ましになるわ。」と言ってるわよ。

ごめんね、ヘカテ―さん

多分、行くんじゃないですか?(棒
災害と天皇皇后ってセットになってるし。(浜尾さんの意見に過剰反応し過ぎだと思う)

その前に「2年前から始めた新しい形の私的旅行」(なんじゃそりゃ)で宮城の蔵王と山形に行くらしいですけど。
でも蔵王って、確か噴火の兆候が…ってニュースになってませんでしたっけ?突然噴火したらどうするんだろ、と思うのは私だけ?
ま、自然のことは予測できないし、どこに行ったって何かある時にはあるんだけど。
でもだからこそ自重したらいいのにとも思うんですよね。

私は知らなかったんですけど、「2年前から始めた新しい形の私的旅行って」って日本語おかしくないですか?
「新しい形の私的旅行」って何?「私的旅行」は「私的旅行」ですよね?「新しい」って何?何に対して「新しい」んでしょう?
宮城ではパラオから引き揚げてきた人達と会ったり、山形ではサクランボ農家を訪問したりするらしいけど。(新聞に載っていた)

ま、「私的旅行」なら、陛下のポケットマネーで行くんでしょうね。東電の株とか優良株を運用しているんですから。
内廷費から出して、東宮ご一家にしわ寄せしないで欲しいですわ。

旅行に行くみたいですけど

昨日、発表があったみたいだけど、噴火より先だったのかな。

取り止めるかしらねw

君と民

ヘカテーさま

お社に煌めく炎。

片方は君。木の実
もう一方は民。田の実
の油をを用います。

君は民と共に。

No title

マダムソーサー; あ~た!あの種子島に虫ピンがさせるわ!!
パンピーでも中々いけない屋久島よ!!!

男爵芋ブラウン;お前が行きたいのなら行ってもいいよ!親父も行っていないところだよね!?
俺たちすごくない!?

民は又たくさんの税金を使って「お出掛けかよ~~」と思いながら称賛のマスゴミを黙認、堪えるのであった。

考えすぎてはないかも…………(汗)

「さぁ、わたくしたちの出番よ!!」
って張り切っているでしょうね(笑)
来られたって迷惑なのに…………
美智子様、今ごろ避難している方々に見せつけるためのいい服を準備しているでしょうね。
というか、平成になってから災害多すぎですね。帝がダメだと国も災いが多くなるって聞いたけども、まさかね(笑)

No title

へカテー様
茶皿さん、今頃御所で手ぐすね引いて待っているに違いないと思います。地図のピン刺しも万事準備OKとしていそうな気がします。
いやいや、屋久島観光のついでに慰問なんて本気で国民の斜め上を思っていそうで怖いですよ・・・

今のところ慰問も見舞金もなさそう

1986年当時、私は東京の港区スポーツセンターの近くに住んでいたので記憶にある大島噴火。天皇陛下からお見舞金があったのをうっすら覚えています。昭和の両陛下の災害お見舞い。見舞金、金一封。金一封がいくらなのかはわからないけれど、そうたいした金額ではないだろう。陛下からお見舞金を賜った、激励のお言葉を賜った、というありがたさが昭和にはあったのだろうか。もちろん、皇太子が別途、見舞金を出すことはなかった。バ神田さん、そこんとこ、お間違えのないように。新聞によると、

1959年8月18日 両陛下から被害地に金一封(台風7号)
1959年8月29日 両陛下から石川県に見舞金
1961年6月3日 両陛下から三陸大火被害者に金一封
1961年9月20日 両陛下から被災地に金一封(台風)
1962年7月13日 佐賀県に両陛下から金一封(集中豪雨)
1962年9月5日 両陛下からお見舞金 三宅島の災害で
1962年9月28日 福江市の大火
1963年8月23日 両陛下、熊本へ見舞金
1963年11月16日 両陛下からお見舞金 鶴見・三池事故
1964年6月19日 両陛下、新潟・山形県へお見舞金
1964年9月30日 両陛下、台風の鹿児島県にお見舞金
1964年11月11日 北海道冷害に見舞金 天皇皇后両陛下
1965年1月14日 両陛下からお見舞金_大島元町の大火
1965年6月5日 山野鉱の爆発
1966年1月15日 両陛下がお見舞金 三沢市の大火に
1966年6月30日 両陛下がお見舞金 台風被害の神奈川県へ_台風4号
1966年7月12日 天皇陛下から金一封 被災遺族らに_黒磯町のずい道災害事故
1966年9月9日 両陛下から見舞金_宮古島救援活動
1967年7月12日 両陛下から見舞金 集中豪雨被災の四県
1972年7月15日 両陛下が見舞金 豪雨災害の八県に
1974年5月11日 両陛下がお見舞金_救援活動(伊豆半島沖地震)
1975年8月20日 高知県へ見舞金 両陛下_高知・愛媛
1975年10月8日 天皇がお見舞金_八丈島被害-台風13号
1976年7月17日 両陛下が見舞金_南伊豆豪雨禍
1976年9月20日 両陛下が台風被害に見舞金_台風17号豪雨禍
1976年11月10日 両陛下 酒田に見舞金_酒田市大火
1977年8月26日 両陛下からお見舞金_被害・救援(有珠山噴火)
1978年7月1日 両陛下 新潟にお見舞金(大雨)
1980年12月15日 冷害の五道県に両陛下お見舞金
1981年8月22日 両陛下が見舞金_北海道で豪雨被害
1982年7月27日 両陛下がお見舞金_長崎に豪雨、死者不明314人
1982年8月5日 豪雨禍にお見舞金 天皇・皇后両陛下
1983年5月4日 両陛下がお見舞金(岩手県の山林火災)
1983年5月28日 両陛下がお見舞金_日本海中部地震、死者不明102人
1983年7月26日 両陛下 島根に見舞金_山陰で集中豪雨、死者・不明119人
1983年10月5日 両陛下がお見舞金_義援金など続々(三宅島噴火)
1985年7月30日 両陛下、県に見舞金_長野市で大規模な地滑り事故
1986年8月9日 両陛下がお見舞金_対策・見舞(台風10号)
1986年12月3日 陛下がお見舞金(大島噴火で)
1989年8月10日 両陛下が台風見舞金(福島)


平成のリョーヘーカはどうか?浜尾さんに言われたので始めた被災地巡り、味を占めたのか、せっせと災害公務に精を出しているようだが、見舞金もそれなりに出しているらしい。記憶にないけど。

993年09月09日 鹿児島などの台風被災地に見舞金 天皇、皇后両陛下
1997年07月19日 天皇・皇后両陛下が出水の土石流災害に見舞金 /鹿児島
2000年09月15日 両陛下が愛知県にお見舞金 東海豪雨
2003年07月29日 避難者、体に不調も 健康調査を開始 宮城の地震
2004年10月02日 宮川村、生活基盤の復旧遠く 豪雨被害 /三重
2004年10月23日 台風23号被害の7府県に両陛下が見舞金
2005年09月10日 天皇・皇后両陛下が見舞金 台風14号被害 /宮崎県
2006年07月28日 両陛下が大雨見舞金(長野、島根、鹿児島)
2006年09月23日 両陛下が見舞金 台風13号で被害の佐賀・宮崎
2007年03月28日 天皇、皇后両陛下が見舞金 能登半島地震で石川県に
2007年07月19日 中越沖地震支援
2008年06月17日 岩手・宮城内陸地震
2009年07月24日 両陛下、集中豪雨被害の山口県に見舞金
2011年03月18日 天皇皇后両陛下から地震被害への見舞金 東日本大震災 /岩手県
2012年03月29日 両陛下が大雪被害に見舞金
2012年05月17日 両陛下から県に竜巻災害見舞金 /茨城県
2012年07月21日 両陛下がお見舞金 豪雨被害の九州3県に
2014年04月11日 県内の豪雪被害に両陛下から見舞金 /秋田県
2015年03月31日 両陛下から雪害見舞金 /秋田県

もっとも、わざわざ新聞などで調べなくても、宮内庁HPで「災害等へのお見舞い」として、と実績を公表しています。でも、新聞もヘーセーのリョーヘーカではありがたみがないのか、見舞金ぐらいではわざわざ報じない傾向があるようだ。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/okotoba/saigai-01.html#H270529


屋久島には行きたいのだろうけれど、犠牲者が出なかったから、今回は慰問は「なし」ですかね。。。見舞金すら出さないようだ。 ↓

平成27年5月29日(金)
天皇皇后両陛下には,口永良部島の噴火について案じておられましたが,島民が一人残らず無事に避難したことに安堵され,今後とも全島民の無事が守られることを願っておられる旨,侍従長を通じ,伊藤祐一郎(いとう・ゆういちろう)鹿児島県知事にお伝えになりました。

行かないと思ったけれど・・・

想像の斜め上を行く方たちだから、ありうるかも、と思い直しました。なんとなれば、広島の土砂災害のときの行動パターン。


・平成26年8月20日(水)災害発生

・平成26年8月21日(木)     ← 今、ココ
天皇皇后両陛下には,この度の広島県の大雨等による災害発生に当たり,多数の人々が犠牲となり,また,依然として多くの人々の安否が不明であることに心を痛めておられ,犠牲者に対するお悼みと被害を被った人々に対するお見舞いのお気持ちを,また,災害対策のために,引き続き努力している関係者に対するおねぎらいの思召しを,本日,侍従長を通じ,湯﨑英彦(ゆざき・ひでひこ)広島県知事にお伝えになりました。

・平成26年11月19日(水)
天皇皇后両陛下は,本年8月の大雨等により甚大な被害を受けた広島県に対し,金一封を賜りました。

・平成26年12月3日(水) ~ 平成26年12月4日(木)
平成26年8月豪雨による被災地お見舞併せて地方事情ご視察(広島県)

時間差攻撃。口永良部島の噴火は長引きそうだから、4ケ月後ぐらいに突撃する可能性もありかな、という気もしてきました。結論はすぐに出そうにありませんね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR