要するに「アタシが大変だった時に助けてくれなかった」と言いたいのか

『文藝春秋』に掲載されている彬子さまの手記を読みました。

「お葬式で大変だったけど、親戚のみんなが助けてくれました。ありがたいと思いました」

というのが大きなこと

でも、大変だったけど三笠宮家のおじい様とおばあ様とより親密な関係を築くことができました。

皇太子ご夫妻やほかの皇族方が「何か困ったら遠慮せず言ってね」と声をかけてくれたというエピソードも書いてありました。

久子さまは「おじちゃまの時はこういう風にしたのよ」と教えてくれたとのこと。

まあ、ここまでなら「彬子さまも瑤子さまも大変でしたね。」で済みます。

ところがなぜか話が「母は三笠宮両殿下に謝罪しろ」「税金使って療養したんだから病状を国民に説明しろ」という流れになります。

いやいや、彬子さま。

ご公務に復帰されたのは単純に病状がよくなったからですよ。

別に国民は病状やどういう治療をしているかなんて知りたいとは思いませんよ。

「よくなってよかったですね。無理なさらないでくださいね」で済む話です。

自分が心細い時に助けてくれなかったという気持ちはあるでしょう。

ですが、それは病気で辛かったからできなかっただけですよ。

なんだかなぁ。

どうして雑誌に自分の心情を掲載させちゃったんだろう。

信子さまと話し合いたいけど話し合えないから手記を掲載させたということがあるからでしょうね。

なんでこうなっちゃったんだろう。

まあ、父親である寬仁親王も「皇族やめたい」と爆弾発言して昭和天皇に叱られた過去がありますから。

皇太子殿下の「人格否定発言」の後に、皇太子殿下宛に親子で手紙を出したというエピソードもありました。

(「俺に相談しろよ」「父に相談してください」みたいな内容だったそうな)

彬子さまはお勉強は大変優秀ですが、秋篠さんちとは別の意味で皇太子ご一家の足を引っ張りそう。

ヘカテ―の考えすぎでありますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

死んだ人の悪口は言いたくないですが

寛仁親王に関しては問題が多かったと言わざるを得ないです。
以前ですが、Twitterで竹田恒泰や竹田シンパとやり合ったことがあります。
皇族として竹田恒泰をはじめとする男系派にお墨付きをあたえたのは、寛仁親王ですよ。
他の皇族、特に今上や皇太子さまの意思やお考えを確認することもなく、勝手に皇位継承問題に口を挟むなんて、許されないと思います。
軽率が過ぎるでしょう。
側室制度復活なんて唱えてると知ったときは、この人おかしくなっちゃったんだと思いました。
彬子女王、顔立ちもですが性格も寛仁親王そっくりですね。
行動も言動も、教養ある人のものとは思えません。
立場をわきまえない発言は皇族として最も不適格だと思います。
さっさと降嫁して欲しい反面、民間人になったら平気で政治的な発言しそうで怖いです。
とにかく東宮家に迷惑はかけないで!としか思いません。

No title

確か彬子さま、信子さまが殿下の最期のころ、お見舞いにいらっしゃろうとしたのを断って、最期まで会わせなかったんじゃなかったっけ。
そのうえで、こんなこと言い出すんだから、ホントにとんでもない人だなと思う。人間として愚かな人。

皇族がヘンに育てられて、意味のない特権意識を育てるとこうなるという、悪い見本のような人。
こういう心の冷たい、価値観の狭い人をみると、皇族なんて制度要らないなと思います。この心の冷たい人に「慰問」うんぬんなんてされても、それは形だけでしょう。
ご自身の能力を活かされて、大学で教鞭を執って行かれるのが良いのでは。

ただ、信子様の件で思うこと。
心因性の病って、その原因となったものが無くなると、すんなりと回復されるものなんですね。
雅子様のご病気も、雅子様を追い詰めている一番の重しがなくなってしまえば、案外するすると全快なさるのかなと思います。

そのとき、いっしょになって圧迫していたひとが、すんなりとしたご快復に嫉妬して、彬子様のように手記を出されるかも?
でも、それもその人の値打ちを下げるだけのこと
また、誰がその人を追い込む側にいたのかを、明らかにするだけなのかもしれません。

最悪だわ

>ところがなぜか話が「母は三笠宮両殿下に謝罪しろ」「税金使って療養したんだから病状を国民に説明しろ」という流れになります。

皇族がアンチ東宮みたいなこと言っていいのかよ…………とガッカリしました。
今さらそんな不満を言ったってしょうがないのに。
信子様だって今元気になられたからいいじゃないですか。
週刊誌なんかを使って自分の不満や母親の悪口を言うなんて失望しました。
国民の幸せを祈る皇族が病気の母に理解がないなんて、ショックですね。

私も早く降嫁されればいいのにと思いますが、これだけ心の冷たいご性格では良い家庭を築くのは無理だと思います。それに寛仁様は結構色々な方から嫌われてると聞きましたので、良い家系の所に降嫁されるのは難しいと思います。

スレチですが・・・

こんなの見つけたおw


http://livedoor.4.blogimg.jp/rbkyn844/imgs/9/e/9e0e7a8b.jpg

池上四郞墓。


長男じゃないから本家(会津にあるんだよな?)の墓に入れなかったのか?

長男じゃないから新しく墓を建てたとしても、これは新しい墓に見える。

大阪で活躍していたとしても、会津出身なのが誇りで会津魂を忘れていないと言うのなら、墓は故郷の会津に建てたいと思うものでは?

この墓が何処にあるのか分からないけれどもね。

しかし、1929年(昭和4年)に亡くなっているなら、もっと古い形の墓だと思うんだが、これは昭和初期のデザインどころか現代のデザインだぞ。

この墓は、ピンク色のポリバケツで墓参りした時のとは違う墓かな?

墓が怪しいというのは川島家も同様に怪しい、腑に落ちないね。

そういえば正田美智子さんは東宮妃になると墓参りしたが、その墓はなぜか千葉県市川市だった。

正田美智子さんのルーツは群馬県館林なのに、どうして千葉県市川市?

ちなみに正田美智子さんは本籍が東京都だと教員免許状に記載されていた。

あの時代どころか平成になった今でもだが、本籍地(御先祖様の出身地、自分の本家がある土地、自分のルーツ)を変更することに抵抗を感じる日本人は多い。

美智子皇后も紀子妃もモニョりますな。

魅力的な女性が降嫁してしまう

三笠宮殿下のお子さん5名を考えた時、これは私の感想なのですが。

ご本人の性格か、立ち位置への迷いか、熱心に障害者スキーなどに取り組むかたわら、アル中で、軽率な発言も多かった「寛仁親王」。

学生時代ビートルズが好きでエレキギターを弾いていたら「税金で生活しているのに」と言われ(こういうのって、酷いよね。当時の学習院生は反省すべき)、傷つき、生涯独身を通した「桂宮宜仁親王」。

性格も明るく、皇族としての立ち位置にやり甲斐を見いだし、魅力的な家庭も築いていたのに、多忙によるお疲れか、突然亡くなってしまった「高円宮憲仁親王」。

以上の男性3名。残念なことに他界。

一方、桜友会や常磐会の催しで、常磐会会長として出席されている「近衛甯子さま」(旧名、甯子内親王)が、いつもとても溌剌として、素敵です!!
さばさばした感じなのに、とても上品。どことなく東久邇成子さまに似ている感じもします。

また、お見かけしたことはないですが、千家に嫁ぎ、茶道裏千家淡交会副理事長・国際茶道文化協会会長をされている、「千容子さま」(容子内親王)も、活躍されていると思います。

以上の女性2名。ご健康そう。

男女の体の差、社会的な立場の差もあると思うのだけど、皇族でなくなってからの方が、自由で楽しそうな気がするんです。
昔、三笠宮殿下が、戦後に電車通勤するようになり、「大変でしょう?」と言われ、「どうして、自由に動けるようになりホッとしていると判ってもらえないんだろう」と言ったという話があります。
そりゃそうだろうなあ、と思います。

「皇室は日本に役立っている」という強い自負心と自制心があるか、「皇族である」ことに妙なこだわりがあるか、「綺麗なもの着てお手フリするのが好き」という唯のバカか以外は、皇族は不自由でそんな良いもんじゃないと思う。

となれば、魅力的な女性は「来て下さい」と言われたら、降嫁してしまうと思うんですよね。残る女性は、「お馬鹿さん」か「魅力がないか、妙なこだわりのある人」になってしまう。

今の皇室典範だと、結婚後も皇族であり続けるのは、悠仁さんだけですから。
10年後の皇族の構成がどうなっているか?、
誰が、敬宮愛子内親王の他に若手皇族でいるのか?・・・・ハッキリ言ってすっごい心配です。

さくらの記章さま

鋭い!

たしかに今の皇室典範なら魅力的な女性ならどんどん降嫁していきそう。

儚い夢

へカテーさま

もう取り上げていらしたら
ごめんなさい。

昭和天皇が学習院初等科時代「尊敬する人は誰か」という教師の質問に対し、生徒の全員が「明治天皇」を挙げたのに対し、裕仁親王一人だけ「源義経」を挙げた。教師が理由を聞くと「おじじ様の事はよく知らないが義経公の事はたかがよく教えてくれたから」と答えたという。
おじじさまと呼ぶのが可愛い。
養育係の足立たかさん(後の鈴木貫太郎夫人)になついていたのですね。

昭和天皇がおじじさまの事はわからない。に対し「明治天皇に一番似ていると言われ有頂天になってヒゲをはやした」どんだけ好きなんだよ!髭の殿下明治天皇に似てますか?

憧れと言うか夢だったのでしょうね
皇位継承順位からして自分は天皇にはなれないもの。天皇になりたかったんだろうな。それがコンプレックスで皇族の鬼っ子と呼ばれるやりたい放題でうさをはらしていたのか?

ω生まれ自分の事の様に喜んだのも東宮ざまあみろ!感が否めない。
劣等感って酷い。皇族らしからぬ父にして皇族どころか人間らしからぬ娘さん達はこれからどうなるのか?

父より祖父より曽祖父に憧れた66年悲しい人生でしたね…




税金でお酒飲んでアル中になったのはいいのかなあ?

>「税金使って療養したんだから病状を国民に説明しろ」

そうだったらー、国民の税金でお酒を浴びるように飲んで、アル中になった寛仁親王殿下は、思いっきり国民に謝罪しないとならなかったし。病中も不摂生して病気を悪くしたんだから、その父親を止められず甘かった娘二人は、国民に釈明しなさいよ!!

なーんて、意地悪な事は思いませんけど。

私個人は、マッカーサーが皇室の私的財産を全て取りあげ、さらにサイドビジネス(公務とは別)もできないようにして、皇族の全ての生活費が、宮内庁の会計係&広報係のサジ加減になちゃったのは、よろしくないと思っております。

だって「浪費してもヨイショされる皇族」も、「慎ましくしていても、贅沢と言われる皇族」も、宮内庁が自由自在に作り出せるんだもん。
そもそも、5000千人もいる宮内庁職員を減らすのが、一番の節税じゃないのかな?・・・というように、第二次大戦後の日本の皇室制度は、制度としていろいろ未完成だと思ってます。

「税金で生活しているんだから・・・」これって、人の生きるプライドをとても傷つける言葉だと思う。お亡くなりになった3兄弟、みんな子供の時にそう言われてしょげたみたいなので、寛仁親王殿下の「天皇になりたい」コンプレックスも、刺激されていたかもしれませんね。
庶民は自分で稼いだ範囲であれば、どこに旅行しようが、どんなバッグを買おうが、お酒を飲もうが、自由なんだから。皇族を差別するのは良くないと思いまーす。

と、そう私は考えているのでありますが。
彬子さまが、もーし本気で、「税金使って療養したんだから信子さまは病状を国民に説明しろ」と言ったのだとしたら、
論理的にその前に、「税金使ってアル中になった寛仁親王殿下についての、お詫びの会見」を、彬子さまがしないとならないのは確かだよーーー(笑)

すいません 訂正です

宮内庁の職員数は、5千人ではなく、千人です。
間違えて申し訳ありません。

それでも、皇族1名あたり約50名。
少なくとも、週刊誌で「宮内庁関係者」などと言ってしゃべっている人がいるのを見ると、今や職業倫理は行き渡っていない気がします。

「公務の見直しを」なんて言うと、自分の生活の細部まで管理している、自分の50倍の人数が敵にまわるかもしれない・・・なんていう生活はやだなあ。

寛仁親王殿下や桂宮さまの葬儀の時は倒れるほど懸命に頑張ってらして、本当に立派だと思ってたから、母への要求はガッカリしてしまいました。
父親の奔放な所はバッチリ受け継いでしまったか…と思いました。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR