茨城県民からの意見

りょーへーかの常総市に行っちゃうぞ!宣言ニュース

これに対して茨城県民の方からコメントを頂きました。

茨城人さまコメント

早すぎませんか・・・
初めてコメントさせていただきます。
今回の常総市の水害に、茨城県民の一人として心を痛めています。
泥とゴミの後始末に多くの人手が費やされているなか、もう両陛下がいらっしゃると聞き、耳を疑いました。
いくらなんでも早すぎませんか。もう少し待てないのでしょうか。
亡き父は、田舎育ちで学もありませんでしたが、今上天皇の被災地訪問に「天皇陛下の対応だけで人手がかかる。すぐに行かないほうがいいんだ」と言っていました。
両陛下にとっては「旬」が過ぎないうちに、訪問したいのでしょうか。
訪問するなとは言いません。ただ、その時期があるはずです。


のりだー さま
茨城県民としては
あくまでも私個人の意見ですが。

まだ来ないで頂きたい。
というか、今上夫妻に来ていただいても嬉しくないです。

ラジオでボランティアについての事、被災者の為の入浴施設の無料開放の情報、その他様々な事の相談窓口の情報がまだ流れている状態ですし、ゴミはあり過ぎで一時的な置き場書が足りない。迷子のペットは沢山いる。被災された方も心のケアだって必要です。

そりゃそうでしょう。あんなに凄まじい水害にあってしまい、家がめちゃくちゃになってしまった方、車が駄目になったり流されて失ってしまい、大変な思いをしている方が沢山いる(茨城は車が無いと不便な地域が沢山なんです)
今日からやっと授業が再開した学校が何校もある。
電車は、いつ復旧するか分からない。
可愛がっていたペットを、家族を失ってしまった方がいる。
命は助かっても、家や車やら家財道具その他全てを失ってしまった方だっています。

それでも、一生懸命生きる彼等彼女等ですが、まだまだ大変な時期に、今上夫妻に来られた所で苦しみから救われる訳ではないですから。
それなら、リョウヘイカのコネで医師やら看護師やらカウンセラーやら派遣してくれた方が、ありがたい筈。
見て子様の悪趣味な衣装をチャリティーオークションに出して、収益金で被災者に新しい服や下着や靴、車や日用品に食料を買って頂いた方が良いのでは?

どうせ見て子様は今から新しい衣装制作で舞い上がっているでしょうね。

不愉快だ!!自分達の慈愛パフォーマンスの道具扱いするんでしょどうせ。
田舎とはいえ、もう偽善アピールを見破った方もちらほらでしょうから、せいぜい被災者の皆さんから白い目で見られればいい。




コメントありがとうございます。

やっぱり迷惑ですよね。

災害に「いつ行くのか?今でしょ!」という対応をされても困ります。

ちょっと考えれば「自分たちが行ったら迷惑だよね」ということが分かるはずです。

それともそんなこともわからない位ボケた状態なのでしょうか?

跡取りである皇太子ご夫妻はもうすぐ5年が経つ東日本大震災の被災地を来月上旬にご訪問されます。

「私たちはあなたたちを忘れていませんよ」という温かい気持ちが感じられます。

ボランティアや寄付も震災発生時はたくさん集まります。

でも、数年経つとほとんどの人は忘れてしまう。

皆は忘れていても辛い思いは被災者は忘れられないし、新しい問題も浮かんでくる。

今、福島県は介護職が少なくて大募集しています。

原発の影響を恐れて若い人が帰ってこないのに、お年寄りは住み慣れた場所に戻ることで、本来なら100人収容できる施設が人手が足りなくて70人しか収容できないということが発生しています。

皇太子ご夫妻がご訪問されることで元気になる被災者がいますように。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お見舞いしかないのか?

両陛下を批判したくはありませんが、今回の被災地お見舞いのための行幸啓に関しては、あまりにも早すぎますし、天皇・皇后として如何なものかと思います。

以前、ある皇室関連書物で、両陛下が被災地お見舞いのためにお出ましになる際は、復旧復興への配慮から、通常の行幸啓よりも最小限の規模に縮小されると書いてあったのを覚えています。

確かに両陛下のお見舞いによって、元気になる被災者の方も少なからずいるでしょう。しかし、いくら縮小した上でのお出ましといえども、天皇陛下のお出ましなのですから、そちらの対応で自治体や警察などの負担が増えるのは避けられません。それに、両陛下がお出ましになろうとしている常総市は、ようやく避難指示と勧告が解除されたばかりで、これからが大事な時期です。

時期をよく考えた上でのご訪問であるべきで、少なくとも今ではありません!

そういえば、宮内庁のHPを確認したところ、今回の茨城・栃木・宮城での水害には、両陛下は金一封を賜っていないのでしょうか。もし、下賜されているなら、HPに記載されているはずなのですが・・・。何も被災地をお見舞いするだけが、国民と苦楽を共にすることではありません。私たちだって、ボランティアとして被災地のお手伝いに行くことはかえってご迷惑になると考えるなら、せめて募金をしようとか物資を援助しようと考えます。

皇室も同じことで、被災地の迷惑になる以上、両陛下が自らがすぐにお出ましになることをせず、金一封を賜わることなども立派なお務めだと思います。

とにかくお見舞いに行かなくちゃ

皇族は、本人が望まなくてもマンモスか恐竜的存在。
足を踏み出すだけで、そこらの草木をなぎ倒す。
事前の入念なチェック、当日の警備、どれだけの費用がかかるか。
片づけの仕事をしたい人手が警備に取られる。

手術直後で、まだ体中管に繋がれてる。
麻酔が解けて、痛みがひどくなってる。
風呂に入らず化粧もしない酷い顔。
「そんなところに来られたら辛いだろう」と想像力のある人なら、そっとお見舞いの手紙とお金を送る。

この方は、「避難所の床に膝をついて、被災者の手を取って励まされる両陛下」の写真が週刊誌のグラビアに載ることを、被災者の本当の気持より優先している。

今は浜尾さんのように、不興を買うことを覚悟に忠告する側近はいないのだろう。「何を言っても無駄」と諦めているのか。

かの阪神淡路大震災。

1996年、阪神淡路大震災。
高松宮の喜久子妃殿下は、
「私が行っても何の役にも立ちません。知り合いの医者を行かせます」
こう言っておられた。
私は「へえ~身分の高い人って、立派とゆうか庶民じゃないなあ」
なんとなく感心しましたっけ。
本当に残念なのは、いつ、どこで、どんな媒体で、喜久子妃のお言葉を聞いたか書き留めておかなかったこと。

こんなていたらくの平成皇室。
今上と皇后の責任は重いよ。

両陛下出禁(笑)

茨城県民の方々の本音がこのコメントで良くわかりますね。
命からがら避難して大変なのに、ようは邪魔しに行くだけじゃないですか。
被災者がすぐに必要としているのは医療だとか物資だとかそういうものであって、両陛下の訪問じゃないはず。
ようは緊急手術が必要な患者さんの手術室で無意味に頑張れ頑張れ喚いている様なもんですよ。
何でわからないのだろうか?
両陛下からは傲りだとか見栄だとかそんなものしか感じられない。
被災者を何だと思ってるんだ。
自分達の自愛パフォーマンスだかなんだか知らないけど、そのために被災者をだしに使うのを止めていただきたい。


>跡取りである皇太子ご夫妻はもうすぐ5年が経つ東日本大震災の被災地を来月上旬にご訪問されます。

「私たちはあなたたちを忘れていませんよ」という温かい気持ちが感じられます。

皇太子ご夫妻は何時でも被災者の事を想っていらっしゃるのが良くわかります。
私は被災者ではないけども私も心が温かくなります。
無意味に早く行って邪魔しに行くのではなく、常に被災地に優しい眼差しを向け続ける皇太子ご夫妻には畏敬の念を抱きます。

お見舞い金だけで済ませた例もある

>両陛下が自らがすぐにお出ましになることをせず、金一封を賜わることなども立派なお務めだと思います。

AB型様のコメントを読んで思い出したのですが、天皇皇后は2012年5月に国内で起きた竜巻被害(死者も出ている甚大なもの)において、茨城県にお見舞い金を送っていました。しかし、天皇皇后はエリザベス女王の即位60年記念行事に出るために同年5月にイギリスに出かける予定だったため、竜巻被害の慰問は行わず見舞金だけで済ませたのではないかと思われます。

当時イギリスに出かける予定がなければ、天皇皇后は被害の大きかった茨城県に慰問に出かけていた可能性がありました。しかしこの時ばかりは天皇皇后は海外行きを優先し、竜巻被害に関しては見舞金だけ渡して終わりにしました(イギリスから帰国後、茨城に慰問に行った形跡はないように思います)。

しょせん、天皇皇后にとっては

海外行き>>>>>>>被災地慰問

という序列なんだと思います。
本当に被災地慰問が大事なら、イギリス行きは皇太子ご夫妻に名代としてお任せすることもできたはずですがそうしなかったのですから。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR