どっちだよ!修論は出したの?出してないの?

①産経新聞

眞子さま、留学生活「よい経験に」 今月下旬に帰国へ

 【レスター(英国中部)=内藤泰朗】秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが18日、
英国レスター大大学院での留学を終え、帰国するのを前に同大学院博物館学研究科で取材に応じられた。

宮内庁によると、眞子さまは昨年9月に渡英し、学生寮で暮らしながら同大学院の博物館学研究科で1年間、修士号取得を目指して学ばれていた。

今年7~9月には、英コベントリー市の ハーバート・アート・ギャラリー・アンド・ミュージアムで博物館実習を経験し、 間もなく大学院の課程を終えられる。
修士論文はすでに提出され、審査結果は年内に伝えられるという。

休日には、英国内を旅行するなど充実した日々を過ごされたという眞子さま。この日の取材には、「よい経験になりました」と留学生活を振り返られた。
28日にロンドンを出発し、29日に帰国される予定。

http://www.sankei.com/life/news/150918/lif1509180019-n1.html

②読売新聞

眞子さま英国留学「大変よい経験」…29日帰国
2015年09月18日 21時17分

【レスター(英国中部)=森太】英国レスター大大学院に
留学されている秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(23)の学校生活が18日、報道各社に公開された。

眞子さまは1年間の留学生活を終えて29日に帰国する予定で、留学について「大変よい経験になりました」と述べられた。

眞子さまは昨年9月末から、博物館学を学ばれてきた。この日は、同大のシーラ・ワトソン博士から、19世紀末の教育玩具を使って収蔵品などの保存方法を学ばれる様子が公開された。宮内庁によると、修士論文は博物館の展示をどのように構成していくのかをテーマに執筆された。
実習にも取り組み、7月下旬から今月中旬まで、博物館で展示品の調査やデータベースの作成などをされた。

一方、休日には英国各地を訪ね英国王室とも交流されるなど充実した日々を過ごされたという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150918-OYT1T50147.html


ヘイヘイヘイ、ちょい待ち!

あんた9月15日の時点では

帰国後は論文に取り組み学位取得を目指されるという。

って発表してたじゃん!

過去記事 帰国してから論文を書くという謎

で、9月15日の記事の大本である日テレ24のサイトを見たら記事が無くなってたよ!

どっち!?

修論出したの?出さなかったの?

>一方、休日には英国各地を訪ね、英国王室とも交流されるなど充実した日々を過ごされたという。

おお、なんかいきなり入れてきたな!

眞子丼は前に留学した時もオランダの王室の皆さんと会ってます。

過去記事 眞子丼とオランダ王室

1372166411401_20150918221712f3a.jpg

以下ヘカテ―の妄想

まあ、生まれた時から皇族だからね。

で、尚且つエンペラーの孫でしょ。

会いたくないけど会わなきゃうるさいって分かってるからね。

それにエディンバラ公が「ヒロは英国王室の一員と言っていい」と言ったあのクラウンプリンスの姪がどんなものか知りたいっていう興味もあったのでしょう。

プリンセスマサコに嫌がらせをしているAKISHINOという家の娘はどんな感じか見たいし。

で、眞子丼のニュースで気が付いた。

秋篠さんちってイギリス王室などの欧州のロイヤルと親交ってあるんですかね?

ヘカテ―は聞いたことがナッシング。

ということで「秋篠宮家と欧州ロイヤルとの交流エピソード」をご存知の方は教えて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今回の大本営発表は、最初、帰国後に論文作成として発表したものの、余りにも批判が出たので、話を差し替えようとしたという事だと思います。

本当は論文なんて完成していないんだけど、新しい発表で嘘ついとけば一般人は誤魔化されると思っているんでしょう。

色々と怪しい…

修士論文を既に提出しているのかまだなのか、新聞によってここまで内容が違ってるのは一体どういうことですかね?マコさん、マジで修士論文を自分で書いているかどうか怪しいもんですね。自分で書いたなら自信を持ってそのテーマや内容についてまで言及できるはずでしょう。が、なぜか産経もその具体的な内容には触れていません。
読売の「論文はこれから出す」記事が誤報だったという可能性もありますが、なんで情報がこんなに錯綜しているのか…不自然です。

あとマコさんの「英国王室との交流」ですが、エリザベス女王夫妻やチャールズ王太子夫妻、ウィリアム王子一家やハリー王子といった格上・有名な王族とは一切会ってないような気がします。もしマコさんがそのクラスの王族と面談できていたら絶対にニュースにしているはずですから。「英国王室」と言ってもかなり下位の王族か、「王室関係者()」とかじゃないでしょうか?あるいはマコさんが一方的に英語で王室宛に手紙を書いただけとか?

こういうところが大嫌い

なぜ取り繕おうとするんでしょうか。
なぜ見栄を張ろうとするんでしょうか。
皇族としても人間としても恥ずかしいと思わないのでしょうか。
この一家のこういうところが本当に大嫌いです。

>帰国後は修士号取得のための論文執筆や、成年皇族としての公務などが予定されている。 

英国王室との交流と書いているのは、私が見る限り読売新聞だけですね。
そんなものが本当にあったら、あの見栄張一家が写真の一枚も出さないわけがないと思います。

繰り返します。
人間としても皇族としても、ほんとうに嫌。

これは、宮内庁の発表として報道されました。
ということは、宮内庁からペーパーが配られたはずです。
今日の発表も宮内庁からだとすると、宮内庁が嘘をついているということになります。
担当者は責任を取るべきじゃないでしょうか。

英国王室との交流

ヘカテー様、初めまして。
 
日テレ系のニュースでは、英国王室の人と非公式に交流、と報道されてました。
『英国王室の人』と『非公式に』交流って…
 
非公式だから名前も出せないんですかね。
胡散臭いのは、あの宮家の御家芸みたいなもんですが(笑)

マコ丼、内容盛りすぎ

「皇后になる人」の娘だからごり押しで修士論文なしのままアーヤと同じ大学で博士号を貰ってごまかすつもりでは?

英国王室との交流だって怪しいものです。
王族がお出ましの場所へ行って、遠くから眺めて「交流しました」と言っている可能性もあります。

オランダの時は、確かにいたことはいましたが、前列に王族、一つ後ろの席にマコ丼だったように記憶しています。
しかもその時の記事に[prinsess mako]のクレジットはなかったんです。
写真を見たオランダ国民は「アジア系の使用人を雇ったのね」くらいにしか思わなかったのではないでしょうか。

No title

>一方、休日には英国各地を訪ね英国王室とも交流されるなど充実した日々を過ごされたという。

王族、貴族で秋篠宮、その娘たちに興味、フレンドリーになる人は考えられません。
庶民の私でさえ絶対会いたくない人たちに思えるから
もし、可能性があるとしたら
ダイアナ元皇太子妃の実家、やファギーさんぐらいじゃないかしら?
貴族のスペンサー卿は邸宅を一般公開しています(有料)
お金を払えれば一緒に写真を撮ってくれます。
一般人でもツーショットの写真が撮れます。

ヨーク公爵アンドルー王子の元夫人セーラーファガーソンはお金に困っているので、それなりの金額を積めばとてもフレンドリーに会ってくれるでしょう。

無理矢理age

個人ブログですが、海外の反応系の記事です。
ここは時々、今上と秋篠さんちに関して臭い記事を上げるんですけど、今回のも無理矢理感満載です。
コメント欄も香ばしいことになってます。
ttp://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1674.html

こちらはUUに関するこれまた失笑ものの記事。
ttp://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-867.html

お写真が出る絢子さまと出ないマコちん

スウェーデンをご旅行中の絢子様が、ヴィクトリア王太子とお会いになり、ご懇談をされた様子がアップされていました。
http://www.newmyroyals.com/2015/11/princess-victoria-meets-with-princess.html
まだお若いのに、堂々とされていて素敵ですね~。

「イギリスのロイヤルと交流したのよ!」「会ったのよ!」と騒ぐだけで、写真や記事が一切出てこなかったのはヒットー宮家のご長女でしたっけね?

秋篠さんちって生前のダイアナ妃にも会ってないし。
生前のダイアナ妃に会っているのは雅子妃。超貴重ですね。
ウィリアム王子にも会ってないし。
元ダイアナ妃が亡くなっ時もよく知らないからなんとも思わないとか、超薄情。
だから英国王室の方々が来日した時は地方へ飛ばされてますよね。
英国王室だけではなくて他の海外ロイヤルが来日した時も応対するのは高円宮久子妃が断然多いですよね。
秋篠って全員使えない感じ!

No title

皇太子さまは、オックスフォード留学中に、ご学友の実家であるセイ=セレ男爵の邸宅に何度もお伺いしてご宿泊されています。天皇皇后両陛下もイギリス訪問時にこの男爵家での写真が残っています(皇后陛下の特集番組に必ずといっていいほど紹介されます)

このエピソードは 『英国貴族に出会う旅」と本に掲載されており、
著者が直接男爵夫妻にインタビューしております。

赤と青のガウン 彬子女王 (著)には、オックスフォード留学前に
東宮御所に招かれ、皇太子さまと雅子様からの留学生活のアドバイス
も受けたと書いてありますし、オックスフォードでは、皇太子さまと
寬仁さまの留学時代のエピソードを教授から聞いたことも載って
おります。

皇太子さまは真面目で図書館で勉強ばかりされていたとのことです。
父上である寬仁さまは、まぁ留学を謳歌されたような事が書いて
ありました。


あとエリザベス女王にお招きいただき、お茶をいただいたようで
すが、彬子さまでも簡単に会えたわけでなく、いろいろなタイミング
が重なってチャンスがあったような事が載っています。


秋篠宮は、同じオックスフォードでも学科とかカレッジが違うのか
解りませんが、まったくエピソードとして出てきませんでしたし、
眞子さまも同様にイギリス王室との具体的な交流が表ざたになりません。

本当に秋篠宮家の面々は海外留学を活かせているのでしょうか。
疑問にのこります。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR