この方が北白川肇子さんです!

列外派で何度も出てきている北白川肇子さん

もしかしたら皆さまの中には

「って言うか北白川さんって誰?どんな人?」

という方もいらっしゃるかもしれない。

と言うことで初心に戻って北白川肇子さんを紹介しちゃうよー!

北白川肇子さん

(北白川肇子さんのお写真を見る限り、ぶっちゃけ美智子さまよりも魅力的な笑顔だよね。見るからに性格が良いことがわかるもん。)

北白川肇子さん
昭和14年11月生まれ。
旧皇族北白川宮家のご出身
お母様は尾張徳川家出身の北白川祥子さん
香淳皇后に長く仕えた女官長でした。
肇子さんのおばあさまは明治天皇の第七皇女
肇子さんの母方の祖父も侍従
そして常陸宮妃華子さまの従姉妹です。
(北白川祥子さんのお兄さんが華子さまのお父様)

肇子さんは11歳の頃から皇太子妃候補として注目されていました。

戦後臣籍降下してからも毎年元旦には皇居で昭和天皇香淳皇后明仁皇太子と御挨拶されていました。

当時学習院で学ばれていた肇子さんは初等科以来常に学年で1,2を争う程の優秀な成績。
また運動神経もぴか一でバレーボール、アイススケート、スキーなどがお得意でした。
「明朗闊達、お茶目な性格」。

当時のマスコミからも「皇太子妃として相応しさをもつ女性」として記事にされました。

『入江日記』にはこう書かれています。

小野君はもう北白川さんに決まつたといふ原稿の依頼。桐山君、清水君が来たがこれはまだ知らないらしい
(昭和32年11月29日)

小野君とは小野昇という読売新聞の記者です。

もう庶民にも北白川さんで決まりと思われていました。

北白川さんにほぼ決定して常磐会会長の松平信子さんも肩の荷がおりたことでしょう。

ところがどっこい。

小泉東宮参与、黒木東宮侍従らが水面下で正田美智子嬢を皇太子妃にしようと画策していました。

で、ギリギリまで反対しそうな女性陣には黙っておいて

もう引き返せなくなってから良子さまや皇族そして松平さんへ知らせました。

そりゃ怒るよ。

松平さんは面目丸つぶれだし、北白川肇子さんや北白川家の皆さまにも失礼だもの。

だから↓こう言ったんだよね。責任はあんたらにあるからね!って

高松宮妃も

まあ、頭と性格と根性が悪い明仁皇太子と結婚しない方が幸せだったかもしれません。

北白川肇子さんはその後、島津家の分家である侯爵家だった玉里島津家(単に玉里家とも呼ばれることもあります)の4代目当主島津忠廣氏とご結婚されます。

結婚式には双方の親戚である島津久永さんと島津貴子さん夫妻も招待されました。

肇子さんの娘さんの島津彩子さんは徳仁皇太子殿下の皇太子妃候補と騒がれました。

[広告] VPS


f1aac418807fcb53e8d0f67128b5687c.png

(島津彩子さんは平成元年に徳仁皇太子殿下の御学友とご結婚されました)


(肇子さんだけではありません。
同じく有力な明仁皇太子のお妃候補だった島津純子さんの娘さんは徳仁皇太子殿下の皇太子妃候補の波多野真理さん。
他にも、明仁皇太子のお妃候補だった伏見章子さんの御嬢さんは徳仁皇太子殿下のお妃候補となった草刈智子さんです。
上の動画に出ています。
そういえば雅子さまのお母上である優美子さんも皇太子妃候補の一人だったとか。(有力ではないでしょうが))

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おそれながら、申し上げます

より聡明な方ほど、
今上ヘーカとは距離を置き
より聡明でかつ、お美しい方を御迎えされた、徳仁皇太子殿下。


今に至って、こんなに差が出るものなんですね。
徳仁天皇陛下、雅子皇后陛下とお呼びする日を一日千秋の思いで待ってます。

酷い画策

誰だって怒りますよ、小泉さんや黒木さんたちのずるいやり方。きわめて派手で目立ちまくりで記者の煙草に火をつけるほどよく気がつく正田美智子さんにクラっとなったのだろうと思います。美しさは瞬く間に移ろってしまいましたが。

小泉さんは立派な本を書いていたので、きっと立派な人なんだろうと思っていましたが、正田美智子さんを皇太子妃に推していたのを知ってガッカリしました。黒木さんはああいうことになったし。

おかげさまで平成の皇室はこの通り真っ黒な御代となりました。

異質な昭和の皇太子妃

お妃候補の方々を見ると、正田美智子はかなり異質ですよね。
同じく「民間人」であった江頭優美子さんも、上流階級との繋がりが深い方です。
(しかし小和田さんと結婚されて本当によかった!明仁さんなんかと結婚したら、さぞかしお気の毒なことになっていたでしょう)。
戦前には既に華族階級の没落は始まっていたという話も聞きますし、手許に余裕のある平民と結婚している華族の人も多かったと思います。
正田家には上流階級との繋がりが全くない。
そりゃもう、どこの馬の骨だよ!?状態だったでしょう。
恐らく当時の人の感覚としては、例えば華子さまのような方が「お妃」のイメージにピッタリだったと思います。
異質な正田美智子の次男と長女は、ろくな結婚してませんね。
浩宮さまは両親から離されて正解でした。

旧皇族と皇后縁戚との関係

>他にも、明仁皇太子のお妃候補だった伏見章子さんの御嬢さんは徳仁皇太子殿下のお妃候補となった草刈智子さんです。


この徳仁皇太子殿下のお妃候補だった方、驚いたことに、美智子さんの縁戚としてやりたい放題で有名な安西家に嫁いでます。

美智子さんの妹さんは、安西家の次男(安西正夫氏)の息子に嫁いでますが、この皇族(伏見宮)の血を引くお妃候補の女性は、安西家の長男である安西浩氏の孫に嫁いでいます。

安西浩氏と言えば、平成初期に、創業者でもないのに「東京ガス」という大企業を私物化し、「世襲で何が悪い!」とうそぶいてマスコミでも叩かれました。


美智子さん、長いこと、旧皇族や華族にいじめられ不仲だと書かれてましたが、もう20年も前に、自分の実家親戚と旧皇族を母に持つ女性が結婚してるじゃないですか。


旧皇族って、戦後、相当没落したところが多く、その後も、経済状態は結婚相手の実家の経済力が頼りですから、それほど裕福ではないお家もあるようです。
だから、こうした縁談は渡りに船だったのかもしれません。


美智子さんって、こうやって、あまりまとまった資産のなさそうな旧皇族なんかを面倒見て抱き込んでるみたいですね。

他にも、安西家とともに昭和電工をつくり、親戚でもある森家の「森ビル」の関連企業でも、今上の甥である旧皇族が役員の職を得ています。


なんだかんだ言って、今の世の中は、お金を持ってる人の思うがままですからね。
美智子さんの実家親族のバックの力は相当なものだと思いますよ。
いくつもの大企業が連なって存在しますからね。

「いじめられる」どころか、とっくの昔に、立場は逆転してるはずですよ。
マスコミに騙されてはいけません。




とてもお綺麗な方でした

はじめてコメントします。
今年一月、北白川元女官長が薨去され桐ヶ谷での通夜、告別式に伺った際、島津肇子さまにお目にかかりましたが本当にお綺麗で聡明な方でした。兄上の道久様も紳士でした。道久様は代官山にお住まいですが肇子様は都内のどちらにお住まいかご存じでしょうか??

華子さま

以前、作家の原武史さんのトークショーに参加させていただいた際、三笠宮崇仁殿下のお話しになり、華子さまを非常に評価していると話されていたというお話がありました。北白川祥子元女官長の姪でもありますしやはり血筋でしょうか。

Re: とてもお綺麗な方でした

はじめまして 貴重な情報をありがとうございます。

残念ながら道久氏の住所は存じません

北白川肇子は皇太子妃に向いていない。

私は正田美智子さんが100パ-セント素敵な女性で北白川肇子さんはみりょくてきとは思いません。皇太子妃には正田美智子さんでよかったです。

Re: 北白川肇子は皇太子妃に向いていない。

> 私は正田美智子さんが100パ-セント素敵な女性で北白川肇子さんはみりょくてきとは思いません。皇太子妃には正田美智子さんでよかったです。

あっそ!

みて子さまとゴキ卑同じ臭いがする

>きわめて派手で目立ちまくりで記者の煙草に火をつけるほどよく気がつく正田美智子さんにクラっとなったのだろうと思います。美しさは瞬く間に移ろってしまいましたが。

あるサイトで,きこさん贔屓の人が居ました。(♂)
好きになった理由は婚約が決まってから、さるところ(居酒屋、飲み屋)で近くに座ったときビールをお酌してくれたこと
高貴な身分になるのに(成られるのに)その庶民的な振る舞いに感動した・・・とか

なんだかねぇ・・・・男って馬鹿だよね・・・

ほんとにピッタリ。

継宮明仁親王に、正田美智子さんはピッタリの女性です。
これほどピッタリの女性はいませんよ。
ほんとうに明仁親王によく似合う女性です、正田美智子さん。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR