オーストリアでも報じられた敬宮さま小学校ご入学

http://www.krone.at/Stars-Society/Japanische_Prinzessin_Aiko_geht_jetzt_zur_Schule-Erster_Schultag-Story-97716

fc2blog_20150907194915597.jpg


Japanische Prinzessin Aiko geht jetzt zur Schule

Für die japanische Prinzessin Aiko hat der Ernst des Lebens begonnen: Die Sechsjährige wurde eingeschult. Ihre Eltern, Kronprinz Naruhito und Kronprinzessin Masako, begleiteten ihre in eine blaue Schuluniform gekleidete Tochter in Tokio zur Grundschule Gakushuin und nahmen am Donnerstag auch an der Einschulungsfeier teil. Fortan aber werde sich die sechsjährige Prinzessin wie jedes gewöhnliche Kind alleine auf den Schulweg machen. Schließlich sei der Weg von der Residenz des Kronprinzen zur Schule nicht weit.
Aiko ist das einzige Kind des Kronprinzen- Paares und hätte Chancen, eines Tages den Kaiserthron zu besteigen - wenn sie kein Mädchen wäre. Nachdem mehr als vierzig Jahre kein männlicher Nachkomme in die Kaiserfamilie geboren worden war, gab es in Japan nach Aikos Geburt sogar Überlegungen, das Gesetz zu ändern, um eine weibliche Thronfolge zu ermöglichen. Doch dann bekam der Bruder des Kronprinzen, Prinz Akishino, 2006 noch einen Sohn, Hisahito. Dieser steht in der Thronfolge nun an Nummer drei hinter seinem Onkel, Kronprinz Naruhito, und seinem Vater, Prinz Akishino.


エー後半の「Aiko ist ~」以降の文章を訳すと
(日本文学科のヘカテ―の拙い訳で申し訳ないにゃー)

愛子さまは皇太子ご夫妻唯一の子どもです。愛子さまは即位するチャンスがありました。皇室ではなんと40年以上男の子が一人も生まれなかった。女性の皇位継承を可能とするために法律を変えようとしていました。しかし、その後2006年に皇太子殿下の弟の秋篠がヒサヒトという男の子を得ました。こうして、現在ヒサヒトは彼の伯父である皇太子徳仁殿下、父である秋篠に次ぐ皇位継承順位第三位の人間です。


海外の敬宮さまのニュースには必ず出てくるフレーズですね。

「女の子も天皇になれるように国民も疑問に思っていた法律を変えようとしていたら、AKISHINOとかいうプリンスナルヒトの弟が男子を産んだ。だからプリンセスアイコは天皇になれない。たった一人の皇太子夫妻の子どもなのに・・・」


オーストリアと言えば敬宮さまが一時期ブームになってカイザリンアイコチョコレートを売り出そうとしました。

(宮内庁が止めた)

「世界中にKönigin(女王)はいても、Kaiserin(女帝)は日本にしかいない。プリンセスアイコがカイザリンになればいい!」というのがその主張






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛子さまのカタカタ

お小さい敬宮さまが使われてたことで問い合わせが殺到して、倒産寸前のメーカーを救った愛子さまのカタカタ。
あれ、たしかオーストリアのメーカーでしたよね。
敬宮さまがお使いのものは人気がありました。
お洋服も、おもちゃも、絵本も。
マスコミも馬鹿なことしなければよかったのに。

お三方の嬉しそうなお顔

リョーヘーカもアキシノノミヤ一家も、こんなに素晴らしい笑顔を見せることは皆無だった。

この1点だけでも、皇太子殿下のご気性も家庭がもたらす平安も知れようというもの。

国民統合の象徴として敬意をもって仰ぐことの出来る方、次の代は安心していられそうです。

オーストリアでも愛子様の報道をよくしているのですね。
やっぱり世界から注目されているんですね。
日本だけでなく世界の国々も女帝を望んでいるのですね。

>しかし、その後2006年に皇太子殿下の弟の秋篠がヒサヒトという男の子を得ました。こうして、現在ヒサヒトは彼の伯父である皇太子徳仁殿下、父である秋篠に次ぐ皇位継承順位第三位の人間です。

何だか「秋篠宮が皇位を略奪しようと企んでる」と言いたげな文書ですね。
「女帝即位の邪魔をしやがって」とも聞こえます。
オーストリアの報道は正直ですね(笑)

愛子様が注目を浴びていて、秋篠宮は邪魔者だと言う世界の国々の見方がよくわかりました。

愛子内親王で良かった!

もし、愛子様が親王様だったら…
筆頭宮妃さんは佳子さんを使って「秋篠宮にしたこと」と同じことをして、皇太子妃にしたでしょうね。
最近の「愛子様が佳子様に憧れている」という報道を見て「内親王様で良かった」と思っております。
秋篠宮が総裁を勤める「御寺泉涌寺を護る会」は美人祈願で有名です。
ともかく御自身が皇室を破壊しないで頂きたいですね。

外国人から見た皇室

意外といったら不敬ですが、日本の皇室って注目度が高いんですね。
ただ、わたし自身外国の王室に対して敬意や尊崇の念はあまりないです。
せいぜい、「立派な人なんだなぁ」「偉大な王族がいらっしゃるのね」という程度なんです。
オランダやトンガの王室に関しては、感謝の念もありますが。
そしてどうしてもゴシップやスキャンダルに目がいってしまいがちです。
恐らく、外国人が日本の皇室に対して持つ興味もそうしたものだと思います。
秋篠宮さん家は、まー随分マズいイメージ振り撒いちゃったんじゃないかしら?
紀子さんの妊娠、男児出産、最悪のタイミングでしたね。
救いは皇太子さまご一家の素晴らしさ。
文句なしに素敵ですもの。

オーストリアのマリア・テレジアも女性ということで神聖ローマ帝国皇帝の称号はもちませんでしたね
でも夫は名ばかりの皇帝で彼女は実質的には皇帝でありしかもオーストリアハプスブルク家の全盛期を築きました
そういうこともあって女性皇帝を期待してるのかもしれませんね
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR