皇太子御一家が戦後70年企画展を御見学されました

こんばんは

お噂スレに「ブックオフで皇室関連の本や雑誌を買ってる奴はヘカテ―だ!」と書き込まれたヘカテ―です。

ブックオフで皇室関連の本を買われる方には申し訳ない。

まあ、皇室関連の本を買ってる人って減ってるみたいですからね。

このブログの読者の方が「今古本屋に皇室関連の本を持って行っても買ってくれないみたいですよ」と教えていただきました。

ヘカテ―だと勘違いされる人がいないことを祈るばかりです。





さーて、前置きはここまでにして

皇太子ご一家、戦後70年企画展にお見えになられました。

皇太子ご一家 昭和20年の企画展に

皇太子ご一家は、26日、終戦の年の昭和20年を振り返る企画展をご覧になりました。

この企画展は、戦後70年に当たることし、空襲から終戦、そして復興へと歩み出す激動の昭和20年を振り返り、当時の人々の苦難を後の世代に伝えようと開かれたものです。
26日は、皇太子ご夫妻と夏休み中の愛子さまも東京都内の会場を訪れ、当時の写真や人々の手記など200点余りをご覧になりました。
このうち、国民学校5年生の女子児童の作文は、昭和天皇がラジオで終戦を告げた「玉音放送」を聞いたあとに書かれたもので、「先生からくわしいわけをお聞きした時私は泣けて仕方がなかった」と記されています。
皇太子ご夫妻は、戦争を知らない世代に、日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切だと考えていて、お二人で話し合って愛子さまを連れて出かけられたということです。
愛子さまが戦争に関する施設を訪れるのは初めてで、担当者の説明に熱心に耳を傾けられていました。会場には「玉音放送」の音声が流されているコーナーもあり、皇太子ご一家は、当時の放送を聞く人たちの写真を静かにご覧になっていました。
この企画展は、東京・千代田区の「昭和館」で来月30日まで開かれています。 span>
NHK

8a94c39b134e77547319a8ea649b2719.png

a51cae032b81a8c807dbd5dd587799d8.png

5503b8fcb67d8e156536cca6edd08b6f.png


敬宮さまのワンピースが清楚でかわいらしいですね。

やっぱり母親が違うとこうも子どものファッションに違いが出るのか!

この写真を見て改めて敬宮さまって小顔だなーと思います。

皇太子御一家らしい夏休みの過ごし方ですね。

今年の夏こそ那須へお見えになるといいですね。

去年は広島の豪雨災害で中止になりました。

ヘカテ―としては敬宮さまに夏休みを利用した短期留学をされればいいなと思います。

ヨーロッパに行かれるといいなー。

敬宮さまに会いたいと思っているロイヤルはたくさんいますよ。

なんたって世界から愛されるクラウンプリンスナルヒトとクラウンプリンセスマサコのたった一人のお子さまですもの



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

秋家の長男は戦争に関わる年齢が早すぎた

愛子様の白いお洋服、爽やかで楚々として素敵ですね。
ニュースではわざわざ
>宮内庁によると、愛子さまが戦争に関する展示を見るのは初めて
という文言を入れて、秋篠宮家の長男と比較させようという企みを感じなくはないですが、戦争に関することを本格的に学ぶのは愛子様くらいの年齢で丁度良いと思います。子ども時代に戦争の悲惨な体験を聞かされたり見せられたりしても変なトラウマが残るだけですし、子どもだから難しいことはよくわからないで終わってしまう場合もありますからね。大人でも戦争について語るのは色々難しいことがあります。
その点、秋家の長男は幼稚園~小学校低学年からやたらと戦争絡みで話題になっていますけど、おそらく何も理解できていないでしょう。
「戦争について学んでるフリを見せる」よりも、ちゃんと息子の日頃の勉強や授業や学校生活の成果を国民に見せる方がずっと大事ですよ、と秋家の両親には言いたいです。

素敵な三人組

へカテーさま

子供時代。大好きだった「素敵な三人組」
感動の絵本です。

おおそれながら皇太子さま雅子さま
愛子さまの御姿が素敵な三人組。と
ふと浮かびました。

愛子さまはいつもどんな時でも。
清楚で気品あるお召し物ですね。
雅子さまのお気持が伝わります。
皇太子さま穏やかなお父様からの
愛情を一心に受けている事が明白。

何処かの娘さん二人。息子さん。
ダメにも程があります。

つまり。母親が毒母。毒父だから。
毒父母。

子供の躾がおかしい。周囲の者には鬼。

鍵事件も通訳罵倒事件も。
更にカメラ事件もやらかしましたか。

親子喧嘩もする。それを記者会見で言う。

ありえない!もう、やめてくれ。

周りに迷惑だと気付かない。

なんと図太い神経なのか?







敬宮様の眼差し

戦争のことをお聞きになっている敬宮様のまなざしこそ将来この国を背負って立たなければならない立場のお方のものです。
多分、お出かけの前にも、ご両親ともども勉強なさって、お帰りになってからはさらに関係の資料をお読みになることでしょう。
そこが形だけさも平和の問題に熱心ですってPRに余念のない一家との違いです。(ジジババ含む)

皇太子さまと敬宮様は、国立劇場で義経千本桜をご覧になったとか。源平の戦いに敗れた平家の末路。戦のむなしさ、悲惨さ。
以前見たとき平知盛の最後に涙が出るほど感動しました。
敬宮様は、ご自分のご先祖様に関係ある物語だから、きっとさらに深い関心をおもちになったことでしょうね。

先日宮家の坊やが映画を見たとき、記者カメラマン引き連れて報道させたんでしたね。
今回の国立劇場お成りは私的な活動だからということで、報道が入りませんでした。公私の区別に厳格な皇太子様らしいやり方だと思います。美智子さんなら絶対公務扱いにしているはず。

私も敬宮様には短期留学でヨーロッパにお出かけになっていただきたいけど、自分たちの時と歓迎の仕方が違いそうって言うので、絶対阻止したいジジババが邪魔しているんでしょう。腹立たしいです。

温かな家庭と知性を感じさせる東宮ご一家

マスコミの報道が少ないのですが、皇太子ご一家の終戦の年の昭和20年を振り返る企画展へのお出ましは、本当に知性溢れる様子でした。
愛子さまは国語力がとても優れていらしているから、きっと下調べしてお出かけになられたのでしょう。

子供の担任が、国語力がないとすべての学科に影響すると言っていました。
スーパー数学家庭教師が付いたという話を聞きましたが、愛子さまは徐々に大人の身体に変化されて、今は少しふっくらされていますし、幼稚舎~初等科時代はいつもいき届いた髪型が素敵でしたが、今は学校と家での予習復習に余念がないのでしょう。

お年頃になられる頃には、素敵なレディーになられると確信しています。

国民として誇らしい限りです

>皇太子ご夫妻は、戦争を知らない世代に、日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切だと考えていて、お二人で話し合って愛子さまを連れて出かけられたということです。

この方々が両陛下となり敬宮さまが皇太子におなり遊ばせば、日本はさらに素晴らしい国となるでしょう。心の晴れ晴れするニュースをありがとうございました。

敬宮さまの眼差しから一つ一つの史料を丁寧に深く理解されていることが分かります。どこかのショーライノテンノーのようにぼーっと立っていたり、太鼓を打ち鳴らしたりとは位が違います。そうです!位が、格が、魂が違うのです!日本国民の皆さま、どうか目覚めてください。あ、目覚めてないのはあの手の人らだけかしら笑

短期留学

お父さまの浩宮さまがオーストラリアにホームステイに行かれたのは中3の時でしたから、敬宮さまも行かれるとしたら来年でしょうか。
一番いいタイミングでご両親がお考えになると思います。
参拝も戦争に関するものをご覧になるのもそうですよね。

こんにちは!

私は大学生になって戦争について関わるようになりました。
なので愛子さまも丁度いいご年齢かと思います。
私自身一人っ子ですから、皇太子ご一家とはかなり親近感がわいています。
雅子妃殿下のお優しさと皇太子殿下の誠実さは国民にも伝わっていることでしょう。
私も見習いたいですね。
短期留学でしたらオランダはどうでしょうか?
皇太子ご一家と関わりが深いので。

学習院と太平洋戦争

学習院では、戦争に関する具体的な教育は中等科2年から3年にかけてが適当、と言うスタンスです。
学習院に通学しない皇族は開校以来、ひとりかふたり、つまり学習院・皇族・第2次世界大戦は、他の学校より繋がりが深いのです。
皇族の家長である天皇、昭和天皇の戦争責任もいまだに整理できない複雑な問題です。
他の学校はともかく、学習院では先の戦争に関して、生徒にしっかり理解してもらう為に中等科2年3年とのラインが存在します。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR