比べてみよう そうしよう 敬宮さまのおばあさまの若い頃のお写真編

44ee43b3b9c67ccb077cf673db183f96.png

当時無名だった聖心女子大学を卒業して、軽井沢をミニスカでうろうろしていた粉屋の娘


小和田優美子さん

慶応大学を卒業し、三か国語をマスターした語学力を活かしてエールフランスで働いていた海軍のエリート軍人の孫娘

対照的な二人だな
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミッチの顔が一瞬 石波茂 に見えたwwwww

ミッチの顔が何と言うのか・・・「あんさん、これで手打ちとしましょうかね」という感じ。
それにしても、すごい上目遣いなのね。なぜか石波茂を思い出したわ。
かなり胸元が大きく開いたワンピですが、佳子ちゃんの見せブラはミッチ譲りなのね。

ミッチって・・・・・キツそうな女に見えるわ。






敬宮愛子内親王殿下の母方祖母。

明仁皇太子のお妃候補になったのが頷けるほど、美しいだけでなく上品で知性あふれる女性ですね。まさに慈愛あふれる優しそうな女性・・・
お妃候補になったけれど大学生だったので候補から外れたと聞きました。

慶応大学在学中であっても、この写真を明仁皇太子が見たら、ミニスカでテニスというお膳立てがあってもミッチなんか選んでなかったかもしれませんね。


品格が全然ちがう

優美子夫人、表情に品がありますね。さすがです。
慶應義塾大学演劇部のマドンナだったとか。

もう一人の父方祖母。胸がやたらに開いたドレスに変なヘアバンド。
下から伺うようなコビコビの目つき。
記者の煙草に火をつけるのなんて、朝飯前だったんですね。
当時の上流階級の女性たちが違和感持つのも当然です。

これは・・・

酷いですね。
何が酷いって、品性が全く感じられないところ。
あの変なしゃべり方を「上品」だと勘違いしていただけのことはあります。
緊張は・・・全くしてないですね。

優美子さんの方は、おきれいなだけじゃなくて品性が感じられます。
写真って怖い。

なんちゃってアン王女?

この会見の美智子さん、一説によると「ローマの休日」で最後に記者会見に臨んでいたアン王女(ヘップバーン)の真似をしている、と言われてませんでしたっけ?アン王女もヘアバンドのような髪飾りをしていました。が、美智子さんのような胸元がガバッと開いた服ではありませんでした(笑)。

それにしても優美子さんは本当にお綺麗ですね。上品で聡明な雰囲気で、さすが雅子様のお母様であり愛子様のおばあ様という感じです。

赤い糸

眼鏡フレームは鯖江製さま

私も鯖江製フレームを愛する者です。
眼鏡と言えば鯖江。鯖江と言えば眼鏡。
本物の本場。本場の本物。

眼力があるお方は凄い情報をご存知ですね
流石です。雅子さまのお母様!!!
そうでしたか。皇太子さまが雅子さまに
惹かれたのは必然的な事だったのですね

雅子さまのお母様が東宮に嫁がれていらしたら。雅子さまも皇太子さまもいらっしゃる事は無く。愛子さまも。赤い糸。産まれた時から皇太子さまと雅子さまは結ばれる運命だった。そんな気が致しました。


才色兼備の母とその系譜

雅子さまのお母様について、数年前の日本経済新聞の「私の履歴書」で、スーパー歌舞伎を創り上げた歌舞伎役者の市川猿翁さん(俳優の香川照之の父)が、書いていました。

猿翁氏も慶応大学の出身で、若いころには歌舞伎とは異なる演劇にも関心を持ち、大学の演劇部での芝居にも熱心に取り組んでいたそうで、その当時、演劇部員の憧れの存在であり、高嶺の華だったのが同部員だった江頭優美子さん、つまり現・皇太子妃のお母様であったと書いてありました。

当時から才色兼備で有名だったようですよ。

この雅子さまのお母様の祖父が山屋他人海軍大将なのは有名ですが、ご両親である江頭豊氏と山屋寿々子さんの仲人が、昭和天皇の侍従長であった百武三郎氏(この方も元海軍大将)であることも、見逃せませんね。

雅子さまの母方は、明治初期に海軍予備門(今の海城学園)を創設した古賀喜三郎氏から始まって、皇族と交流のある先祖が複数おられるのに、全く報道されないのは、本当に不自然で異様です。
マスコミは美智子さんの怒りを買うのが恐ろしいのでしょうね。

明治、大正、昭和の3代の天皇に仕えた母方ご先祖あっての雅子妃殿下です。

縁もゆかりもなく、突然、皇室に殴りこんできた美智子さんとは全く違いますよ。



プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR