約600人が出迎え!須崎御用邸で皇太子ご一家がご静養

どうもCSIマイアミがマイブームのヘカテ―です。

3年前までよく見ていましたが、

DLIFEでやってたのを見てまた見始めました。

と言ってもヘカテ―が好きなのはウルフが登場する前のシーズン2までです。

というわけで今日はヘカテーを捜査官とでも呼んでください。

もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

皇太子御一家が須崎御用邸で静養されるために下田に到着されました!

20eac8f24dffdee3221d79d67878389f.png


皇太子ご一家、下田の須崎御用邸で静養

日本テレビ系(NNN) 8月11日(火)18時45分配信
皇太子ご一家は11日から須崎御用邸(静岡県下田市)で静養される。

皇太子さまと雅子さま、長女の愛子さまは11日午後、伊豆急下田駅に到着され、駅では約600人が出迎えた。愛子さまの日焼けについて聞かれた雅子さまが「学校の行事で沼津へ」と答えるなど、駅で10分以上会話を楽しまれた。

ご一家の夏の須崎御用邸でのご静養は、近年、恒例となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150811-00000056-nnn-soci

6a709e7444819f3470bc787e4c69be6e.png

ツィッターにUPされた東京駅での写真
CMGXbygUEAELhUq.jpg

青系でまとめられたファッションで実に涼しそうですね。

しかし、ヘカテ―捜査官的に気になったのがこのフレーズ

>駅では約600人が出迎えた

下田市民めちゃくちゃ正直だ!

美智子さまの東大での検査の時なんて「数人が集まった」と報じられました。

6人としたらその100倍だぜ!

しかもこれ駅での出迎えだよね。

沿道の人も含めたらもっといるんじゃないかな?

下田市民、おそろしい子!

1週間のご滞在の予定とのこと。


ちなみに那須の住人の高久甲さまよりこんなコメントを頂戴しました。

今上は那須が嫌いなのだから、今上も美智子皇后も嫌いなのを我慢してまで来るのは止めて下さい。
那須の御用邸で静養なんて、とんでもない。


やっぱり嫌われてますね。

皇太子ご一家は今年は那須へお見えになるのかな?

去年は広島の災害で中止となりました。

2年ぶりの那須ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

温かい奉迎に感動

皇太子ご一家、今日から一週間、須崎御用邸でご静養ですね。内廷皇族となると、宮家皇族と異なり、厳重な警備になってしまうので、好きな所に旅行するというのは、やはり難しいのでしょうね。

何やともあれ、今年の上半期は東宮御所での公務に加え、震災復興関係やトンガご訪問、沖縄豆記者とのご接見、その他お出ましなど、ご多忙の日々が続いておりましたので、是非、敬宮さまとともにゆっくりご静養して頂きたいです。

それにしても、平日であるにも関わらず、駅でのお出迎えが約600人とは物凄い奉迎ぶりでしたね。お年寄りの方も若い方も、多くの方がお出迎えして下さって、私自身も嬉しいです。毎日新聞の記事を読みましたら、敬宮さまが90歳のおじいさんに「お元気で」と声をかけられたそうです。おじいさん、きっと嬉しかったと思いますよ。


そして、本日は常陸宮さまが無事に退院されたそうで、大変安堵いたしました。毎年の新年一般参賀で、お隣にいらっしゃる常陸宮さまと華子さまが雅子さまと笑顔で話されるお姿を見て、いつもほのぼのします。NHKニュースによれば、常陸宮さまは来週から2週間、華子さまとともに、「那須」でご静養されるそうですので、ゆっくりお身体を休めて頂きたいです。

田舎です

那須郡那須町は近年多少拓けて来ましたが田舎です。
扇屋さんは「まぐそまんじゅう屋」と呼ばれてました。
今上は、那須が田舎だから嫌いだそうです。
昭和天皇は、たぶん田舎だから好いてくださったのだと思います。巨大カボチャを献上すると、こんなに大きいカボチャができるのですかと非常に喜ばれ、鮎釣りやキノコ狩りを楽しまれました。
公式記録には、那須でのご静養は「戦時につき取り止め」となっておりますが、実はお成りでした。たとえ数日でもお成りでした。
私の身内がカスリの着物に三尺を巻き付け、麦わら帽子にズック靴の子供だった戦前(もちろん坊主頭です)、その子供に案内をさせて、おひとりで鮎釣りをされました。こんなことを書いていいのかわからないけど、陛下は独り言のように、停戦の詔勅を書くと東条英機が目の前で破り捨てる。百枚書いたら百枚破り捨てる。そうおっしゃったそうです。
戦前の田舎の子供は困って、ただ(親より陛下のほうが好きだ)と思ったそうです。

愛子様のワンピース姿

愛子様はお小さい時から、お出ましの際、ワンピースをお召しの確率がとても高いです。

外出着とはいえ、ワンピースは子供の略礼装でもあり、愛子様が国民の前にお出ましになる際の服装を、雅子様がいろいろ配慮なさっていることがよくわかります。

昨今、あまり子供にワンピースを着せなくなった感がありますが、愛子様は伝統的で女の子らしいワンピース姿が多く、いつも楽しみにしています。

またいつか、時間のある時に、「愛子様のワンピースコレクション」をお願いします。

高久甲様

>今上は那須が嫌いなのだから、今上も美智子皇后も嫌いなのを我>.慢してまで来るのは止めて下さい。
>那須の御用邸で静養なんて、とんでもない。

わかっております、高久甲様。
”那須の御用邸でごゆっくりご静養ください”とコメントしたのは、もちろん皮肉です。(それも最大級の)
昔、近所のおばあちゃんから教わったんです。
「喧嘩のコツはね、笑いながら相手を殴ることよ」って。
でも、私のコメントでご気分を害されたのなら申し訳ありません。

やっぱり美智子さんは当て付けがお好き

皇太子ご一家、相変わらず大変な人気ですねー!ご一家の服装も爽やかな色合いで素敵です。
うーん、美智子さんが「アタクシ体調悪いの!病気なの!でもアタクシは公務を頑張ってるの!」というアピールを今になってしているのは、静養に向かう皇太子ご一家への当て付けだったんでしょうかね。皇太子ご一家の静養があることを知ってその直前に大騒ぎしたのなら、ああ美智子さんらしいや(呆)と思います。

しかし美智子さん、結局は「別に軽症ですが?まー加齢からくるものでしょう、胸の痛みの原因は分かりませんねー」という診断しか下らなかったようですが…その後も予定通り出歩いてるようだし、元気なんでしょ?じゃあ放置すりゃいい(笑)

自分も出迎えしたいわ(*´Д`)

こういったニュースを見ると本当にうれしいですよね。
600人かー。那須の方々はみんな皇太子ご一家ファンなのですね。

3人ともお揃いの青色ファッションですね。本当に仲がいいんだな。
雅子様も最近明るいファッションが多くなったし、愛子様もいつも清楚なお嬢様なお召し物で素晴らしいですね。おい、誰だ。愛子様が佳子様のようなファッションがしたいと思ってるとか言ったヤツ。

>今上は那須が嫌いなのだから、今上も美智子皇后も嫌いなのを我慢してまで来るのは止めて下さい。
那須の御用邸で静養なんて、とんでもない。

(笑)言われちゃってるよ。
那須の方はみんな両陛下は出禁にしてほしいと思っていらっしゃるのですね。
美智子様は特に皇太子ご一家が多くの那須の方々に出迎えられていることを羨ましく思っていらっしゃるでしょうね。

>敬宮さまが90歳のおじいさんに「お元気で」と声をかけられたそうです。おじいさん、きっと嬉しかったと思いますよ。

さすが、我らが愛子様。本当に心のお優しい方だなぁ。私がそのおじいさんなら感動して泣くわ。
静養のニュースを見るたびに愛子様のご成長がわかるからいいですよね。

完全否定はしませんけれど

>内廷皇族となると、宮家皇族と異なり、厳重な警備になってしまうので、好きな所に旅行するというのは、やはり難しいのでしょうね。

昭和の皇太子ご一家は民間ホテルを借り切って好きな軽井沢に長期滞在していましたし、「やがて降嫁するから」というよく分からない理由で母娘ふたり旅なんかをしていましたから、それぞれのお考えによるのではないでしょうか。
前にも書いた気がしますが、豊かで贅沢な時間の過ごし方をされているのは、昭和より平成の皇太子ご一家だと思います。

最敬礼

皇太子殿下と同じ歳の私。
愛子内親王殿下と同年代の息子。
そんな今時の中学生に。
敬宮さまのお話をしました。
お生まれになる前から現在迄
簡潔な内容でしたが。

息子は即座に最敬礼を致しました。

最敬礼をする息子を見たのは
初めての事です。




敬宮様のバッグ

初めまして、まゆ玉と申します。
白とブルーでまとめられたファッションさわやかですね。
敬宮様のバッグ、とても素敵ですね。
ショルダーにもなり、ハンドバッグにもなり
本や勉強道具なども入りそうです。
画面が鮮明でないのでよくわからないのですが
またバッグが素敵~と評判になりそうです。
グッチのバッグも素敵でした。
質の高い生活用品を身につけて、大切に扱うことは大切ですね。

ヒドイ母だった美智子さん

こういう画像を見るたびに思い出されるのが、昭和の皇太子妃とその一人娘です。

軽井沢などへの避暑地におもむく際にも、美智子さんは、それはそれは華やかに着飾り、大きな飾りのついたお帽子なんかをかぶって、今見ると何事かと思うような格好の時代がありました。
しかし、その傍らの、当時小学生ぐらいの紀宮ときたら、我々一般人の子供が普段着に着ているような、平凡で質素な格好でした(二人の兄宮も同様で、普段着にあまり配慮していなかった感じ)。

たまたまそういう服装の時だけが印象に残ってるのかもしれませんが、結構、母と娘のドレスコードに大きな差があることが多かったです。

「自分ばっかり綺麗にして・・・」とよく私たちの母親世代にも言われてましたよ。

紀宮は髪もいつもボサボサで、結わえたり編み込んだりなんて全くなかったです。
小さい時は、くしけずって地肌が見えるような頭、少女期は、単にカットしただけのザンギリ。
その上、清潔感なんて微塵もありませんでした。

母親にとても手をかけてもらっていると一目でわかる愛子様の出で立ちを見ると、逆に、昭和の気の毒な紀宮を思い出してしまいます。

皇太子殿下も、独身時代、礼装以外のプライベートでは2本しかネクタイをもってなかったそうですしね。

ホント、母親としての美智子さんって酷かったですよ。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR