やっぱり秋篠さんちが間違っていた

図書館から『「食」の自叙伝』という本を借りました。

いろんな著名人の声を収録した本です。

インタビューに答えた方の中に高円宮さまがいらっしゃいます。

それを読むと「秋篠さんちがやっぱり間違っている」と思いました。

①出されたものは全部食べる

私がごく小さい頃は、父(三笠宮崇仁親王)の躾が厳しかったんです。ですから食事のマナーについても非常にうるさく、出されたものや、自分が皿にとったものは必ず食べる―当り前の話ですけれども、それから口にもいのを入れながらしゃべったりしない、あるいは口を開けて嚼なまいというようなことにも非常に厳しかった。

秋篠さんちの売出し中の次女
公務先の夕食のステーキを残したことが話題になる。
マスコミは「年頃の女の子だから体重を気にされてるんですよね。かわいい」と褒めていた。

②未成年皇族は宮中行事に出ちゃだめ

自分が皇族のひとりなんだということに気づき始めたのは、初等科の4,5年の頃でしょうね。行事的な面から言いますと、本来、未成年の皇族と成年皇族とでは相当厳格に区別されるんです。それまでは100のうちの5でいいところが、20歳になると突然資格ができて、一人前に振る舞わなきゃいけない。ですからもちろん宮中行事にも地方の公式行事にも子供は出られません。

桂宮さまが薨去されてすぐに坊やと佳子ちんを連れて弔問に駆け付けたでしょ。
弔問も宮中行事の一つなんじゃない?
それを考えると子どもを連れてった秋篠さんちが間違っている。
「敬宮さまを連れて行かなかった」と叩くのは間違い。
皇太子ご夫妻の方が正解

あ、ちなみに敬宮さまが去年インターハイの女子サッカーの試合を観戦されましたが、あれは「社会見学」で半公式行事だからOKね。高円宮さまはこう仰っています。
「昭和30年代後半には、日本もそれから我が家にも経済的に多少余裕が出てきたから、地方の比較的ゆるやかな感じの催しに、「社会見学」という意味で両親が連れて行ってくれたんです。そういう半公式行事のときに、大人の、しかもかなり地位のある方が子供の私を丁重に扱ってくださるわけですよね。「ことによると、自分はちょっと違うのではないか」と、徐々に理解できて、両親の行動を横から見ることで、大人の皇族というのは何であるかということを、何も言わないで見せる教育ができるいい時代になったんです」

③忙しくてもアピールしない

大体私は、あまり選り好みをしたくないので、先着順に予定を入れちゃいます。たまたまこの日は朝から晩まで予定が入っていないというのは年に2日か3日ぐらいでしょうか。身体を使うわけでもないから、別に疲労するというような類の仕事ではないですけれどもね。

秋篠さんちって「うちはめっちゃ忙しい」アピールをしますが、スケジュールを見ると実はそれほどきつくはありません。
皇太子ご夫妻はめちゃくちゃ事前に予習をされてから公務に出かけられます。
秋篠さんちはご存知の通り予習なしでご公務に出かけています。
父ちゃん→「ペンギンに個体差はありますか?」
母ちゃん→「工業団地にはどんな人が住んでいますか?」
次女→「伊勢神宮で逆さ玉串奉奠」&「安徳天皇って何歳で死んだんですか?」

三笠宮さまは秋篠さんちをよく思ってないだろうね。
だってやってることが三笠宮家の流儀と正反対だもん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この一家は、全てにおいて取り繕う感が半端ないんだけど…
やはり、親の躾、教育かしら?
なんか、スマートじゃないんだ。
キコさんなんか、おデコに青筋たてて必死だしね。

食器の中のものは全て食べる

「食器の中のものは全て食べる」
これが皇族の基本姿勢です。
身位が上にゆけばゆくほど厳しくなり、昭和天皇が柏餅の柏の葉っぱまで召し上がられたのは有名なエピソードです。
海外での食事で「あれイヤ、これイヤ」では相手国に失礼だからです。
浩宮さんも小さな頃、苦手な生野菜を泣きながら召し上がりました。
しかしながら、カコ内親王は傍系宮家の次女。いずれ民間人になるわけで、好き嫌い言っても構わないでしょう。

No title

成年皇族と未成年皇族の立場が厳格に分けられているのは、お正月の儀式や両陛下のお誕生日の儀式が非常にわかりやすいと思います。
成年皇族と未成年皇族できちんと分けられていますよ。

昔は、一般の家庭でも大人の集まりに子供は出るものじゃないと言われていたと思います。
お通夜や葬儀なんかは今もそうですよね。
ごく近しい間柄や預け先がない場合は別でしょうが、そうでなければ一般人でも子連れは遠慮すると思います。

筆頭宮家が全員で出かけた桂宮さまのお通夜。
秋篠宮から見ても「父親のいとこ」という遠い関係です。
特に親しかったという話も聞きませんしね。
秋篠宮が憧れていたらしい寛仁親王の時は連れて行っていませんよね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR