東宮侍従長から明仁皇太子夫妻への三つの進言

入江日記に出てくる有名な箇所

昭和40年3月24日
山田君が来て東宮さまにいろいろ申し上げたことについての話、人づかひが荒いこと、つまらない臣下のあらをとりあげないこと、孝養をおはげみになるべきこと。



山田君とは山田康彦東宮侍従長のことです。

山田東宮侍従長は明仁皇太子が4歳から傳育官だった人でもあります。

要するに皇太子殿下の浜尾さんのような人ですね。

その人から

「人使いが荒い!臣下の揚げ足を取るな!親孝行しろ!」

と言われるなんて情けないなー。

浩宮さまは昭和35年生まれです。

もう子どもが生まれているのにこんなこと言われている皇太子夫妻ってどうよ?

でも昭和はマスコミの前で宮内庁の職員が皇太子夫妻を批判しないからいいよね。

あ、平成がおかしいだけか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

他にもいろいろ。

皇太子時代の明仁親王は、
英語の家庭教師バイニング夫人から、
「寛容さに欠ける」
入江侍従長から、
「(体の弱い義宮をいじめず)ご兄弟なかよくなさいませ」
この山田君からでしたか、
「付き合っていただきたいお友達とは付き合わず、付き合って欲しくない人間と付き合われる。ご自分より優れた方とは付き合わない」
…めちゃくちゃやな人やん。

結婚して浩宮も生まれてた時だったんか!

>入江日記に出てくる有名な箇所

>昭和40年3月24日
>山田君が来て東宮さまにいろいろ申し上げたことについての話、人づかひが荒いこと、つまらない臣下のあらをとりあげないこと、孝養をおはげみになるべきこと。





昭和40年って、結婚して浩宮もけっこう大きくなってる時なんだけど。

そんな時になっても注意されてるって、どんだけ!!!!!!!



ダメ夫婦

>人づかひが荒いこと、つまらない臣下のあらをとりあげないこと、孝養をおはげみになるべきこと

「孝養をおはげみになるべきこと」ですから、両陛下をお大切に、ということですね。
ということは、大切にしてなかったっていうことです。
そりゃまあ、照宮さまを亡くされたばかりの両陛下のところに乗り込むような夫婦ですから。
ま、そういう人です。

今上の弟宮への嫉妬

時期はよくわかりませんが、入江日記の記述に、同じく山田侍従の諫言としてもう一つ、

「義宮様と仲良くなさること」

という超重要なものがあったと記憶しているのですが・・。

義宮様と華子様とのご婚約が決まった時、昭和の明仁皇太子は、「そんな話、聞いてない!」と怒鳴ったと週刊誌に報道されたそうですよ。
そして美智子さんには「気にしないように」と言ったとか。


後に平成になって、今上のボンクラ仲間の橋本明が、「旧華族の華子様が嫁に来たことで、どんなに今上夫妻が苦労したか」とかいうようなことを書いてますよ(たしか、美智子さんが結婚前に今上に出した手紙について書いた本だったと思います、「美智子皇后の恋文」とか何とか)。

ま、こんなことを堂々と悪友に「書かせる」ぐらいですから、今上夫妻と常陸宮ご夫妻には、ほとんど私的な交流はないと思われます。

実際、昭和のころから、この両夫婦の間でのエピソードなんて聞いたこともありませんからね。
常陸宮様が独身の頃は、それなりにあったようですが。

美智子さん、華子様のこと煙たかったんですね。
そして今上は、やっぱり、自分だけ良家から嫁を貰えなかったのが悔しかったのでしょうね。
とにかく今上は「嫉妬」の人ですから。


子供の頃から底意地が悪かったのね
だから、自分より劣る次男家族を贔屓にするんだ。
これが、象徴天皇と言われてるとは日本も落ちたもんだわね。
イヤイヤ、自分達でマスコミを操って言わしているのか。
もう、引っ込んでおとなしくしていて!



プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR