4歳の心優しきプリンセス

今日、桜木町に行ったらゆかたのおにいさんおねえさんであふれかえっていました。

花火大会です。

みんな暑いのによく浴衣なんか着れるなーと若さが羨ましかった。

さて、皇太子殿下の誕生日会見を見ていたら敬宮さまのエピソードがありました。

平成18年2月21日東宮御所

私たちや周囲への心遣いもかいま見ることがあります。雅子が昨年の12月の誕生日の夕方に風邪で寝込んだ時も,その前に自分が風邪をひいたときによくしてもらったので,という意味のことを言って雅子の寝室にバースデーケーキを持って見舞いに行ったり,「こどもの城」で,年下のお子さんに「愛ちゃんができないときにだれだれちゃんがしてくれたから」と言いながら手を貸したりすることがあるようです。ちなみに,今年の元旦に御所に上がる折に,門の所で一般の方や記者の皆さんが立っているのを見て「みんな寒い所で立っているからわんちゃんの手を振ってあげるの」と言っていたようです。

優しいなー。

この頃って雅子さまの体調がめちゃくちゃ悪かった時ですよね。

雅子さまの誕生日に枕元に「お母様 誕生日おめでとう」とケーキを持ってお見舞いをされたり、

年下の子にお姉さんとして優しくしたり、

お母様をバッシングしていた記者たちを気遣ったり。

優しいな。

4歳の頃の敬宮さま↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

春宮さま

へカテーさま

内親王のあるべき御姿。
愛子さまのご成長を拝見させて頂きますと私が物心ついてから。内親王とはかくあるお方。とお恐れながら。その様に拝察する次第でございます。

皇室の内親王様と言えば黒田夫人しか知りませんでしたので(・ω・)おしゃれに興味無くその辺の同年代の女の子より地味にして無いと行けないんだ。お労しい。質素を尊しとするのね。皇族ってお気の毒。と同情するものの。ミッチー←皇太子妃のニックネームミッチー。はすっぱ。娘を脇におく贅沢ざんまいには一向に気付けませんでした

さて。愛子さま。雅子さまはいつも愛子さまへお似合いのお召し物をお選びになられ
中でも特に感心致しますのは髪を三つ編みですとか可愛い髪飾りでまとめておられる事です。雅子さまの深い母性の賜物。

皇太子ご一家母性父性。優しさ穏やかさ。
そのご両親の源ですくすくとお育ちの
愛子さま。台覧相撲の実況中継のアナウンサーがもう、嬉しくてたまらない!
そんな想いがひしひし伝わって来ます。
周りの観戦者の方々もお喜びMAX

私の旧知の仙人←その道で知らぬモノはいない。全国区の超感覚の老人。が教えてくださいました。女には二種類いるそうです
子供を育てられる人。育てられない人。
育てられる方は何方で育てら無かった人は誰?なのか。火を見るよりも明らかです。

春宮さま(東宮の別名)への対抗心でしょうか?秋宮。ないものねだり。困りますね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR