礼宮よ、男だったらごちゃごちゃ言わずに食え!

秋篠さんちの当主がまだ礼宮だったころのエピソード

渡辺誠さんの『殿下の料理番』という本に書かれいていたこと

読者の方より「こんなエピソードがありまっせ!」というコメントを頂いたので、

いい機会なのでご紹介します。

にゃおす さまコメント

すみません、スレチですが…。先日古本で手に入れて、とても面白かったのであっという間に読みました。
そこで、気になる部分が。渡辺さんが昭和の東宮ご一家のところへ異動になったあたり。《時代の節目》昭和45年に大膳へ、その18年後とのなので昭和63年ころらしいのですが、東宮ご一家の前で寿司を握ることになってしまった。18年洋食専門だったのに。和食の人のサポートとして渡辺さんはお仕事されたらしいのですが、緊張のあまり頭と手がちぐはぐな動きをしてしまって『礼宮さま』が「それ、さび抜きで」「はい」と返事したのにさびつきで出してしまって、「渡辺さん、さび抜きって言ったじゃない」というお声が飛んできた、そんな失敗もありました…というところ。『お声が飛んできた』この宮の人間性がよくわかるエピソードだよなあ…と、思いました。書いた方は『そのまま』を書いたのでしょうね。『おっしゃった』ではないのです。他のどの文を読んでも、昭和天皇や今上へーかこーごーさま、もちろん平成の皇太子さま(ついでに紀宮さん)には前述のような表現はありませんでした。
ちなみに『浩宮さまは、お話のなさり方だとか雰囲気が、陛下(昭和天皇)によく似ていらっしゃるなあ』と、おそらくその寿司を握った同じ日の感想として、記述されています。真実は、かくもわかりやすい…。


まあ、別にいいんですけどね。

間違えたんだから注意しても

たださ、フランス料理が専門の人が寿司を握っているんだから間違えないように頑張っているんだなと普通は分かるけどね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おこちゃま

猫舌礼宮。
昭和63年ということは、もう大学も卒業しています。
ああ、それなのに

>「渡辺さん、さび抜きって言ったじゃない」

わさびの入ったお寿司が食べられなかったんでちゅね~。
おこちゃま、あーや。
皇后さまの古希のお祝いで狼藉を働いていた時のエピソードなら、まだ引き攣りながら笑ってもらえたかもしれないのに。
行動だけじゃなくて舌までガキだったのねえ。

わがままアーヤと言われた昭和時代


周囲がとめてもきかずにとった運転免許。
ひどい成績で、語学は壊滅。
留学中は授業にも出ない。
スポーツも楽器も続かない。
大学時代の私服は、金のネックレスにサングラス。
認めなかったら皇族やめると脅迫して婚約した結婚。
怪しげな博士号習得。
子育ても今のところ失敗中。
(二人の娘さんの生活態度や服装問題、
サークル騒ぎ、裏口入学などの素行不良ぶりは、アーヤそのまま。
これといった知的、文化的な話が一切出てこないことまでそっくり)


この宮様が、突然、お兄ちゃんの皇太子様にたてついて、
「公務は受身」
発言とかしはじめたときは驚愕しました。

「お兄様がちゃんとしてるから、次男はまあいいか」
って周囲からも国民かも生ぬるく許されていた行動の数々。
好き勝手やってこれたの誰のおかげだと思っているのか。
もしかしてわかってなかったのか。そこまでバカだったのか、と。


こんな秋篠宮をありがたがる人たちはもっとわかりません。

東宮アンチの人たちがいるのは仕方ないでしょう。
100%支持ってありえないから。
同じ理由で、秋篠宮ファンがいてもおかしくないし、
好みはいろいろでしょうけど、

「兄である皇太子様と比べて、秋篠宮のほうが立派」

っていうのはいくらなんでも無理がありすぎです(笑)。

ちっせー男だな

二十歳を過ぎた男が、「渡辺さん、さび抜きって言ったじゃない」なんて言うとはね。


みみっちい! ちっせー! せこい! 


こいつ、きっと今でも出される料理が自分好みでなかったら、料理人を呼びつけて文句言ってそう。

・・・・・ハッ!  そういえば秋篠宮邸は料理人が居つかないとか、ブラックバイトより酷いとかいう記事が出たけど、黒幕はキコさんではなくアーヤだった?

噂によると「キコの職員への命令出し方はアーヤそっくり」らしい。
夫婦で使用人をパワハラしてたら御難場と言われても当然だわね。

いよいよタメ口

どっかの父娘←導火線が短い親子。
公務したらしい。

毎日新聞の記事は。

 この日は、草津市にある県立琵琶湖博物館と大津市での写真作品展を訪れた。説明の写真部の女子高生に佳子さまは「部員は何人いますか」などと話しかけていた。

「話しかけていた」タメ口じゃないか?
質問が質問だから。新聞社もうんざり
し始めました。それが伝わる。

一事が万事

間違いを間違いと指摘するのは分かるし必要なことだと思うんですよ。
思うんですけど…でも本当にこの方は思いやりというか人間的深みに欠けてますよね。
人の痛みとか解らないのかなぁ。
若干軽薄な一端を感じてしまう。
あの髭面がヒットラーに見える時が
あります。
天皇の料理番観ましたが、
昭和天皇とえらい違いですね。
週刊誌ネタはあまり信じませんが、こういう方が宮家の長なのですから先日の秋家料理番の週刊誌記事を
裏付けているのでは?と思いました。確かにこの宮家にはお仕えしたいとは思いません。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR