8月20日に美智子さまはコンサートを見に行きます!

お疲レンダー!日めくりぺりぺり~

今日の甲子園見た?

東海大相模と埼玉の学校がいい勝負してましたね。

お仕事でお疲れちゃんなヘカテ―は高校生の青春パワーが欲しいです。

さて、世の中には高校生のパワーをもらわなくてもへっちゃらなバアチャンがいますね。

昨日の記事で「なんか両陛下はまたどこかへ行くみたい」と書きました。

もしかしたら朝日の皇室7DAYSに載ってるかもと思いましてチェックしたら

皇后陛下 東京オペラシティコンサートホール被災地支援音楽交流事業 福島青年管弦楽団コンサート(後半) 御鑑賞

と書いてあった。

本当にお元気ですね(棒読み)

しかしこれって行く意味あるのか?

ご鑑賞って言ってるけど、どう考えても私的なお出かけです。

これにも多額の税金が使われています。

そして新しい洋服も作られます。

良子さまはこんなに歩き回ってなかったよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

草津へ行く言い訳にするんだろうね。

満身創痍の命がけでコンサート鑑賞するほど、音楽を愛しているの。

音楽を愛しているから草津へ行くのは当然なのよ。

ワガママ婆の徘徊だわ。

心筋虚血以外にもアピールできることはたくさんあるの

満身創痍のゴコームを行うミテコさんの症状は
もっと深刻のようです。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150817-00010002-shincho-soci

今年81歳になられる美智子さ まが抱えるご不調は、なにも“心筋虚 血”ばかりではない。

「10年前から、皇后陛下は頸椎症性神経 根症を患われ、左肩から左腕にかけての 痛みに悩まれています」

と、宮内庁関係者が明かす。

「昨春には、その痛みのために人形浄瑠 璃文楽の鑑賞を取り止められました。当 然のことながら、体力の衰えも避けられ ず、最近ではお声がうまく出せないこと もあります。そういうとき、皇后陛下 は、“聞き取りづらいかもしれません が、心配なさらないでください”と、逆 に相手を気遣われる。本当にお声を出す のが辛いときは、筆談をされています。 それでも、ご自身の体調の不安は表に出 さず、びっしりと詰まったご公務を務め ておられるのです」

治療の第一が負担軽減であることに疑 問の余地はない。問題の所在がわかって いても対処できないところに悩み深い皇 室の姿が
あるのだ。

↑ここで問題です。「治療の第一が負担軽減であることに疑問の余地はないが、それに対処できないことが悩み」とありますが、対処できないのはなぜですか。

(回答例)
・本来公務ではない自愛アピール活動を公務にしたてあげ、出歩き回る高貴高齢者に対し、誰も苦言を呈することができないから。

・満身創痍の公務なんて、誰も求めていないことに高貴高齢者が気づいていないから。

・命懸け、満身創痍をアピールすることで、嫁がバッシングされることを高貴高齢者が楽しみにしているから。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR