浜尾さん>両陛下遊んでないで災害現場へもお飛びください

ここにいる方はご存知の浜尾実さん




浩宮さまを育てた東宮侍従です。

幼い頃の浩宮さまの写真を見ると高い確率で浜尾さんが映っています。

「美智子資料館」を見ていたらちょっと気になることを見つけました。

『女性自身 2007.05.08-15』「シリーズ人間No.1850 」
(以下黒文字の引用部分は女性自身からの引用である)

浜尾さんは平成になったばかりの頃にこんな文章を『週刊朝日』に寄せました。

《元東宮侍従、浜尾実氏の苦言『新天皇陛下、災害現場へもお飛びください』》
それは昭和60年夏の日航ジャンボジェット機の墜落事故や、61年の三原山噴火のとき、 両陛下が軽井沢でご静養なさっていたり、横浜でテニスを楽しまれていたことを挙げ、両陛下にはそんなときこそ被災地に向かわれていただきたいという趣旨の苦言だった。


グハハハハハ、浜尾さん強烈なパンチだ!

側で見てたからよくご存知だからね。

浜尾さんはこれが掲載される前に誤謬がないようにと便箋8枚で同じ内容を書いた手紙を侍従を通して今上陛下に送りました。

お返事などいただけるとは思ってもいませんでしたが、翌日、侍従を通じて“陛下が浜尾さんにお礼を申し上げてほしいとおっしゃっている”という電話をいただいたときは、陛下がおわかりくださったのだと恐縮、感激の思いを昧わったものです」

甘いよ、浜尾さん。
テレビと雑誌をめちゃくちゃ気にする美智子さまと今上陛下が理解するわけないじゃない。
「浜尾の奴、絶対許さない」と両陛下は恨みました。

が、宮内庁の反応は冷ややかなものだったという。それまで毎年、浩宮さまのお誕生日のお祝いのお茶会に、旧奉仕者の一人として招かれていた浜尾さんに、あるときからお招きの知らせがぷっつりと途絶えたのである。

分かりやすい!
笑っちゃうぐらい分かり易い!
「アイツ、ムカつくからハブろうぜ」という中学生レベルの反応ですね。
こういうことをするから、「両陛下を常に讃えないと自分がいじめられる」と恐れるようになった。
ソ連と北朝鮮を笑えないよ。

あるとき、浜尾さんは宮内庁の女官長から呼び出された。ホテルのラウンジで対座すると、女官長は膝元のメモに視線を落としながら言った。
「浜尾さん、この前、週刊誌にお話になったことはちょっと違っていませんか」
言葉遣いは丁寧だが、その口ぶりは批判的だった。女官長といえば、美智子さまのお側にいてお世話をする女官たちの長である。浜尾さんがマスコミに語るご一家の素顔は時として誇張され、苦言も批判と受け取られがちだったが、そのことにもっとも敏感に反応したのが、皇室と宮内庁だった。


脅迫じゃないのこれ?
言論弾圧じゃん。

浜尾さんがかわいそうに見えてきたよ。

ただ、浜尾さんには悪いけど日航機墜落事故や三原山の噴火の時に現場に皇族が来ても大迷惑なだけですよ。

この浜尾さんの進言を聞いた陛下は現場に顔を出して被災者に迷惑をかける行為をするようになりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうです、これですよ

おかげで、浜尾さんにあてつけるように慰霊だ、慰問だって飛び回るようになっちゃった。
錦の御旗みたいになっちゃったんです。
相手は思ってても「迷惑だ」なんて言わずに「ありがたや」って言うから、それも気分がいいんだと思います。
何しろ、被災者が立ち上がろうとする姿が、自分の慰めになるお方たちですから。

皇太子さまの浜尾さんの葬儀への出席もストップがかかったんだと思っています。

この記事覚えています

君子は先憂後楽
なぜ御巣鷹のすぐ近くにいるのに、かけつけて遺族を、自衛隊を、検死の医師たちを励まさないと非難してたような

今思えば、もちろん皇族に来られても迷惑。せめてお言葉だけで良かった。
でも浜尾さんもそう言いたくなるほど、被害者を悼むでなくテニス三昧でなかったのか。
平成になっての美智子皇后バッシングも「両陛下はあまりに快楽的」と叩かれた。
「だれかが内部事情を漏らした。関係者しか知らないエピがたくさんある」と言われてた。少なくとも捏造ではなかった。
近くに仕える人たち、不満がたまっていたと思う。

本来、上の身分の人に物申してはいけないはず。それを敢えて苦言を呈してくれた人に感謝せず、露骨にはぶった。
何という判りやすい子供っぽい人だろう。
やっと生まれた男児、それだけで皇室ではどんな聡明な姉上より身位が上になり甘やかされ放題。
そんな育て方が如何に人をスポイルするか、いまωくんで再現されつつある。
そして自分が言われたことを、真面目すぎるほど真面目な息子夫婦になすりつけている。耳に覚えのあることだから、嘘でもすらすら出てくる。
こんな御代、早く終わってほしい…

浜尾さんの思いは

自愛アピールではなくて、
相手の立場にたった行動です。

浜尾さんも伝えたいことが間違った解釈をされて
辛いでしょうね。

ふつうの国民でもわかることが
アンチ東宮やリョーヘーカ、秋篠宮にはわからないのです。

学校の基礎学力すらおぼつかないヒタットを
戦争ゴコームに連れ回す危うさを
理解できない秋篠宮…。

浜尾さんが生きていらしたら頭を抱えていたでしょうね。

東宮ご一家には浜尾さんの思いがきちんと伝わってるのが救いです。


一体どういう心理?

私は天皇皇后の心理がよく分かりません。
浜尾さんに「遊んでばかりいないで慰問に行くべきです」と言われたことを根に持ってるのなら、浜尾さんの言うことなど無視して遊べばいいじゃありませんか。なぜ今になってムキになって(地元に迷惑をかけてまで)慰問に行きまくってるんでしょうか?浜尾さんの忠告に耳を傾けておきながら晩年の浜尾さんを排除?一体何がしたいんでしょうか?

つまり、こういうことなんでしょうか。
「あの浜尾に偉そうに説教されたのはムカつくしあんな男排除してやるけど、慰問に行ったら被災者から有り難いと思ってもらえるしマスコミにも大々的に報じてもらえるし皇太子夫妻を叩く口実にもなるし、案外慰問っておいしいじゃん、だから浜尾はムカつくけど慰問の良いとこどりはさせてもらうわ」という心理なんでしょうか。よくわかりません。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR