市長もたまげた、ハマナスにまつわるちょっとびっくり話

お疲レーシック、ペリペリ―!

花の金曜日を如何お過ごしでしょうか?

昨日からテレビとネットのニュースが気になるあなたへ贈るエピソード

小和田家ゆかりの地、新潟県村上市

鮭とお茶と酒しか名物がない村上市

小和田雅子さんが皇太子妃に内定すると日本中から注目されました。

正式に決まった村上駅にこんな看板作った。
看板も作ったぜ

御成婚パレード見物ツアー参加者を募集してますね。

御成婚の日の村上市の様子

ご成婚おめでとう祝杯

ちょうちん行列

パーティーピーポー 村上市民

久寿玉だって割っちゃうぜ

満艦飾の結婚祝い

雅子さまのお印は「ハマナス」

なんとハマナスは村上市の市の花だったのです。


ハマナスの名刺

「ホラ、見てハマナスだよ」と名刺を記者に見せる若林市長(当時の村上市の市長さん)

(正式に市の花と制定されたのは平成23年1月20日)

村上市のHPにも記載されています。

11c4b00fe983741f19371af7510b93d6.png
村上市HP

ちょっとしたミラクルだなとヘカテ―は思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これこそ、小和田家が村上市から認められているという証拠です!

新潟県村上市。

正直に言うと・・・・・村上市は閉鎖的な土地です。

いくら平成になっていたとはいえ、戦前どころか、それ以前のことを語り継いで色々なことを互いに知るご老人達が矍鑠としているのです。

ですから、もし小和田家がアンチの言うような出自であれば、これほど盛り上がりません。




「小和田家から東宮妃が出た! 名誉な事だが小和田という家を考えたら東宮妃が出て当然の事でもある!」・・・・・というのが村上市の総意です。

No title

はじめておじゃまさせていただきます。

写真にもありますとおり、村上市民にとっては、昭和の時代から(それ以前から?)ハマナスが「市の花」なのです。

平成20年に周辺市町村と合併して新・村上市となり、平成23年になってから、あらためて新市において正式に市の花に定められた経緯があります。

さすがに村上市がらみでハマナスがお印に決められたわけではないでしょうが、それでもゆかりの花をお選びになられたことを、村上市民はとても喜んでおりました。

また、敬宮殿下がご誕生になられた折も、村上市の町中では「(親王・内親王関係なく)お祝いしよう」ということで、年に1度の祭礼の時以外は外に出さない山車を引きまわすという慶祝行事をしたことも併せてお伝えしたいと思います。


市の花はいいけど

市の鳥がクマタカって、今話題のあの人を連想させて、ちょっと笑えます。
優雅な美しい鳥はいないんでしょうか。
クマタカに罪はないんですけどね。

猛禽類は可愛いです!

那須の鳥はオオタカです。
猛禽類は可愛いです。
中東を訪問された際に雅子妃は、タカ狩り用のタカをなでなでしておられました。
フクロウも可愛いです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR