世界が報じた「エリート外交官、世界一旧いロイヤルのプリンセスになる」

6月が来れば思い出すあのご成婚パレード

ヘカテーはこんな本を買いました。

『外国報道に見る御成婚』文藝春秋

小和田雅子さんが皇太子妃に決まった時、世界中のマスコミが報道しました。

ほぼ全てにおいて共通することは

「皇室のいう超旧家に世界レベルの頭脳を持った女性が嫁ぐ」

ということです。

「六か国語を操る日本で数少ないエリート女性外交官」

「マサコはどこまで皇室を変えられるのか?」

「ダイアナ妃のライバル出現」

「マサコは自分を犠牲にして皇室に嫁いだ」

日本の雇用がいかに男女不平等なのか、いかに皇室が閉鎖的なところなのか等を報じるところもあり。

当時の外国報道に返答したい。

もうすぐ四半世紀になりますが、

プリンセスマサコを取り巻く環境は皆さんが心配した通り超閉鎖的でした。

美智子皇后は苛められたと報じたヴァニティ・フェアさんへ

違いますよ。美智子皇后は苛められたどころかめちゃくちゃ大事にされていましたよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天照大神

ヘカテーさま

雅子さまの国内人気をコメントしたばかりですが。世界規模。マルチリンガル。正に女神!

女神と言えば。皇室の祖太陽神。
天照大神ですね。雅子さまを拝見しておりますと太陽神の様に感じるのは私だけでしょうか?
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR