「キャベツ畑にハイヒールで行くわけないじゃないですか~」と思った私がバカだった

読者の方より

「美智子さまは軽井沢でキャベツ畑にハイヒールで入った」

というコメントを戴きました。

それを読んだヘカテ―は

「やだなー。ハイヒールでキャベツ畑行く人がいるわけないっしょ~。いくら美智子さまでもそんなことしないよ~」

と軽く思っていました。



じゃーん

キャベツ畑でハイヒール

拡大写真
ああ、こりゃハイヒールだわ

ハイヒールだ。

また昭和44年の写真には

昭和44年軽井沢

これもおそらくハイヒール

まあ、東宮御所の庭の砂場でもハイヒールだったお人ですから

砂場でもハイヒール


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつでも、どこでも、アテクシ様はハイヒールなの。

アーヤを妊娠中の時でもハイヒールでしたよ。>美智子さま
ピンヒールとまでは言わないけれど、なかなかのヒール靴でした。



美智子さま驚きファッション (スーツ&ハイヒール編)

運動会の時に。
スーツ着て。
ハイヒールはいて。
しかも身重(産み月が近かったと思う。)
浩宮さまとダンスして。

いくら東宮妃だとはいえ美智子さまの出で立ちは目立ったと思う。
しかも妊娠中。

もっとも美智子さんは「目立って良かったわ♪」と言う人なので、目立ちたくて、そういうお召し物を着ていたのかもね。


ハイヒールよりも

私は1枚目の写真のこの方の目が笑ってないことに驚きました。
その後にハイヒールにも驚きましたが、やっぱりこの人目が笑ってないよね?と再度確認してしまいました。
さらによくよく見てみると、目が笑ってないと感じた私には口元はすごく笑った感じにしてあるのにもかかわらず、「なんか文句あっか!?」と言ってそうなお顔…
ヤギとお子様と写ってる写真は目も笑ってるのに、1枚目怖すぎます。

キコさんの「ヒールで田植え」を思い出したわ

美智子さんの「畑や砂場でハイヒール」で思い出したことがあります。

確かキコさんが地方公務に出かけた際、「田植えパフォーマンス」をすることになり、ハイヒールのまま田んぼに入って田植えをしたことがあるそうです。地元の人々はキコさんがハイヒールでも田んぼに入れるように田んぼの中に砂利を敷き詰める準備で大変な思いをしたそうです。もちろんキコさんの田植えが終わった後は、その砂利を撤去する作業もあったでしょうね。

田植えを経験してみるのは別にいいでしょう、しかし、それなら田植えにふさわしい服装に着替えることは最低限やるべきだったと思います。なぜ地元はヒールなんかを履いたままの田植えなど許したんでしょうか。キコさんも「ヒールは脱いだ方がいいですよね」と言えばよかった。

「アタクシたちみたいな高貴()な女性は、いつもきれいなデザインのヒールのある靴を履くものよ。スニーカーや長靴なんて履けないワ」
美智子さんやキコさんはこう思いたいんでしょうが、TPOをわきまえられない単なるアホ女としか思えませんから。

オートクチュール

へカテーさま

顔とハイヒールもびっくりしましたが。洋服のクチュール感が半端ない

カジュアルダメ?お話してる農家のお人はもんぺ。これってある意味プロトコルじゃないっしょ?無礼だわ

せめて長靴。履いて欲しかった。

黒いゴム長で

戦中戦後、那須の御用邸で野花を摘まれる際の香淳皇后は、黒いゴム長をはいておられたそうです。
実際に案内した、当時少年だった身内の話なので間違いないです。

ヒールが可哀想

センスどころか服のTPOすらわかっていないとは、さすが皇后様(笑)
キャベツ畑へ行くのにその格好とは、何で誰も突っ込まないんだろうか?

美智子様が何故こんなに必死に着飾りたいのか考えてみる。
きっと着飾らなければ、品格とかオーラが何一つない方なのだと思う。内面がアレですから。
執拗なまでに着飾る様は、平民コンプレックスの表れなんだろうなとしみじみ思います。必死になっていい衣装で押し隠そうとしている様にしか私には見えません。

京都御所の紫宸殿にも土足

美智子さんがハイヒールを脱がないのは、何も避暑地にかぎったことではありません。

京都御所の紫宸殿に上がるときも、靴をぬぐのをいやがったと、松本健一氏が書いています(以前こちらでも紹介されてました)。

そして、事実そのとおり、紀宮との恒例の「母と娘の二人旅行」で、この京都御所の紫宸殿に、二人で上がっている写真があります。

紀宮は足元まで靴を履いたままの土足状態がはっきり写っており、美智子さんは、足元は少し隠れているのですが、おそらく足の甲の角度から、土足だろうと思われます。

京都御所の紫宸殿に土足ですから、もう後は怖いものはありません。

2012年12月、今上夫妻が、京都を訪問した際(笹子トンネルの死亡事故があった時です)、曼殊院を訪ね、上から下まで金ピカ衣装に身を包んだ美智子さん、やはりここでも、板張りの上に敷物を敷かせて、金色の靴で土足で上がりこんでました。

伝統的な神社、仏閣で、普通、靴を脱いで見学するような所、美智子さんはほとんどが土足みたいですよ。

ヒール靴を脱いで、スタイルの悪さが際立つのが嫌なんでしょうね。

昔から、見た目の事ばっかり考えていて、ホント、くだらない女ですね。





どーでもいいけど このサーヤ

頭の肌色の部分、禿げてるの?
他の写真も髪が薄いから、後ろから見たらこんな感じだったのか。
いずれ生えてくるだろうし、まだ気にしてない歳だと思うけど
ご自分は庭で遊ぶ子どもを見守る時も、頭の先からつま先までしっかり意識している。公園デビューだったら確実に浮く。

私なら「清子が大きくなってこの写真を見たら恥ずかしいだろうな」と思って、公表は控える。

お年頃になっても、いくら生まれ付きの容姿があれでも手をかければ少しはましになったと思うのに、庶民でもいない恰好をさせてた。

いつも手入れの良い髪と、ジャストフィットの素敵なお洋服を着ていた愛子様。雅子妃は何年も着回してるのに。
母親としての愛情の深さが全く違いますね。

自分ちの庭で、、、、

お台所に画像があったと思うのですが、サーヤがもう少し大きくなってママゴト出来る位になった時、この方着物着て割烹着着てサーヤの相手してたんですよ。まぁ、ママゴトするのに取材が入ってる事自体、今思えばハァ?ですが、それにしても、なんで着物?自分ちの庭ですよ?サーヤは普通にワンピースだったと思います。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR