良子さまはゴム長靴を履かれていた

ミッチー&キーコという平成皇室の極悪コンビがハイヒールにこだわっています。

畑や田植えにハイヒールにこだわるのはなぜなのか聞きたい。

さて、美智子さまが大嫌いな良子さまはどうだったのか?

それを那須の住人はこう証言しています。

高久甲さまコメント

那須の御用邸近辺で何かをなさる時、
たぶん平成の世の中なら「ご公務」にしてしまう類いのことでも、香淳皇后はプライベートとして活動され、そんな際には地元の人間と同じ黒のゴム長をおはきになりましたよ。
キコ妃、おえらいんですね。皇后陛下よりおえらいんですね。


ゴム長靴ですか!

良子さまを表す言葉は「自然体」

別に人がどう見ようと構わない。

自分がいいと思う道を貫く。

やっぱり生まれながら高貴な身分の方は違いますね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんだか似てるわね。

>畑や田植えにハイヒールにこだわるのはなぜなのか聞きたい。



浜田 幸一の選挙活動を思い出しちゃったわ。

この人ね、選挙活動する時は必ず色の薄いスーツを着るんですって。
そしてその格好で田圃に入って農作業とかを手伝うんですって。
そうすると色の薄いスーツだと泥汚れが更に目立つでしょ?
その泥汚れを見た人は(ハマコーさんはオラたちと同じように泥だらけになって仕事するんだ!)と感動して投票するんですって。

同じような事をするのが笹川良一ね。
小さい子どもと一緒に泥だらけになって遊ぶのよ、薄い色の服を着てね。
それを見ると(この爺ちゃん、子どもみたいに純真なのね!)って思うんですって。


ミッチー&キーコは「アテクシは偉いからヒールなのよ。」と思ってるのかもしれないけど、田圃に砂利を敷き詰めさせて平気なミッチー&キーコは農家をバカにしてるよ。

当時から…

継宮は戦中戦後も阿呆の我儘であらせられました。
せっかくご一家で静養に見えられたのに、何か気に入らないことがおありになったとかで、
「東京まで歩いて帰る」
と、癇癪を起こされました。
ええ、実際に御用邸をあとにされ、侍従さん方がなだめるのに大変だったそうです。
戦中戦後、大きいお兄さんは兵隊に、小さいお兄さんは大人の代わりに働き、御用邸雑務は継宮さんと同世代の少年選抜メンバーが務めました。
「たくさん鮎の釣れる那珂川のスポット」
村長より詳しかろうし。
その同世代選抜少年達から継宮、「我儘」「自分勝手」と言われました。

自然体でお優しい良子さま

良子さまは本当にお優しい人柄が笑顔に出ています。
自然体で、親しみやすい雰囲気がありますよね。
それでいてオーラや貫禄があるのが高貴な方らしい。
田んぼや畑にハイヒールなんて、農作業バカにしてるのかしら?
ゴム長をはいても香淳皇后は香淳皇后。
品位ある人は違います。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR