高円宮妃久子さま静岡で全国少年少女草サッカー大会 を御観覧

オッス オラ エイリアンよばわりされたヘカテ―!

(「お疲レーシック 角膜ぺりぺり~」が気に入らない秋篠信者がお噂スレで「こんなバカなこと書く奴に秋篠宮家をとやかく言われたくない。書いてる奴はエイリアンだ」って書き込んでた。新宿二丁目で流行った挨拶だよ!)

静岡県民の方からこんな情報を頂戴しました。

高円宮妃殿下久子様が、清水までいらっしゃって、草サッカーを御覧になりました。わが県のNO1のシェアを誇る、静岡新聞に掲載されていました。試しにこの大会のホームページを開けましたが、高円宮様に関しての記事はなかなかでてきませんでした。サイト内検索で、ようやく、といったところ。チームの紹介の記事で、過去の話で載っているくらいでした。よくみたら、主催には朝日新聞が入っていました。ヘカテー様も一度ご覧ください。

ありが10匹!ありがとう!(大学時代の某教授の挨拶)

生れて初めて静岡新聞のHPを見たらスポーツニュース関連に「サッカー」というのが単独でどーんとあるんですね。

さすがサッカー王国

探してみたらありました。

久子さま


久子さまが観覧 全国少年少女草サッカー大会
(2014/8/19 08:53)

日本サッカー協会名誉総裁を務める高円宮妃久子さまが18日、第28回全国少年少女草サッカー大会(同協会など主催、静岡新聞社後援)が開かれている静岡市を訪れ、少年少女の試合を観覧された。
久子さまは宮竹小(同市駿河区)、清水ナショナルトレーニングセンター(同市清水区)、清水庵原小(同)の3会場を大会関係者とともに巡られた。このうち、清水ナショナルトレーニングセンターでは女子のミニカップ順位トーナメント戦をご覧になった。
スタンドから笑顔で選手を見守られ、終了後には全力プレーに拍手を送られた。


サッカーと言えば日本サッカー協会の名誉総裁が久子さまです。

もともと御夫君の高円宮さまが名誉総裁でしたが、

薨去されたため名誉総裁のポストが空きました。

これを狙ったのが「目立つことは好きだけど勉強するのはイヤ」な某宮家

マイナーなスポーツに比べればサッカーってめちゃくちゃ目立つじゃん。

真面目にサッカーのことを考えていないことを見抜いていたサッカー協会の人たちが

「あんなのが名誉総裁なんてごめんだ。久子さまに名誉総裁になっていただこう!」と決めました。

その後高円宮家をバッシングする記事が書かれるようになりました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

結局ロクに公務が増えてない秋篠宮家

秋篠宮家だけ、「秋篠宮杯」という名前のついた大会や賞が何もないんですよね。「秋篠宮家は平成に入ってからできた新興宮家だからそういうものがない」という理由ではないでしょう。すべてのジャンルのスポーツが、「秋篠宮杯」という名前が付けられるのを拒否しているように感じます。

だからこそ秋篠宮家は自分たちの名前をどこかに残したくてしょうがない感じがします。高円宮殿下が薨去されたときにサッカー関連の公務を狙っていたという話はもちろん、ヒゲの殿下や桂宮殿下が薨去されたときもお2人が担当していた公務を自分たちが横取りしようと狙ってたと思いますね。
典子元女王が千家家に降嫁する際も、キコ妃が「これから忙しくなるわ~」と言って典子さんの公務をマコカコさん用に狙ってたようですが、高円宮殿下、ヒゲ殿下、桂宮殿下の薨去の際もあのキコさんなら「これから忙しくなるわ~」と不謹慎なことを言ってたとしても不思議ではありません。

おそらくこういうキコさんや秋篠宮家のガツガツした下品さが忌避されたのか、秋篠宮家の公務があれから劇的に増えたという事実は起きなかったようですが。

久子さまが皇室にいらして本当に良かった

英語も仏語も堪能、センスが良くて、お子様を立派に育て、亡き宮様のあとを継いでスポーツ界の発展に貢献なさる久子さま、かっこ良すぎ!

本当に尊敬できるお方です。
お代替わりがあったら、新天皇皇后両陛下の相談役として、ますますご活躍なさるでしょうね。
その日が待ち童しい。

有名な大会ですよ

小学生の頃にこの大会に出場して、後にJリーガーになった選手も多いです。

で、どこぞの次男坊にサッカー協会の名誉総裁は無理です。
海外の方と接する機会も多いですし。
ふにゃふにゃと立たれたら恥ずかしいです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR