「秋篠さんちの女3人はタフすぎるくらいタフ」と和田先生は書いた

精神科医の和田秀樹先生がブログで書いたある記事

http://megalodon.jp/2010-0510-1420-18/ameblo.jp/wadahideki/entry-10486541658.html

なんかすごいこと書いてあるんだけど↓
一つ思うのは、皇室関係のメンタルヘルスだ。あれだけ公にさらされ、あれだけ世間と違う因習に縛られて生活しているのに、昔と違って、民間の人が身内になっている。

そう考えるとそのメンタルヘルスは重要だ。

実際、昔の宮内庁の人たちは思慮もあったし、皇室の人たちのことを心から考えていた。

現皇后陛下が心の具合が悪くなった際も神谷 美恵子さんというその時代きっての精神科の名医をつけたし、そのことも事実上オープンにされた。

そして、当時の皇太子妃は、徐々に心の健康を回復された。

さて、その後、皇后になられてからも、心の病が問題になることはなかったが、某週刊誌が批判記事を書いた際に、声が出なくなるという古典的なヒステリーの症状を発症された。

そこで、マスコミと宮内庁は、その批判記事を書いた週刊誌をボロクソに叩いた。

しかし、精神科医の私に言わせると批判されるべきは宮内庁のクソ役人だ。

精神科の主治医が亡くなると、その信任が厚いほど、トラウマになってしまう。それを乗り越えたとしても、何かのストレスですぐに心の病を発症してしまう。要するに皇室が神谷さんが亡くなった後のフォローをきちんとしなかったから、そんなことになったと考えるのが通常の筋だ。

批判記事にしても、日本のマスコミは抑えられても海外のメディアは抑えられないし、ましてやインターネットの時代にそんなものを抑えられるはずはない。

皇室の人間に閲覧を禁止するというのも非現実的だろう。

だとすると、批判されても大丈夫なメンタルタフネスを保てるような方法論を考えるのが宮内庁の仕事のはずだ。

メンタルタフネスなどという言葉を使うと、心臓に毛の生えた人間になるようなトレーニングでもさせるように思われるかもしれないが、コフート学派の精神分析の考え方では、打たれた際にきちんとフォローしたり、頼りにできるメンタルヘルスのプロフェッショナルを用意するということだ。雅子さまだって、おそらくは大野先生がその受け皿になっているから、いろいろと批判されても一定以上病状が悪くならないのだろう。

愛子さま問題にしても、宮内庁はいろいろな原因を外に求めて、愛子さまのメンタルヘルスを守る手立てをとっているように思えない。実際、雅子さまの大野先生にしても、小和田家の知り合いだったという話を聞いている。

宮内庁の役人がアホな上に皇室の人々の心の健康を考えないから、こんなことが頻発するのだろう。

ただ、そういうものがなくても、タフな人はタフだ。秋篠宮妃などはそんな印象を受けるし、あくまで伝聞だが(それでも学習院に子供を通わせている人からの一次情報だが)、娘さんは二人とも、相当メンタルにタフな人のようだ(これ以上は書けないが)。

宮内庁がしっかりしないのなら、元々タフな人をお妃にするしかないのだろうか?ただ、娘さんの噂話を聞く限り、タフすぎるのもどうかと思うし、その弟が同じくらいタフな天皇陛下になるというのも、ちょっと不安を感じてしまうのだが。


>ただ、そういうものがなくても、タフな人はタフだ。秋篠宮妃などはそんな印象を受けるし、あくまで伝聞だが(それでも学習院に子供を通わせている人からの一次情報だが)、娘さんは二人とも、相当メンタルにタフな人のようだ(これ以上は書けないが)。
宮内庁がしっかりしないのなら、元々タフな人をお妃にするしかないのだろうか?ただ、娘さんの噂話を聞く限り、タフすぎるのもどうかと思うし、その弟が同じくらいタフな天皇陛下になるというのも、ちょっと不安を感じてしまうのだが。


タフすぎるくらいタフってどういうことだろう・・・

まあ、列に並ばないで横入りするとかトイレの使い方が汚いとか同級生にとび蹴りをするとか同級生からカツアゲしたとか成績悪すぎて筆頭宮妃が学校から呼び出されたとか色々噂されていますね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

秋篠宮家は

タフなのはなくて、単に無神経なだけではないかと…。
思春期の女子なら、使用後のトイレが汚いなんて恥もいいとこです。
それに眞子さんが同級生にジャンピングキックしたとかいう噂も聞いたことがありますし、何というか姫ではなく素行不良のヤンキー娘が無理やり取り繕っているように見えます。

どこのDQNですか

学習院でのマコさんエピソード

・エレベーターやトイレの順番待ちに割り込んだ
・後ろから同級生を蹴り飛ばしてケタケタ笑って逃げた
・校内で鬼ごっこをして教室のドアを破壊した
・剥製を壊した
・マコさんが取り巻きを引き連れて歩くと周囲が怖がってサーッと道を空けた(これはカコさんだったかも?)

学習院でのカコさんエピソード

・自分が忘れ物をしたとき「わかってるよね?」と言って友人から物(体操着?)を巻き上げた
・「お爺様に言いつけてやる」が決めゼリフ
・フィギュアスケートも級友虐めを止めさせるために習わせたというウワサ
・男子部によく遊びに行っていた
・制服のスカートが誰よりも短いが教師も注意できなかった
・下品エロダンスを大勢の前で披露
・成績が悪くてキコさんが呼び出しを受けた
・学校を休んだり授業をサボることもよくあったらしい
・言葉遣いが悪かった
・級友カ○○ゲによる定○処分を食らったというウワサ
・なぜか学習院大内部進学が決まったのが卒業前ギリギリ
・学習院大も途中から講義をサボり単位を落として進級できず退学

一体どこのDQNなんでしょうか。「タフ」という表現は和田秀樹氏の最大限の「気遣い」だったように思えますね。

和田氏ブログのもう一つの記述

和田氏は、2013年9月13日のブログでも、

>私も、学習院に子供を通わせる親から、皇太子の弟君の娘の件で多少話を聴いたことがある

>事実かどうか確認できないが、取材くらいはすべきだとは思った

と記述しています。

この「皇太子の弟君の娘の件」で、「取材くらいはすべきだとは思った」というところを読んで、これはネット上で書き込みがあった佳子さんのカ〇アゲ停学のことだな、と当時思いました。
「取材すべきだ」というぐらいの事ですから。

一体、どれほど素行が悪いんでしょうかね。
この2013年のブログの場合、単に、「タフすぎる」なんていう程度のことじゃないようです。

さすがに悪行の具体的内容までは和田氏も書けなかったようですが・・・・。

それにしても、子供を学習院に通わせる知人から聞いた鯰家の娘についての話を、2度も言及するというのは、さすがに、黙っていられない、腹に据えかねる事実を知っている、ということなんでしょう。

学習院の保護者が全てを白日の下にさらすと、秋篠宮家は確実に崩壊するでしょうね。










スレチですが・・・

どうせなら、これも貼っておくれ


なんも分からなんクソガキがお医者さんごっこしてるのとはワケが違う

こんなのが皇位継承権を持ってるなんて日本の恥だお

神社の娘は、こんなの男と別れて正解だお






伝説の女装カラオケスナックに現れたその人は!

http://anarchist.seesaa.net/article/16757885.html

http://megalodon.jp/2015-0727-2242-57/anarchist.seesaa.net/article/16757885.html


川島君って男の子が、通い始めて、これは面白いってんで、義理のお兄さん、お姉さんの旦那さんに言ったわけでございます。

そのままでは殿下も面白くないだろうと言うんで、川島君が女装したんですね。

私もやりましたが、芸者さんの格好をするんでございます。
日本髪のカツラに着物を着て。
着物の下に付胸というのをするんですね。
オッパイがこしらえてあるんです。
触ると、本当のオッパイのように柔らかくて、マシュマロみたいな感触なんでございますね。
イヤラシイことに、オッパイの膨らみのところにキスマークなんかもついているんですね。
これも、あんまりソックリなものですから、誰でも胸をはだけて揉みたくなるんです。

殿下も当然、胸をはだけて川島君の偽のオッパイ、付胸を揉んだんですね。

あの川島君が女装したら、お姉さんそっくりになっちゃったんですね。お姉さんソックリのオッパイを殿下が揉み揉みしているんですよ。






秋篠さんは変態だおwwwww

秋篠さんの義弟も変態だおwwwww





スレチですが・・・

どうせなら、これも貼っておくれ


なんも分からなんクソガキがお医者さんごっこしてるのとはワケが違う

こんなのが皇位継承権を持ってるなんて日本の恥だお

神社の娘は、こんなの男と別れて正解だお






伝説の女装カラオケスナックに現れたその人は!

http://anarchist.seesaa.net/article/16757885.html

http://megalodon.jp/2015-0727-2242-57/anarchist.seesaa.net/article/16757885.html


秋篠さんは変態だおwwwww

秋篠さんの義弟も変態だおwwwww





半端

昔昔。暴走族と言う不良軍団がいた。
中でもブラックエンペラー←おやまぁー。
の総長は不良品の著者。うかじつよしさん

うかじさんはエライ。少年院へ差し入れられたチャップリンの本に感激して役者になった。志しを持った。悪い人が良い人にシフトすると。とてつもなく善人になるそうだ。ベクトルが違う方向に行くだけ。

メトロノームみたいな感じだ。
うかじつよしさんは半端ねぇ総長だった。

ところで土産を見よう。
不良品としても半端だ。
タンクトップ着たり。ムカつくと
言ったり。トイレが汚い?本物になれねぇ
何でも中途半端だよ。デブ夫人とやらが
おかしな署名運動してるようだがな。
「おトイレが汚い?ありえません事よ」
そう思わ無いのか?土台日本国籍が無い。
そんな女になびくアンチども。

あるお寺の女中さんと話した事がある。
住職の娘がある廃棄物を出しっぱなし。
と嘆いていた。土産の娘はどんだけ酷いのか?不良品じゃないな。廃棄品だよ。

タフすぎるくらいタフ、かぁ

タフというよりも、彼女達は「あたしを誰だと思ってんの」この言葉に尽きる気がします。

黒田夫人が子供の頃「お祖父様に言いつけてやる」みたいなことをいじめっ子に言ったんですよね。
黒田夫人は「″あたし″を誰だと思ってんの」ではなく「″お祖父様″に言いつけてやる」。
少なくとも自分より偉い人がいる事がわかっていたからこそ、咄嗟に「お祖父様」が出たのでしょう。
ところがタフすぎるくらいタフと言われた彼女達は「あたし」自身が偉いと思っていないと出ない言葉で威嚇。
皇族という身分=偉いと勘違いしてるから、だから何を言われても何かされても平気なのでは?

サーヤがましに見える。

紀宮は同級生にいじめられて、おじいさまに言いつけてやる~と、泣いたんですよ。
私は、ちょっと可愛いなと思いました。

私を誰だと思っているの!

礼宮も言ったそうですよ。
僕を誰だと思っているんですか?
つまり、そう言う家庭なんですねえ。あのショーライの天皇とやらは、お茶の水女子大附属幼稚園に定員外の入園をしているし。横入り好きで、皇族特権大好きですか。

一家で底意地が悪い

私を誰だと思っているの?とばかりに横入りしてエレベーターに乗り込んだ。
確か週刊誌はこんな書き方をしていたような。

鯰が皇太子殿下を貶めるのが好きで、もう、結婚出来ないだろうとバカにし、(会見でも30までに結婚出来れば上出来とぬかした)将来はマコ天だと内輪で盛り上がっていたのでしょ?
天がマコ天でいいじゃないか発言をしていると、さり気なく書かれた事がありましたよね?
私は将来女帝になる!そう勘違いして育ったからこその上から目線だと思います。
正月映像で愛子様を見つめるマコドンの表情、こいつさえ居なければ私が・・・、という暗い顔つきも忘れられません。

そう言えばキコさんも式の最中、雅子様を物凄い顔で睨んでましたね。
眩しくて眉間に皺を寄せて目を凝らしてるの?と思ったら、隣のサーヤはそんな事なくて。
家族揃っておお怖い!!
タフとは、被害者ではなく加害者側という意味だと思っています。

これ以上捨てる物が無いヒット―宮家

https://twitter.com/Volhomort/status/626293371825315840
佳 子様のお婿様はヘ…ヘンリー王子で…。(超小声

カコちんが心優しく知性あふれる、お美しい姫でヘンリー皇子と出逢い、ラブラブになってケーコンと至ったとして・・・
残念ですが、ヘンリー王子はロイヤルを離脱しなければなりません

アンチは何も知らないのねw

今のカコちんはヘンリー王子のおめがねには絣もしません

ウソだ!

私は神谷美恵子先生の最晩年にたまたま何度かお話を伺ったことがあります。まだ子どもだったし話の内容もよくわからなかったのですが、後で友人が神谷先生はとても凄い人だよと教えてくれました。精神科医として美智子さんのお相手をしたのは知っていたのですが。

その後、礼宮が喪中婚約をした時、新聞にさかんに

『こころの旅』(神谷美恵子著)紀子様の愛読書

と宣伝されていました。当時私は「へえー!紀子さんはなんだか美智子さんに似てるなぁ」と思いました。

しかし紀子さんの実態を知った今、ウソだ!ウソだ!ウソだ!と叫びたい。自分に都合がよい所だけつまみ読みでもしたのか?

皇室に嫁ぐのを国民に納得させるためのキャンペーンのひとつで、紀子さんのお父さんが考えた策略かな?なんて思います。

神谷先生は私心がなく、志が高く、人や物事に非常に深い心で対されたと思います。神谷先生のことを調べているうち、こんなに頭のいい人がいるのかとため息をついたくらいです。私の人生で出逢った世界で最も頭のよい女性二人のうちの一人なんです。(もう一人は雅子さま)

東宮ご一家応援サイトのおかげで、皇室についてずっと思い込んでいたことや騙されていたことが次々明らかになっていくのが嬉しいです。

あともう少し頑張らなくちゃ。

紀子さんの皇室入り大作戦  沖縄編

紀子さんの皇室入り大作戦は、「神谷美恵子さん」だけじゃありませんよ。
わりと有名な話でご存知の方も多いと思いますが、今上夫妻に気に入られようと、大学時代から、「沖縄関連」にもしっかり触手を伸ばしてます。

琉球文化・沖縄学の第一人者で、今上夫妻に何度も進講していた外間守善という学者がいました。
法政大学の教授でしたが、一時期、学習院大にも講座をもっていて、そこに、どうしても受講したいとやってきたのが紀子さんでした。

この外間氏の講座は、心理学科の学生は履修できない規則になっていたものを、紀子さんは涙ながらに外間氏に頼み込み、特別に履修が許可されたそうです。
(このくだりは、作家の坪内祐三氏のエッセイにも出てきます。)

おそらく紀子さんは、外間氏と今上夫妻が極めて懇意であることを、当時の礼宮から聞いて、こういう行動に出たのでしょう。
そのほか、外間氏の法政大学でのカリキュラムに参加して沖縄に行ったり、わざわざ琉球舞踊まで習っていたそうです。

私はずいぶん以前に、研究職に就いている知人から(又聞きですが)、この時の経緯について、「(天皇皇后に)気に入られるために、なりふり構わずだったらしいよ」と聞きました。

この今上夫妻昵懇の沖縄学の権威と「泣き落とし」でお近づきになったこと、そして神谷美恵子氏の「こころの旅」を愛読書に挙げていること、どうにかして今上夫妻との共通の話題を持ちたいと必死なのがよくわかります。

ちょっと、ゾッとしてしまいますね。ものすごい思い込み、執念を感じます。
こういうのを、今上夫妻は「けなげ」だとでも思ったのでしょうか?
大学以前から、皇室入りを一家をあげて目論んでいたというのは、あながち間違いではないのかもしれませんね。
いろいろ父親のアドバイスもあったのかもしれません。

また、裏を返せば、到底皇室になど嫁げるような家庭ではなく、お妃候補になどなれるはずもないことを、本人が一番よくわかっていたということでしょう。
それに、ここまでしないといけないという事は、当初は、美智子さんからも全く認められていなかったという事の証左でもあるでしょう。
しかし、結果として籠絡されてしまう今上夫妻も、本当に愚か者ですね。

沖縄の問題は、米軍上陸の悲劇や戦後の占領もさることながら、その後の米軍駐留継続について、占領下当時の昭和天皇の意向が強く作用していたことが、昨今、学問上、明らかになりつつあります。

現在の皇族が軽々に発言したり、贖罪のポーズをとりつつ自己アピールに利用していいような、そんなお手軽で簡単な問題ではないはずです。
実際、今上夫妻と鯰家以外の他の皇族は、誰もそんな軽はずみなことをしていません。

紀子さんにとって、回数を競うだけの「公務」も、「沖縄」も「神谷美恵子さん」も、今上や美智子さんに気に入られるため、そして自分の立場をよくするための単なる道具にすぎません。実際、うまく真似して、うまく活用しています。

紀子さんってつくづく恐ろしい人ですよね、結婚する為にここまでやるなら(ここに書いた以上の恐ろしいことも数回やってのけたというもっぱらの噂ですが)、あとはもう何でもやるでしょう。

現に、その後、「目的の為なら手段を選ばず」を地で行くようなことを、全国民の目の前で堂々とやってのけましたからね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR