沖縄がどういう場所かわからない子どもを連れて行っても意味がないからね

最近ブックオフでMONGOL800 が流れてるから青春時代を思い出しました。

高校時代に聞いたときは衝撃的でしたね。

もうさ、ブックオフの店内で「なんでこんなに穢れた大人になっちまったんだろう」と汚れちまった悲しみに涙しそうだったぜ。

で、懐かしくてYOUTUBEでMONGOL800 を検索していたらこんな歌を歌っていました。



MONGOL800 のメンバーって苗字でわかるけどみんな沖縄県の人で今も沖縄で暮らしています。

沖縄の平和を歌う歌は他にも出していますが、

この歌には考えさせられるフレーズがありました。

「歴史にするには早すぎる」

70年も前のことですが、沖縄の人は「歴史にするには早すぎる」と考えています。

日本で唯一地上戦が行われた沖縄

昭和天皇が行くことを切願しながらも成就しなかった沖縄

戦争が終わっても基地の問題が残っている沖縄

そこへさ、そういう歴史を理解できない坊やを連れて行っても沖縄戦の犠牲者をバカにしてるだけじゃん。

「ショーライノテンノーの悠仁は沖縄に心を寄せているとっても賢い子どもなんです」とアピールしたいだけなのが見え見えです。

坊やも平和の礎に行って「東京はどこ?」なんてトンチンカンな質問してたでしょ。

ヘカテ―も高校の修学旅行で平和の礎に行きましたが、ズラーッと犠牲になられた方々の名前が記されているんですよ。

夜には白梅学徒隊の隊員だったおばあちゃんからお話しも聞きました。

ヘカテ―の住む鎌倉市は平和教育が盛んで、小学校中学校とともに夏休みに戦争についてお年寄りから戦争中の話を聞いてそれをレポートにしろという宿題が毎年出されていました。(小学校一年から始まります)

中学校の修学旅行は広島岡山でした。

千羽鶴を折って平和公園に行きました。

そこでも原爆投下時に広島にいたおじいちゃんから実体験を聞きました。

そんな環境にいたヘカテ―でも高校の時に皇族の立場から見る沖縄への思いなんて理解できなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗な場所で頭を垂れても・・・・

両陛下は、パラオへ行き、頭を垂れて、慰問した。

美談に聞こえるけど、両陛下は「今は美しくなっている場所」だけ行く。

本当に悲惨な場所には行ってない。
戦争の悲劇に思いを致し・・・と言うけれど、もっと悲惨で不条理な戦地や跡地は他にも多々あった。

以前、ここで取り上げられた二日市保養所には行ってない。
(行けば行ったで賛否両論の話題になるかもしれないけど、従軍慰安婦問題へ一石を投じる話題になるんじゃないかな。)

まだロシアとの交渉決着を見ていないので、話題にするには問題あるのかもしれないけれども、北海道樺太戦を完全にスルーしている。

樺太戦だって、本土とか内地とは呼ばれてなかったけれども、日本の領土で行われた地上戦だった。

対馬丸を出すなら、三船殉難事件だって出すべきだ。

両陛下の慰問スタイルを見ているとアンバランスを感じると同時に、慰問ではなく、まるで、観光旅行しているみたいだと感じてしまう。

公務!公務!公務!

秋篠宮家は、今上と皇后の真似をしてるんでしょ。
今上と皇后は、昭和の東宮家時代はとにかく贅沢し放題で遊びまくりだったから、表で神妙な顔してれば裏で何してもいい、皇族は美味しい稼業ときたもんだ、ってなところ。
皇太子殿下の育ての親、浜尾実さんの著書「浩宮さま」にも、昭和の東宮家が毎夏軽井沢に避暑に出かけ、千ケ滝プリンスホテル(民間ホテルよ)でひと夏過ごした記述がある。
秋篠宮家は日本各地を旅行しているんだってね。キコ妃はセーブルの毛皮コート600万円を購入だってね。
え?
♂を生んだからいいわけ?
あんなチンピラ礼宮や捕獲された宇宙人みたいにヘロヘロヒタットでも、男でありさえすれば何でもいい?
なにその地球上稀に見る男尊女卑。日本って、徹底的な後進国に成り下がったわけか。確かに日本の象徴でございますね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR