アンチ東宮>アイコは中学生になってやっと戦争関連の施設に行った。ヒソヒソさまは小さい頃に行った!ヒソヒソさまの勝ち!

↑のようなことを主張しています。

これに対してヘカテ―からの反論

美智子さま平成17年10月、71歳の誕生日にあたり発表した文章回答

「今年の夏,陛下と清子と共に,満蒙開拓の引揚者が戦後那須の原野を開いて作った千振開拓地を訪ねた時には,ちょうど那須御用邸に秋篠宮と長女の眞子も来ており,戦中戦後のことに少しでも触れてほしく,同道いたしました。眞子は中学2年生で,まだ少し早いかと思いましたが,これ以前に母方の祖母で,自身,幼時に引揚げを経験した川嶋和代さんから,藤原ていさんの「流れる星は生きている」を頂いて読んでいたことを知り,誘いました。初期に入植した方たちが,穏やかに遠い日々の経験を語って下さり,眞子がやや緊張して耳を傾けていた様子が,今も目に残っています。」http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h17sk.html

はい、眞子丼も中2でした。

それを考えるといかに恥ずかしがり屋の坊やが異常な位早かったかがわかります。

戦争がどういうものか全然わからない子どもを連れて行っても意味がない!

それにしても川島和さんって引揚げ経験者だったの?

初めて聞いたぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ジュリアンを呼べ

へカテーさま

藤原ていさんの息子さんは国家の品格の著者ですよね?新田次郎さんも作家ですね?親子揃ってベストセラー作家。ひゃー。
魂消た←自動変換。びっくりを魂消えると書くのだな。年がら年中。どっかの土産←宮の自動変換。魂か消えるぞ。中でも父は導火線が短いと人前を幅からず言えば。娘は成年皇族記者会見で私も導火線が短い。
と爆弾発言。導火線の意味わかって言ってんの?導火線とは爆弾が爆発する危険な表現だよ。導火線を洒落た言い回しと勘違いして物笑いの種になる親子。町が爆弾で消滅仕掛けた時にジュリアンはその火を消した。それが小便小僧だ。庭にジュリアンの像を置けば良い。ちゃんと水が出るのを。
消して貰え下らない痴話喧嘩を。


想像してみよう皇太子さまが自分は導火線が短い。保証しよう。絶対にそんな事はお話されない。では愛子さまが成年皇族になられ記者会見の折に。導火線の話題は確実に出ない。なんと馬鹿らしい土産なのか?

藤原ていさんの息子さんは国家の品格を記された。さて。皇族は品格があるのか?





早くて安くて大声で。

キコ妃は、なにをするにしても、

一番早いのがいいんだ!
一番大きいのがいいんだ!

腹を減らしたホームレスの牛丼か。
あの、見るからにアタマの悪そうな親王、しかも小学校低学年に、沖縄戦がわかるかいな。カッコだけつけて中身はカラッポ。
 あわあわあわあわあわ
 あっがとじゃいます
今度は、
 違うよ。そうじゃなくて。
ヘロヘロヘロと、頭振りながら太鼓をニタニタ叩いてたな。
姉ちゃんも似たようなもんか。
 安徳てんのーって、何歳で死んだんですかあ?
下調べしないし、安徳天皇知らないし。

       馬鹿。

セブンティーンでした

へカテーさま

スレチですが。
あまりにも馬鹿らしいので
書きます。今日も今日とて
お出かけした父子。
高校生の皆さんへ
「私も三十数年前に17才でした。」
呆れたので何年前なのか?正確に
覚えていない。それ?何?又洒落た
言い回しだと思ってんの?ウケ狙い?
ウケてねぇけど。そしたら
「私は産まれていませんでした」
娘はそう続けた。お相手は高校生の
皆さん。この父子の挨拶って?
絶対に何か変だよ。父「三十数年後に
こうなっちゃいました。それで次女
の育て方を間違えました」
次女「あなた達は立派ですね。感心しました。私には真似が出来ません」
せめてそう言って欲しい。

そんな奇妙奇天烈な発言が何故ニュース?

原さまがお書きの黒田夫人
「おじい様に言いつけてやる」
お父さんには言いつけ無いのか?
確かにおじい様は天皇陛下だ。
お父さんは皇太子だが?
おじい様はご立派だけど。お父さん
は。ちと。娘さえも思っていた。

黒田夫人の理想の男性は浩宮さま。
いない。絶対にいない。お兄様の
様な方は。お兄ちゃんはもう一人
いるが。黒田夫人は下のお兄ちゃん
に=(´□`)⇒グサッ!!と刺したか?

下の兄はタイプでは無い。
と言う事だ。

あー。そう言えば黒田夫人も小姑

理想の人お兄様のお后様
雅子さまをどう思うのだろう。

心中押して知るべし。

うーん。きこ、まこ、かこ、
黒田夫人も仲間だったのか。

ミテコが一番悪質な気がする。
現黒田夫人が内親王だった頃。

我娘と言えど。愛情が無かった。
おしゃれは絶対にさせなかった。

そんな気の毒な内親王←皇室史上最低
の家に嫁いだ。下のお兄ちゃんの学友
上のお兄様にちっとも似てない。

慣例を破ってひろうえんに出た。
りょーへーか。

席順がおかしい。りょーへーか。
姪っ子達も出席。ちっとも可愛いく
無い衣装。ここでも娘におしゃれ
させない母がいる。

娘達は黒田夫人をねえねえと呼んで
いたらしい。そんな事はどうでもいい。
週刊誌やニュース番組はよほどネタが
無いのか?大好きだった筈のねえねえ
欠片も真似して無いよね?(゜Д゜)
もっと酷くなった。レイギも何も
あったもんじゃない。






負けるものか!負けるものか!あんな女に!by紀子

紀子さんから感じられるのは、とにかく雅子さまに対して「負けるものか!」という恐ろしい執念。
その思いは悠仁くんにぶつけられている。
あんな女に負けない!あんな女の娘にも負けるものか!何でもあいつらより早くやってやるんだ。
全て対抗意識が原動力で、中身はどうでもいい。
でも戦争に関することは、「道具」にして欲しくないね。
そもそも自分の子どもを道具にしか思ってない紀子さん。
子どもたちは行く末ろくなものにならない。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR