秋篠さんちのおとんとおかんが銀婚式だぜ

信者どもパーティーピーポー状態だろうなー。

今回は記者会見ではなくて文章での心境を発表

しかし赤坂のワンダーランドの秋篠さんち

突っ込みどころはちらほらあった。

それじゃあ、ヘカテ―が「銀婚式の感想」をいじっちゃうぞ!

①なぜか対談で心境を語る。

なぜ対談・・・。

あ、そう言えば父ちゃんは嫁さんがいないとひとりで会見ができない。

で、母ちゃんも次の言葉が出なくて5分間もあのキーコさまスマイルで黙り続けたという伝説があるからね。

文章が一番安心できるわな。

②喪中婚約に対する言い訳

秋篠信者どもが必死で隠したり、ごまかそうとしている喪中婚約をこんな風に言っている。

>これはいわゆる結納に当たる正式な婚約ではなく,皇室会議の議を経て婚約が内定したということを発表する機会でした。服喪中のこうした発表は異例なことと思った人がいたようですが,1951年7月の順宮(現池田厚子)様の発表は貞明皇后の崩御から約2ヶ月後で,しかも当時参考としていた旧皇室服喪令によると,私たちの発表時期より一段階重い服喪期間中でしたので,手続きを終えたという発表は前例にもあり問題ないと宮内庁は判断したわけです。
そして,私たちの結婚の時期についてです。秩父宮両殿下のご婚儀が1928年9月末で,昭和天皇の即位の礼が同年の11月初旬。その間は2ヶ月もなく,大変だったことを両陛下が聞いていらしたそうです。そのようなことから,私たちのときには,結婚から同じ年の11月予定の即位の礼までにある程度の時間があったほうがよいとのことで,私が帰国した直後に式がおこなわれることになりました。


え、なにこの言い訳。

「俺だけじゃないから~。問題ナッシング~」てか?

池田厚子さんの場合は降嫁でしょ?

新しく皇族になる人が喪中婚約しちゃダメっしょ。

そしてこの言い訳に対して母ちゃんがこう返している。

③相変わらず変な日本語

とてもありがたい思し召しを賜り,感謝申し上げております。

相変わらず変な日本語だな。

④前の家の方がよかった。

前の家とは鷹司和子さんが暮らしていた家のことです。

そこをリフォームして住んでいました。

まあ、キーコさまの独身時代の団地を考えれば「我侭言ってんじゃないよ」というレベル

今は秩父宮邸を大改造してさらに坊や養育用のプレハブまでつけています。

おーい、マスコミども。

秋篠さんちの父ちゃん母ちゃんも前の家が懐かしいとか言ってるから、秋篠宮家貧乏アピールは止めたまえ

⑤皇太子ご一家と違って海外にもお忍び旅行してまーす!

>いっぽう,これは私的なことになりますが,国内外であなたとは一緒でなく訪れている場所もけっこうあります。なかには,一緒に行ってみたい場所もありますので,近い将来の楽しみとして考えることにしましょうか。ちなみに,この時は眞子と一緒だったのですが,かなりの悪路ではあるものの,マダガスカルのチュレアールからムルンベへ行く途中に3種類のバオバブやパキポディウムを見ることができ,コーデックス好きにとっては素晴らしい12時間半のドライブを楽しみました。もちろん,ほぼ同じ時間をかけて帰ってきたのですが,ムルンベのバオバブの景観は本当に素晴らしいですよ。

皇太子妃雅子さま、皇室に嫁がれて20年になるのにわずか1回しか私的渡航をされていません。

カイザリンアイコこと敬宮様、13年の人生の中で海外渡航経験はわずか一度だけ。

たった一人の御称号をお持ちのプリンセスで、海外からも「我が国にお越しください」と誘われているのに・・・

⑥親父、てめえ自分で持てよと次女は言った

>佳子とは比較的最近のことですが,珍しく一緒に買い物に出かけたことがありました。父親にたいしてつっけんどんな態度のことが多いのですが,意外と優しいところもあり,私が自由に選んだものについて,代わりに会計をしてくれました。もっとも,帰りに彼女にそのまま荷物を持たせていたら注意されましたけれどね。

なんか、父親しかも皇族のそれも筆頭宮家の当主に対して娘の態度がひどくないか?

この娘って内親王なんだよね。女王よりも上だよ。

⑦ショーライノテンノーは折り紙しか語ることがありません

父ちゃん:悠仁もしばしば折り紙などの作品を届けてくれます。
母ちゃん:絵を描いたりするほかにも,切り紙をしたり,厚紙で入れものをつくったりしながら,いろいろなものを創り出すことを,悠仁は楽しんでいますね。


これしかないんかい!?

ショーライノテンノーやろ。

ガチで将来の天皇陛下の浩宮さまはもっとすごかったぞ。

小2ってもっと活発的だよ。

それで折り紙と絵を描いたりすることだけってちょっとインドアすぎないかい?

⑧精神年齢は20代のままだけど老化現象は始まってます。

秋篠さんちって何に力を入れているのかがわからない。

皇太子殿下の水問題に関する活動、三笠宮家の学問に対する熱意、高円宮家のスポーツ振興などを考えると「あんた、何がしたいねん」と質問したくなる。

今までは「動物園&水族館です!」と声高に主張していました。

日本動物園水族館協会の総裁をしている秋篠さんちの父ちゃん

だけど、WAZAから「お前らダメだわ。会員資格停止にしたるわ」と通告を受ける。

おいおい、ネット右翼は「天皇は世界一偉い」と豪語しとるで。

「天皇陛下の次男坊」というブランドがあるのにNOと言われた。

皇族のクセにマジ使えない。

⑨外出公務ってうまいもん食えるからいいよね!と暴露

母ちゃん>旅先でもいろいろな郷土料理を一緒に楽しむことができ,食文化に親しむ機会が増えたように思います。

あーあ、言っちゃった。

⑩お互いの評価は「可」

あー、これ今の両陛下のパクリだね。

あの時は記者会見で記者の質問をその場で答えたからクローズアップされたね。

≪追記≫

読者の方々から

「ヘカテ―、ちゃうで。恥ずかしがり屋の坊やは小3やで」

というお声を戴きました。

ヘカテ―、勘違いしていました。

間違えて申し訳ありません。

(わざとじゃないよ。ホントホント、わざとじゃないよ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夫婦そろって若年性認知症になってるんじゃないの?

この夫婦、すでにボケ始めてるんじゃないの?

婚約会見の時と違う事を言っているし。
数年前と真逆の事を言ってるし。

何故こうも言う事がコロコロ変わるのかしら?
自覚が無いのなら認知症になってますよ、夫婦そろって。

認知症とかの脳疾患じゃないのなら夫婦そろって本当の馬鹿だわ!

ショーライノテンノーは小3ですよ

ヘカテーさま、間違えちゃいけません。
ショーライノテンノーはめでたく8歳、現在小3であらしゃります。

大きな葉っぱでいないいないばあに興じたり
大きな松ぼっくりに「おっきー」って喜んであらしゃったのは、同じ8歳でも小2のときの映像だそうですけどね。

ツッコんでみました その2

「秋夫妻が結婚25周年?銀婚式?あっそう…何かどうでもいいや」という気持ちになりましたが、とりあえず感想文(なんで会見しなかったんでしょう?)を確認するために宮内庁HPに出向いてみましたが…え?会見もしてないのになぜ雑誌の対談のようなおかしな方式に?秋夫妻が互いにベラベラしゃべっている場面をテープ起こし(?)した人がいるのか?ということを想像したら何か滑稽に感じました。

やはり、出会いの部分からしてフィクション全開という感じですね。プロポーズ場面も例の「キコちゃんアニメ」の設定に合わせてきた感じです。そして「喪中婚約の言い訳」の部分で早くも嫌気がさし、それ以上読み進めることに苦痛を感じました(笑)。秋篠、喪中婚約の言い訳に関してはかなり文字数多く必死に語ってますね~。ここだけ妙に説明口調でかえって怪しい感じがします。

しかし、秋篠が「皇族には国事行為の臨時代行以外に公務は存在しません。あくまで公的な行為もしくは活動であり,言葉としてきちんと区別するべきものと考えます。そのような公的な仕事は,公務と異なりある程度自分の裁量で取捨選択ができてしまう」と話している部分があるのですが、この点は確かにそうかもと思ってしまいました。憲法に規定されている国事行為(の代行)と、その他の公的活動はきちんと区別すべきだと私も感じます。重要なのはあくまで前者ですしね。だから秋夫妻も「趣味コーム」程度で「公務やってるぜ」とドヤ顔しちゃいけませんねw

そして、秋篠の「精神年齢が未だ20代から進化していない」には笑ってしまいました。おい、20代どころかあんた10代いやそれ以下の精神年齢じゃないの?動物園水族館を見てはしゃいでる姿は10歳以下だよとツッコミたくなりました。
そして気になったのが「昔から何故か階段を踏み外しやすい」という秋篠の言葉。悠仁くんもそうですが、父ちゃんも足腰というか体幹が弱いんでしょうか?

あと「さまざまな書類,私の所に届くまでに不明な点などを整理しておいてくれますね」の部分は皇太子殿下を支える雅子様を、「階段のあるところでは,滑り落ちないようにさりげなく支えてくれていますね。周囲から見ると,私があなたを支えているように見えているかもしれないけれども」の部分は両ヘーカを意識してないか?と思ってしまいました。

そしてキコさんの「私は,いくつか苦手なものがありますが・・・。食材を自由に選ぶことができて,助かっています」という部分。要するにキコさんって好き嫌いが激しくて、あの食材は嫌だ、こっちの食材を使えとかなりワガママを言って料理人を困らせてるんだろうか?と思いました。それか、安い食材は嫌だ、高級食材を使えとか?

というわけで、今年はこの感想文があるので、秋篠の誕生会見はもう開かなくてもよいのでは?という結論に達しましたwまた同じような話聞くのは苦痛ですし…

うーん…

毎回毎回紀子様が発言する度に思うのですが、紀子様のお言葉はいつも誰かに考えて貰った言葉をただ仰っているだけのように聞こえる。ご自身のお言葉ではないように聞こえます。本当に腹の中が読めなさすぎて怖い気がします。

お互い「可」ね…
本当に今の両陛下のコピーですね。

皇太子ご夫妻の銀婚式のお言葉がどのようなものなのか楽しみですね。

納得しました

新聞でこの会話(笑)を読みましたが、こちらの夫婦は頑張ってこのくらいの文章しか作れないんでしょう。

「可」の評価は、私の通った大学では「合格というより先生がお情けでくれる」と教えられました。もらうとショックでしかありませんでした。

それにしても坊やは大丈夫かしら。
学校のスポーツやお勉強ではなく折り紙。工作。それだけ?
一般家庭の子でも塾や習い事に忙しいのに、テンノーになれるの?

対談?文書?チャットか?

二人それぞれPCに向かって「対談」したんですってね。
何か気持ち悪いって思ったのわたしだけかしら?
ようはチャットみたいなもんですよね。
いい歳した大人がやることかねえ。うん、気持ち悪い。
‥‥それはともかく、喪中婚約の正当化に池田厚子さんを持ち出すとは。
「他の人もしてるから」って最低な言い訳ですよね。
海外も行けるし、地方めぐって楽しいですぅ~♪って、バカ臭い文章だこと。
それにしても悠仁くん、本当にパッとした話がないですね。
野菜に昆虫、折り紙‥‥内向的な学究はだの男の子ってアピールするにしてもちょっと‥‥。
せめて作文のひとつも公開してくれないかしら?学校生活の話題もないのかしら?
秋篠宮夫婦は、子育てそのものに興味なさそうな感じすら伝わってきます。

ほんとうに頭が悪い

とにかく頭が悪い。
何でも他人のせいにするこの夫婦の特徴がよく出ています。
唯一のGJは「皇族には国事行為の臨時代行以外に公務は存在しません」という発言ですね。

で、やっぱり突っ込みどころが多いのは婚約~結婚の件。
順宮さまを出してきたのは、同じ祖父母と孫の関係と言いたかったのでしょうね。
序列もけじめもない平成らしさがよく出た考え方です。
昭和天皇の闘病中から国民ですら派手なことを慎んできたのに、喪中に婚約発表(あ、内定であって婚約ではないって主張でしたっけ)したから眉をひそめられたんですよ。
しかも今頃「海外の大学院に行くつもりだった」とか言い出したことにビックリ。
だったら、なおさら、喪中婚約の必要なんてなかったでしょうに。
海外の大学院に行って、卒業するまで待てばよかっただけですよね。
話の整合性とか全く考えないんでしょうね。

結婚もそうです。
秩父宮さまが即位の礼の2ヶ月前の結婚で大変だったからって。
だったら、即位の礼が終わるまで待てばよかっただけでしょう。
まだ学生だったんだし。
大体、秩父宮さまのご結婚の際には生まれてもない両ヘーカはいつそんなことを聞いたんでしょうね。
両ヘーカということは、勢津子さまから聞かされたっていうことですよね。
怪しいなあ。
(ちなみに、昭和の即位の礼は昭和3年、平成の即位の礼は平成2年です)

恥ずかしがり屋の悠仁さまは小3です

他の方も言われていると思うけど、悠仁さまは小3です。

庶民の小3は、お勉強だと、算数で割り算、社会で街の様子を調べて地図記号を覚えるとか。

庶民の小3は、体育は、サッカーやバスケのクラブに入るとか、水泳は大抵2〜30mくらいは泳げるし、鉄棒の逆上がりは誰でもできるよね。
なぜか、悠仁さまが鉄棒をするイメージがわかない。

あと、書道が始まるね。
図工は、小1から絵の具で絵を描いてるし、インドア派なら、ペットボトルで走る車を作ってたとか、初めて陶器を焼いたとかが、エピソードとしては普通かなあ。

虫好きは、捕るだけじゃなくどんどん育てているよね。「青虫から育てて、蝶の孵化を見て、野に放してあげました」みたいな感じ。カブトムシも成虫にさせないと。
エピソードには事欠かない年齢ですよねー。

ペーパー漫談

へー裁量でねぇ。
策士なの?バカなの?
キモすぎて痒くなりました。
いいですね。一宮家はご自由で。
「親父テメェ自分で持てよ」の件、
坊っちゃん育ちだから仕方ないにせよ、あわよくば人にずっと持たせるとか…一事が万事。
あわよくば感がこの夫婦にはプンプンする。
25年後にまたこの対談形式やるつもりですか。勘弁願います。
もう二度とやらないでほしいです。

都合良く記憶の上書き(笑)
この夫婦らしさ全開の空々しさ。

こんなのを公開して何の意味があるんでしょうね。
信者は公開ラブレター(≧∇≦)とか言って喜んでるようですけど。


鯰自ら、公務の定義?を語ってくれましたが、今後も物見遊山を続けるつもりなのかしら?

ヘカテーさん、お忘れよ

>小2ってもっと活発的だよ。

あの子、小3ですから。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR