京都御所には土足で上がる!それがMICHIKO流!

おい、ヘカテ―、お前どこ行ってたん?

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんからお答えします。

京都へ行ってきました!

一年ぶり6回目の京都旅行から帰ってきました。(高校野球みたいだな(笑))

ちなみに一人旅です。

いやー、京都は30℃越えでキツかった。

なのに朝は半袖じゃ寒い。

「おいおい、天気予報外れたか~?」と思うと昼にはしっかり暑くなりました。

舞妓さんたち大変ですね。

花見小路で何人か舞妓さんを見ました。
(豆知識 舞妓さんって歩くの早いよ)

今回の京都旅行を題材に川柳を詠みます。

頼むから 黙ってくれよ チャイニーズ

すごいよ。行くところみんな修学旅行生と中国人と韓国人ばっかりでした!

タクシーの運転手さんが中学生の五人一班をタクシーに乗せてあちこち観光案内します。

なかなか感動的なのは祇園会館で舞妓さんのショーを見るためにタクシーを降りた中学生が「じゃあ、おっちゃん手紙書くねー」と言ったこと。
ヘカテーがタクシーの運転手なら宝物にします。

中国人はとにかくうるさい(笑)

詫びさびを感じたいのに静まる気配まったくなし。

どのくらいのうるささかと言うと、デリカシーのない日本のおばちゃん集団くらいのうるささです。

鹿苑寺ではお茶席の手洗い用のつくばいの水をペットボトルに入れてお坊さんに止められていました。
その発想は日本人ならしないぜ。さすがチャイニーズ!

みんなスマホの自撮り棒を持ってました。

横浜も免税店が増えましたが、京都はやっぱり多いですね。

円安だから、外国人が沢山来日してくれるのでしょう。

さーて、京都へ滞在中に戴いたコメントを見ると京都御所について触れているものがありました。

雪の華 さまコメント

美智子さんがハイヒールを脱がないのは、何も避暑地にかぎったことではありません。

京都御所の紫宸殿に上がるときも、靴をぬぐのをいやがったと、松本健一氏が書いています(以前こちらでも紹介されてました)。

そして、事実そのとおり、紀宮との恒例の母と娘の二人旅行」で、この京都御所の紫宸殿に、二人で上がっている写真があります。

紀宮は足元まで靴を履いたままの土足状態がはっきり写っており、美智子さんは、足元は少し隠れているのですが、おそらく足の甲の角度から、土足だろうと思われます。

京都御所の紫宸殿に土足ですから、もう後は怖いものはありません。

2012年12月、今上夫妻が、京都を訪問した際(笹子トンネルの死亡事故があった時です)、曼殊院を訪ね、上から下まで金ピカ衣装に身を包んだ美智子さん、やはりここでも、板張りの上に敷物を敷かせて、金色の靴で土足で上がりこんでました



松本健一先生の著書『畏るべき 昭和天皇』「第四章 皇室の危機と現代」にご指摘の箇所が出ていました。

最近も京都御所で「なぜ、私たちまで靴やハイヒールを脱がなくてはいけないのか。脱ぎたくない」と言ったと伝えられた。

もー、松本健一先生ったらー。

美智子さまが「ハイヒール脱ぎたくないから脱がない」なんて言うわけないじゃないですかー」

と思うあなたへ

http://file.mrsoakelyfisheer.blog.shinobi.jp/fef5e029.jpeg

ヘカテ―の尊敬する大先輩のオークリーさまが記事で紹介されていました。

外人さんだって、みんなお寺の本堂に上がるときは靴を脱ぎます。

お寺でそうなんだから、

昭和天皇まで即位式がされていた歴史のある御所に土足で入ると言う神経が分かりません。

京都御所は普通の観光地と異なり、事前に申し込みをしなければ拝観できません。

見学の時には見学者のグループの後ろにガードマンが二人つきます。

それくらい厳しいのです。

なんでそんなにハイヒールを脱ぎたがらないのかわからない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんでハイヒールを脱がないか。

正田美智子さんは真冬でもVネックを着ていた。
「首が太くて短いから」
寒くはありませんか?
「首は顔の一部ですので、寒くありません」
なぜハイヒールを脱がないか。
足が太くて短くて曲がっているからですよ!ヘカテー様。
カコ内親王は、その点で詰めが甘い。
平成生まれ平成育ちの20才としては、太く短く太ももの裏に肉のついた変な形の脚をしている。どっぷり昭和の射手座だって、ハタチの時はこれくらいの脚を持っていた。今より恥じていた。
しかし、カコ内親王はその形の悪さに気づかない。
おまけに貧乳。
…あの服装だって、知性と教養のにじむ毅然とした女の子なら、まだマシに見えたかも。

裸足

ヘカテーさま

京都への御旅行でしたか!
素敵ですよね!京都。

聖なる場所にハイヒール?
え?インド←インドの話多めです
インドの寺院裸足参道から裸足だよ
灼熱の砂道。火傷しそう。でも裸足になるのがルール。
又々思う。インド以下。

お帰りなさい!!

ヘカテー様、お帰りなさいませ!!ご旅行、楽しかったでしょうか?

何と、京都に旅行されたんですか!?
しかも、6回目・・・羨ましい限りです。私は、人生で京都を旅行したのは3回。最後に行ったのは、平成21年でした。

京都御所といえば、確か即位の御大典が行われたのは、昭和天皇の代まででしたね・・・。今の陛下が即位されたときの御大典は、警備上の理由やら、当時京都に迎賓館がなかったとかの理由で、東京で実施されることになったと聞いたことありますが・・・今でも、宮内庁が管理する大切な御所の一つなんですよね。そんな場所でも、「ハイヒール脱ぎたくない」というのは、ちょっと呆れますね・・・。

何やともあれ、京都旅行楽しまれたと存じます。

そうそう・・・。今日は国賓として来日中のフィリピン大統領をお迎えしての歓迎行事と宮中晩餐会の日ですね。皇太子妃殿下は、午前中の歓迎行事にはお出ましにならないと聞いていたので、晩餐会までずっとお守りしていましたが、さきほど産経ニュースのフォト(「佳子さま、比大統領歓迎の晩さん会に初参加 皇居宮殿」)で、宮中晩餐会の写真がありました!!

その場にも、皇太子妃殿下が素敵なお姿で、陛下のお隣にいらっしゃいました。本当にお美しいです。特にアキノ大統領と妃殿下が陛下を挟んでお互いに微笑んでいらっしゃるようなお写真が一番印象に残りました。

マスコミや一部のネットでは、佳子様、佳子様って大騒ぎでしたが、私自身、雅子様のお姿を拝することができただけでも十分満足です!皇太子殿下も嬉しそうな表情でした。記事の話題から逸れてしまいごめんなさい。でも、それぐらい嬉しかったAB型です。明日も仕事頑張れます。

神様の場所に

紫宸殿は清められたゆにわなのに

土足で上がるとは、なんて悲しい

敬虔な心、神を畏れる心などみじんもない

美智子さん、あなたはいったい何者なのか?

美智子さんは参観日の教室でもハイヒール

>京都御所の紫宸殿に土足ですから、もう後は怖いものはありません。

ですよねえ。
最近、老いたる母も実は当時、学習院の生徒の保護者として「美智子さんってヘンな人ね」と思っていたと知りました。

「だってねえ、参観日の教室で、みんなスリッパ履いているのに、あの人だけこんな高いヒールだったのよ」(と、ヒールの高さを手振りで示す母)

「なのに、皇太子より背が高くならないように猫背にしてて、おかしな人だと思ったわ。それで拍手までこんななのよ」(と、フニャフニャの拍手の手振りをする母)
「わざとらしいのよねえ」
と言う事です。

異常なハイヒールへのこだわりが、「ローヒールにするくらいなら草履」という現在の慰霊式典のスタイルになったんでしょうね。
「誰も、あなたの足にそんなに注目してないわよ。婆さんになったらな・お・さ・ら」って、溜息ですわ。

MICHIKO流(笑)

ヘカテー様、京都へ行っていらしたのね。
私もよく行きますが、中国人うるさいのはよくわかります……チャイニーズお断りにしてほしいわ。私の地元の隣が観光地ですが、中国人のうるささには勘弁してほしいものです。

土足って…………娘にもそんな行儀の悪いことを教えるなんて。親としても失格なのがよくわかりますね。
わざわざ敷物まで敷かせて歩くなんて、女優気取りって感じで嫌ですね。

低頭の姿勢を平成に変わってからやめ、商人みたいな手つき、そして土足…………
美智子様はどこまで伝統や礼儀を壊していくのでしょうね。目眩がする。

あ、全然関係ないですが、昨日のフィリピン大頭領の晩餐会の雅子様、お綺麗でしたね。どの方々よりも輝いていらした。ニュースは佳子様の画像ばっかりでがっかりですね。
雅子様のお美しいお姿に驚いたのと同時に、美智子様のドレスに驚きましたね。
またマントスタイルで好きだなー思いましたけど、横から見た画像がビロビロで妖怪みたいでびっくりしました。あ、いや元から妖怪みたいなもんか(笑)色もネズミ色だし。何かみっともない感じだと思いました。
美智子様のドレスのセンス、年々悪化してませんか?

うーん

昭和を生きた方なら、サッチャー来日の時のエピソードもご存じでしょうか。
竜安寺を訪れた時に、頑として靴を脱ごうとしなかった話がありましたね。
イギリスでは女性が人前で靴を脱ぐのはタブーで(下着姿になるようなものらしいです)、結局サッチャーが妥協して脱いだのか、カーペットを敷いて歩いたのかはわかりません。
わたしの大学時代に英語を教わった先生が、サッチャーの通訳をしたので、そんな話を聞きました。
基本的には郷に入っては郷に従えだと思いますが、イギリス人であるサッチャーには譲れないこともあると思います。
ところで、美智子さんは日本生まれで日本育ちで靴を脱げない理由があったのでしょうか。
日本家屋では靴を履いたまま家に上がる習慣はありませんよね。
禁中や公家社会に関しては、幕末まで足袋を履くのは特別な場合を除いてありませんでした。
和宮が徳川家に入輿した際に、大奥の女性が皆足袋を履いていて驚いたというエピソードもあります。
一体美智子さんは、何で靴を脱ぐのをそんなに嫌がったのでしょうか。
イギリス人の真似をしたのでしょうか。

だって宮中は万事洋風ですもの

遅くなりました。
ヘカテーさま、おかえりなさい。

京都ですかあ、私もここ最近は毎年行ってます。
(どこかの夫婦のせいで、泉涌寺には行く気がしなくなりました)
運転手付きの贅沢な修学旅行にも、中国人観光客にも驚きます。
嵐山の竹林で、結婚式用のアルバムを撮影してたりしますからね。
なぜ自分の国でやらないのか、不思議。

>最近も京都御所で「なぜ、私たちまで靴やハイヒールを脱がなくてはいけないのか。
>脱ぎたくない」と言ったと伝えられた。

だって、宮中は万事洋風ですもの、とかこういう時だけ言ってたりして。
和装の喪服まで作ってるくせに。
(「ヘーカをお支えするため」とか嘘ですからね。昭和の時代から持ってますから)
昔は、勅許がないと御所で足袋すら履けなかったそうです。
それなのに、足袋どころか、土足。
まあ、畏れを知りませんわ。

年々悪化

南さま

皇后の贅沢おドレスがセンスがよかったことなどないと思いますが、同じようなドレスばかりなので印象に残りません。でも、上着に斜めの線をあしらうのが最近のマイブームのようで、また斜めかと思って見ていると、


1.2014年4月24日オバマ大統領歓迎会。お皿にお花をてんこ盛り。
  
2.2014年10月22日 傘寿記念展覧会
http://www.sankei.com/photo/images/news/141022/dly1410220034-f1.jpg
  2014年10月29日 オランダ国王歓迎行事
  http://www.newmyroyals.com/2014/10/king-willem-alexander-and-queen-maxima.html?showComment=1414644666491

  新調大好きな人が1回着たドレスでオランダ国王を出迎えた。

3.2015年4月27日 みどりの式典
https://www.minpo.jp/common/news/newspack/PN2015042701002002.-.-.CI0003.jpg


4.2015年5月13日 全国赤十字大会 
http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0019190762.jpg
  2015年5月30日 古式馬術観覧
http://www.sankei.com/life/photos/150530/lif1505300034-p3.html
  袖から白い(シルクの)裏地を見せるのがポイントらしい。
    
5.2015年5月30日 フィリピン大統領歓迎行事
http://www.sankei.com/life/photos/150603/lif1506030024-p1.html
  色は違うけれど4とデザイン似てません?

ついでに

アンチは雅子様のドレスについてはあれこれ画像をいじくるが、キコさんのドレスにはまったく興味がないらしい。

私も数年間ネットを見てきて、愛子さまと雅子さまの画像を溜め込んでいますが、ついでにダウンロードだけして放置している画像があり、ある日そんな画像を眺めていたら、キコさんの着回し?発見。

・2006年11月9日 UU誕生2ヶ月後、ドヤ顔で園遊会に乗り込む。
http://www.yuko2ch.net/mako/mako/src/1385082792100.jpg

・2011年11月16日 ブータン国王夫妻の歓迎式典 色といい模様といい蛇ドレスと言われていた。
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/0/7/500x400/img_0728a4543470ef63aa230ee584d836e5210598.jpg

・2015年4月23日 タイのシリントン王女を玄関でお出迎え
http://blog-imgs-75-origin.fc2.com/t/v/c/tvcapjam/tvcapjam-princess_kako-20150423-3957-497.jpg

他に、日赤の大会のときのがあったと思います。
皇后以上にセンスが壊滅的なのにドレス作りまくりのキコさん、着回ししたって誰も気がつかないし。

お噂から拾ってきたカコガニのドレス。見えないところを手抜きするとこうなるよ。
http://www.sankei.com/photo/images/news/150603/sty1506030012-f6.jpg

私も言いたい様

さすが私も言いたい様。色々調べていらして、あと素晴らしい観察眼、もう本当に脱帽です(`ー´ゞ-☆

美智子様、マント系だけでなく、斜めのデザインか。しかも同じようなヤツ幾つも作るとか、何か腹立ちますわ。奇抜なデザインを着るところが「私を見て~」感丸だしで嫌ですね。品位というものが丸で感じられませんよね。

紀子様、本当にヤバイですね。あんなお面のような笑い顔に蛇柄ドレスって…………本当怖いわ。あのドレスの画像を見るたびに胆が冷えます(汗)襟のところとか藁でもつけてるのかしら?と思いましたよ(笑)

こんな酷いドレスのために税金が使われていると思うと力が抜けますね………(泣)

蛇の道は蛇

私もいいたいさま

蛇女の画像拝見させて頂きました。まことちゃんのモデルが鯰と言う噂楳図かずお!ぐわしとかやりそう。蛇の道は蛇ですの〜。鯰と蛇お似合い!蛇女ブータン国王妃の隣でドヤ顔?対抗心バリバリ。お宅の娘より断然美人だけど?

ブータン国王夫妻が訪日された時にゲビ夫人が涙が出たって。ブータン国王とお妃様の姿こそ。皇室に相応しい。お決まりの廃太子。日本国籍が無いらしいお笑い芸人おばはんは黙らっしゃい!

もう一つの蛇の道。なんすけど。
般若が〜〜とか水子の霊が〜〜って
アンチが騒ぐ。それってそう言う世界とつながってる奴ら何ですよ。

だから見えないものが見えます〜!
お疲れっす。さあああ。私の正体はなんぞやって。その道のプロなんす
幽霊とか怨念とか見えない方のね。

悪霊と繋がれる人間って。ある意味凄い。人間の姿した幽界の住人。

清潔な東宮家を貶められる。どS刑事の決まり文句。ばっかじゃない!

たすきと藁と

私も言いたい様、教えていただきどうもありがとうございます。

私はもともとドレスに疎く、かつ、目がいかない人達だったですが、美智子さんも紀子さんも、ほーんとイカレタ服着ているんですねえ。

美智子さんは「たすき」か「介護用よだれかけの半分」みたいにしか見えないし、紀子さんは「首にワラを巻き付けている」としか見えないし。

税金使って、日本のイメージが痛いものにしてるしい。
美智子さんの、これまでの奇天烈衣装の数々は、「センス史上、負の世界遺産」で登録できそう(TT)。

蛇ドレス!

本当にこの方の衣装はゴーヤスーツといい、蒸籠ドレスといい、生地そのものが変わり織りか、ピンタックやらなんやらでお針子泣かせだったり、特に襟元に凝るのがお好きなようです。
それが逆に変に婆臭くしているのです。

多分、体躯が貧相で(アンチ曰くすらりとスマート)すっきりとシンプルなデザイン、生地の上質さとカッティングで見せるドレスは着こなせないんでしょう。ストンとフックに引っかけたようになる。
だから服自体にごちゃごちゃ加工してボリュームを持たせている。
お年寄りが痩せた体をカバーするために良くやる手です。

立ち姿、歩き姿そのものも美しくない。敬愛する美智子さまを真似たのか猫背がに股。
無駄な金を使わず、もうセンスのいい専門家に丸投げした方がいい。

それにしても産後2カ月で園遊会に出たのですね。まだ傷が痛むでしょうに。母乳なら胸も張ってくる。出産経験者ならどんな状態か判ります。夜もろくに寝てないはず。
欠席したところで非難する人はいない。
それをしゃしゃり出てきた。
「皆さん、私がショーライノテンノーを産みましたのよ。絶賛してくださいませ」と威張りたくて仕方なかったのですね。

その直後の学習院の運動会にも出てきたそうです。ものすごいドヤ顔で。
ところが見事に保護者達に無視されたそうですw

あのころが絶頂期でしたね。
数年後には必死に緘口令を敷いて、運動会をいつやるかさえお茶小を脅して?HPに載せないでもらう状態になるとは。
見られるのも皇族の務めと言ったのは、どこのどなたでしたっけ。

ω君が見せられないから、必死にカコカコカコーッと煙幕を張っているとしか見えませんわよ。

お疲れ様

京都にいらしていたのですね。
しかも、6回も・・・京都市民としては嬉しいです。
盆地故に昼夜の気温差が激しいので気を付けてくださいね。
夏は蒸し暑くて、冬は乾燥して痛くなる寒さです。

チャイニーズは本当に煩くてマナー悪くて困ります。
住宅地と観光地が混在している分、毎日遭遇してテンション下がります。
京都市は外国人呼び込むのに必死ですが、ただでさえ狭い街に人が多くて渋滞が絶えないから、観光に力入れる前に市民が暮らしやすくしてほしいです。

嵐電と江ノ電は姉妹電車ですね。
江ノ電は広がる海が見えて素敵でした。
鎌倉は海と山に囲まれた、質実剛健な武家文化を感じられる古都でとても気に入ってます。
同じ地方なら頻繁に行きたいくらいです。

ハイヒールを脱ぐ時

皇后のハイヒールを脱いだ写真は、1つ鮮明に覚えているのがあります。冷泉家訪問時のもの。目的は国際会議開会式出席だけなのに、地方事情ご視察という名目の3泊4日の関西旅行。

平成25年6月22日(土) ~ 平成25年6月25日(火)
第11回世界生物学的精神医学会国際会議開会式ご臨席及び地方事情ご視察(京都府・大阪府)

ご訪問(冷泉家)
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/photo1/photo-20130622-3278.html

さすがに冷泉さんのお家は土足では上がれなかったのでしょう。というか、畳だからでしょうか。板敷きの場合は土足でいい、というマイルールでもあるのでしょうか。施設訪問などではスリッパを履いていたように思います。あるいは、言うことを聞かせたい相手、言うことを聞く相手には高圧的とか?

足元は下記の6月23日の写真に注目。
http://www.worldtimes.co.jp/today/photonews/main1306.html

で、ふと6月22日の記事を見ると、また見っけ、斜め系デザイン。

斜めの訂正

ということで、前コメントを訂正。1と4を修正し、5,6,7を追加しました。


1.2014年4月24日オバマ大統領歓迎会。お皿にお花をてんこ盛り。
  Wikiの皇后のページの写真をご覧ください。

4.2015年5月13日 全国赤十字大会 
  2015年5月30日 古式馬術観覧
  袖から白い(シルクの)裏地を見せるのがポイントらしい。
  2015年6月3日 フィリピン大統領歓迎行事
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20150603001059_commL.jpg
グレーだと思ったけれど水色で、上2つのスーツと同じようです。

5.2014年6月22日 妙心寺訪問
http://img.47news.jp/PN/201306/PN2013062201002062.-.-.CI0003.jpg
  袖から斜めと同じ色の(シルクの)裏地を見せるのがポイントらしい。

6.2015年5月18日 金沢城公園に復元された菱櫓見学
http://www.sankei.com/life/photos/150518/lif1505180020-p1.html

7.2015年5月26日 東京都慰霊堂でご供花
http://www.sankei.com/life/photos/150526/lif1505260024-p1.html
  2とよく似ていますが、袖も帽子も違うので別と認定。


まだあるかも知れません。別に皇后の服装評論家をめざしているわけではありません。見たくないのに目についてしまったのです。並べるとあまりのセンスのなさとこだわりの強さとスーツ量産ぶりにクラクラしてきます。「センス史上、負の世界遺産」、本当ですね。たとえ着まわしでも雅子妃殿下のお召し物を見ているほうがずっといいです。内面が輝いていますしね、服装でごまかす必要がないのですよね。

エリザベス女王とダイアナ妃

エリザベス女王が京都に来られたとき、岡崎の料亭「つる家」で食事をなさっています。警備がしやすいから「つる家」ということだったような記憶があります。ベッドルーム以外では靴を脱がない英国人が靴をお脱ぎになったのです。ロングドレスだったから素足の写真はないと思います。さすがに素足を写されるのはNGだったのかもしれませんね。

ダイアナ妃も同じく「つる家」、こちらはおおらかに素足のお写真が。

http://www.kyoto-tsuruya.co.jp/guest.html#
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR