読書感想文 『ブータン王室はなぜこんなに愛されるのか』


上記本を図書館から借りてきました

立ち読みしてたら

「日本皇室とブータン王室 知られざる交流」

と書いてあったので、

「およ、これは家でじっくり読まねば!」

と借りてきました。

前ブータン国王の第4代ブータン国王

1989年2月に初来日されたブータン国王

大喪の礼は寒い雨の日でした。

世界164か国、28の国際機関の弔問使節の中でも一番目立っていました。

弔問客もみぞれ混じりの雨の中、しかも屋外で行われた大喪の礼に参加するために上からコートを着ていました。

しかし、ブータン国王は弔意を表す正装である「ゴ」をお召しになられました。

当時はバブル期で日本はウハウハでしたから、

各国の首脳や元首は弔問とは言いつつも、

「おたく結構いい景気なんでしょ?ちょっとでいいからうちを助けてくれない?」

と「ついで外交」を繰り広げていました。

しかし、ブータン国王は「弔意を表しに来たから」とすぐに帰国されました。

そしてブータンの国内で、昭和天皇のために王宮に祭壇を設け、

1か月の喪に服しました。

第4代国王は無私の心で国民を愛した昭和天皇を尊敬していたという。

(ちなみに皇太子ご夫妻を昨年即位式に招待してくれたトンガも国王陛下がトンガの正装の「タオパラ」をお召しになりました。寒いからコート着ましょうと周囲から勧められても「昭和天皇への礼を欠くことはできない」と南国の正装で一日を過ごされました)

この第四代国王を羽田空港で出迎えたのは当時の浩宮さま、現徳仁皇太子殿下です。

ドゥック・エアの特別機から降り立つ国王と皇太子殿下は固い握手を交わされ、

しばらく二人だけで言葉を交わされました。

実はブータン王国を初めて訪問した日本の要人は何を隠そう徳仁皇太子殿下です。

「よみうり報知写真館」の検索欄に「浩宮 ブータン」と入力すると写真が結構出てきます。

1987年3月にブータン、ネパール国王、インド政府から招待された浩宮さまは三各国を訪問されました。

若きブータン国王とも王宮に招かれて謁見しただけではなく、

ブータン王室から贈られた「ゴ」をお召しになってブータン国民の人々と一緒に民族舞踊を踊り楽しみました。

同行した記者にブータンの印象を聞かれた浩宮さまは

「ブータン人みたいだと言われました」

と仰いました。

皇孫殿下ブータン訪問を昭和天皇はこう詠まれてます

ブータンのならはしわれに似る話浩宮よりたのしく聞けり

201502222017436c2_20160530175431469.png

x6105.jpg

jetsun-pema-2-a.jpg

prm1605210028-p30.jpg

1321557082293.jpg

いい話だなー。

ブータン王室と一番交流があるのは皇太子殿下ですね。

と思ってたとんでもない落とし穴があった

第四代国王の息子である第五代国王同妃両陛下が来日された時の話です。

天皇の入院で、当初予定されていた国王夫妻の天皇皇后との公式面会はかなわぬものとなってしまった。しかし、天皇を見舞っていた皇后は、帰りにその足で赤坂にある国王夫妻の宿舎、迎賓館に向かっている。当初は、年少者である国王夫妻が、皇居を訪れるはずであった。しかしかなわぬ再会のお詫びに、美智子皇后自ら、ブータンから訪れた国賓のもとを訪れたのである。皇后は国王夫妻だけでなく、随行員ともあいさつを交わし、言葉をかけられたのだそうだ。妻が日本人であるというロイヤルオフィスの随行員には「いつまでもお幸せに」と優しい言葉を、また国王の主治医には「あなたのお仕事が忙しくならないことを祈っております」とユーモアあふれる言葉をかけたそうだ。

134024922.jpg

いや、入院中の病人のお見舞いをした後に国王同妃両陛下にお会いするあんたが原因になりそうじゃん。

必死すぎてうざい。

少女漫画で女帝!久世番子『パレス・メイヂ』

コミックナタリーの特集で知ったのですが、

こんな少女マンガが話題です。

http://natalie.mu/comic/pp/ohoku_palace

無題

女帝が登場する話です

img09s.jpg

近代日本がモデルの架空の国が舞台で、

父の明慈天皇の後を継いだ彰子女帝の御代です。

(明治ではなく、明慈です)

あらすじ
明慈帝が建造した壮麗なる宮殿「パレス・メイヂ」。御園子爵家の公頼は、結婚させられそうになっている姉を助けるために、帝に仕える侍従職出仕として宮中で働くことに。しかし宮殿に君臨する今上帝は、美しき女帝・彰子だった。宮中での勤めを通して、2人は次第に心近くなっていく。

父帝の急死で東宮となる異母弟がまだ幼いことから中継ぎで即位しました。

若く美しく聡明な女性なのですが、着飾ることに興味なくて軍服を着ています。

paresu2.jpg


主人公は彰子女帝ではなく、

その侍従仕立てとして帝に仕えることになった御園公頼です。

51U7mNu7anL__SX321_BO1,204,203,200_


なかなか頭のいい主人公で、帝と信頼関係を築き、やがて恋に落ちます。

で、ヘカテー的にキタのは、

彰子女帝の元婚約者の鹿王院宮威彦がヒゲなんだよね。

a43d3200d15cae1e9b83c1bccb42bac570b02f7b_26_2_9_2.jpg

鹿王院宮威彦は彰子女帝と御園の仲を嫉妬して二人を引き離そうとするイヤーっな奴です。

まだ1巻しか読んでませんが、結構面白そうです。

ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

天皇は女性格を持つ 『「日の丸・君が代」と日本』

松本健一先生の上記本を読みました。

そこにちょっと面白いことが書いてあったのでご紹介します。

77ページから始まる「天皇は女性格を持つ」という章

松本先生はこうおっしゃっています。

日本は原初に、米作りの国、女の国というふうに出来上がっているとわたしは考えております。日本は女性の国ということを言うと現在のフェミニズムに近いと思われるかもしれませんけれども、わたしの考えはやや違います。例えば天皇が日本の国を支配するというシステムを作り上げるとしますと、天皇が女性格であるというわたしの認識になります。日本の古代からの英雄、ヒーローを考えてみると、面白いのですけども、ほとんどヒーローと言われる人は女性格をある程度身につけている。というよりも、ある時点で強い力を持とうと思ったら、必ず女装をして、女性の力を借りるという方法を取ります。ですから、日本武尊が熊襲健を討ち滅ぼすという時に、女装をして出てくるわけです。そして「いい女だな」と酒に酔っぱらったときを見計らって実はその熊襲健を討ち取る、殺すということになりますけど、これは何を意味しているかというと、日本においては強い力というものはもともと女性である。その自然の力というかそういうものを借りてきてなければ強い力を持つことができないという想像力になってくるのだろうと思います。(中略)こういうことは日本のなかで、女性の力を借りる、つまり生む力を持っている、強い力を持っている、根源の力を持っている女性の力を借りてくるという方式がありまして、天皇もまた女性の力、生む力、稲の力を借りるという形でこの国を知ろしめすというふうな文化になっているのだろうと思います。

天皇は女性格で、強いエネルギーを持つ女性の力を借りてこの国を治める

なかなかおもしろいですね。

幕末の動乱、戦前戦中の軍隊、三島由紀夫の盾の会には女性の姿がありません。

なぜ女性がいないのかということについて松本健一先生はこう記されています。

天皇が女性格だからなのですね。天皇という高貴な女性のために、男たち、武士たち、あるいは志士たちが一生懸命に働くという構造になっています。(79ページ)
士というのはそういう意味では男なのですね。つまり男が志を持って、一生懸命に妙なる女性のために働く、つまり天皇のために働く。世の中が間違っていると認識した場合には改革する、維新をする。そういう形で女性のために働けばいい。これが維新運動になってくるわけです。(80ページ)


高山彦九郎という江戸中期の尊王思想家は光格天皇にも拝謁した時の感激をこう詠んでいます。

我を我としろしめすかやすべらぎの玉のみ声のかかる嬉しさ

御簾の向こうから声がかかる。お声をかけれたということが嬉しくて男は一生懸命働くという図式があります。

士がその御簾の向こう側にいる女性のために一生懸命働くという構図になるというのが、これが要するに日本の革命運動、維新運動の基本構図になってきます。(81ページ)

「声をかけてくれただけで感激!僕一生懸命あなたのために頑張ります」という中学生男子並みのピュアピュアな感じがありますね。


最後にこう締めています。

これはフェミニストに言わせれば、日本が男性原理社会であって、あるいは男性社会であって、女性を一個の人格として認めてくれないからだといいますけれども、わたしの考えはまったく逆でありまして、女性はそんな下々のことに働く必要はない。士が女性格であるところの天皇のために働くというのが維新運動の原理でありますから、男が一生懸命駆け回ればいいわけでありまして、そのように日本の維新運動には女性がいなくてもよろしいという構図になってくるわけであります。(82ページ)

松本先生程賢くないヘカテーはバブル期のメッシー君、アッシー君、ミツグ君を思い出しました。

ギリシャ神話、北欧神話など世界の国々の神話における神様のトップは男性神です。

でも日本は女神である天照大神なんですよね。

男性の天皇であっても女性格がある、だから下々の男たちは一生懸命命をかけて頑張る。

その女性が大好きだから。

まさにミツグ君!

ちなみに松本先生は「女系も認める秋(とき)なのだ」と主張されてました。

『ひと日を重ねて 紀宮さま御歌とお言葉集』

上記本を図書館から借りました。

この本は紀宮がただの都の職員と結婚するのを記念して発行された本です。

読んでみると

「どうして紀宮が長いこと結婚できなかったのか」

という謎が解けます。

「え、顔に決まってんじゃん。そんなの」

とヘカテーも小さい頃から思ってました。

でも、ある日三笠宮さまのご令嬢である容子内親王を拝見し、大変驚きました。

しかし、ご存知の通り容子内親王は茶道の裏千家のお家元に嫁がれました。

そうです。

上流階級では顔じゃないんですよ。

この「サーヤのことを思ってる国民ってどれだけいるんだろう」と思う一冊からその答えが出ました。

ずばり

紀宮は性格が悪い!

①二人の義姉への評価

・キーコさま
【平成2年 ご成年にあたっての記者会見より】
川嶋さんは本当にすんなりと私たち家族のなかに溶け込まれて、このたびのお二人のご婚約は、大変自然なもののように感じました。川嶋さんとお会いになった方は、あの暖かな雰囲気に心が和むのをお感じになると思いますが、同時に、芯に大変しっかりしたものをお持ちになり、物事を慎重に深く、お考えになる方だと思います。これからご一緒に両陛下をお助けしながら仕事をしていく上でも、これからの生活の上でも、私が川嶋さんから教えていただくものがたくさんあることでしょうし、また、私の方でも何かお役に立つことがございましたならば、喜んでいたいと思っております。

・雅子さま
【平成5年 お誕生日文書回答】
(雅子さんとは)まだゆっくりとお話しをする機会はございませんが、自分をしっかりと持っていらっしゃり、ユーモアのある楽しい方のように拝見しております。頼もしい姉二人を持つことが出来て大変心強く思っております。


キーコさまは婚約前から東宮御所に出入りしてましたから、身内意識があるんでしょうね。
結構褒めてますね。
対して雅子さまは少ない。雅子さまのみについては実質一行だけですよね。

②香淳皇后の思い出
【平成12年 外国ご訪問にあたっての記者会見より】
幼いころから両陛下にお連れいただいて、毎週のように兄宮たちと共におそばにあがらせていただきながら育ちましたので、皇太后様の思い出は、いつも家族皆との思い出の中にあります。何か特別なことではなくても、お手をお持ちしたときのぬくもりや、柔らかな微笑みなどが懐かしく思い出されます。皇太后様がお元気で外にお出ましになったり、那須でご一緒に散策をさせていただいたころは、まだ小さいころでもありましたので、あまりはっきりした記憶がないのですけれども、両陛下が皇太后様を赤坂の東宮御所にお招きになった折のことは、陛下がお庭をご案内する道筋をお考えになっているお姿や、また、皇后様がお嬉しそうに一つ一つの準備をなさっていらっしゃったご様子などと共に、楽しくお迎え申し上げ、ご一緒させていただいた思い出として心に残っております。昭和天皇が崩御されたお後、両陛下が一番ご案じになっていらしたことは、皇太后様の環境に大きな変化がおありにならないようにすることでした。吹上の大宮御所に静かにお過ごしになる皇太后様の所に、お庭の小道伝いに両陛下とご一緒にお訪ねした日々は、私の中に穏やかな時間の記憶を刻んでいます。この百日というものは、あっと言う間でもあったような、またそれだけの時を経たような不思議な期間でした。陛下が、駈け寄られるように皇太后様のおそばにお寄りになって、じっとその御最期をお見守りになり、そのお後で皇后様が、丁寧にお掛け布団などをお直しになりながら、「ご立派でいらっしゃいましたよ」とささやくようにおっしゃったその時に、周りの人々の悲しみがふっとあふれるように感じられました。その瞬間のことが、昨日のことのように焼き付いております

これって良子さまというよりも両親の思い出っすね。
昭和天皇が崩御された後に良子さまのことを一番案じた両親は、昭和天皇と良子さまが愛した皇居の自然林を伐採して莫大な税金を使って豪華な御所を作りました。
ぶっちゃけ思い出なんてないのかもね。

③姪へのまなざし
・眞子丼 【平成4年 大学ご卒業にあたっての記者会見より】
今までは、赤ちゃんについては、見たときにかわいいと感じるぐらいの気持ちをもっておりましたが、ですから最初は、あまり叔母さんになったという実感はなかったのですけれども、やはり眞子様が日に日に大きくなっていかれる様子を見ておりますと、いつまでも見ていて飽きないような、本当に可愛らしいなと思う気持ちでおります。そういうことがまだ自分のことについては、なかなか結び付いてはきませんけれども、これからずっと成長していくお姿が見られて、どのような方になられるのかと、とても楽しみでございます。

・敬宮さま【平成14年 お誕生文書回答】
ご無事に内親王様がおうまれになったことを、本当に嬉しく思います。両殿下のお喜びはもとより、ずっとご案じになり、妃殿下をおいたわりでいらっしゃった両陛下のご安堵を拝見しておりまして、私自身もほっといたしました。新しい家族を迎えた喜びと共に、秋篠宮様の内親王様方の時と同じく、多くの人々が我が事のように喜びを表して祝ってくださったことも嬉しいことでした。折々にお会いする度に、お顔つきがしっかりとされ、成長される速さを感じております。


佳子ちんはありません。
眞子丼はかわいいと思ってることが分かります。
しかし敬宮さまの方には「お前本当はあまり喜んでないだろ」という思いが伝わります。
どうして両陛下が出てくるんだろう?
昭和のことを調べているから分かるのですが、紀宮と敬宮さまのご誕生時の扱いはまさに雲泥の差!
敬宮さまの時は「国民みんながパーティーピーポー」な状態だったのに、
紀宮の時は「お兄様が二人もいるし、どうせお嫁に行っちゃうからね」
ということもあったのでしょうが、テンション低いです。
ぶっちゃけ愛子さまの人気ぶりは面白くなかったのかも。

④雅子さまのご病気について
【平成16年 お誕生日文書回答】
皇太子妃殿下が十二月のご病気を契機にご静養に入られてから四か月目を迎え、深くご案じしております。ご静養については、両殿下のお気持ちにそって東宮職が取り計らっていることと思いますので、ご回復に向けての良い過程となりますようお祈りしております。詳しいご経過を存じ上げることが難しいので、お気持ちを思い上げ、遠くからご案じするしかできませんが、妃殿下が健康を取り戻されるよう心から願っております。両陛下も、妃殿下がご公務を減らされた昨夏頃からずっとご心配になり、何かできることがあればと思っておられるようですが、今は一番お身近にいらっしゃる皇太子殿下のご判断に頼られるほか無く、これをサポートなさり、静かにお見守りになっていらっしゃいます。両陛下のご心痛も、早く晴れますよ願うばかりです。

【平成17年 お誕生日文書回答】
少しずつ外出の機会を持たれるなど、ご回復の傾向におありになると伺っておりますが、妃殿下のご静養が長期に及んでいることに対して、深くお案じ申し上げております。私の立場で、一連の経緯に対して多くを言及することは控えますが、ただ、このことを発端として、多くの事実に基づかない憶測や言論が展開されたことは、大変残念なことでした。殊に、これまで皇太子同妃両殿下のご相談に一生懸命耳を傾けられ、新しい世代の行く末を見守り支えようとしてこられた両陛下に対して、いわれのない批判がなされ、海外における日本の皇室観にまで影響を与えたことについては、本当に悲しく思っております。妃殿下のご健康を家族皆が心配しておりますが、両陛下のご健康も守られることを願わずにいられません。


雅子さまよりも両陛下の方が大事というのが非常によく伝わります。
雅子さまを虐めてきた一人ですからね。
お菓子作りに雅子さまをハブったり、話の中にいれなかったり。そして最後の最後に自分の結婚披露宴で両陛下を挟んで両殿下を離れ離れにするという非情さを見せたし。
たぶん姪っ子への扱いも親である両陛下同様違ったんだろうね。
抱っこもしなかったろうな。

で、この本を読んでると気持ち悪いぐらい両陛下賛美しまくってます。

美人じゃないし、親にべったりで、優秀な兄夫婦に冷たい人間と結婚したいとは思わないよ!



読書感想文徳仁親王講義録『水災害とその歴史』

ヘカテーが趣味のブックオフで本を物色していたらこんな本を見つけた

無題

およ、学習院女子大学と言えば常陸宮妃の華子さまが同窓会の名誉会長をされています。

華子さまも何か書かれているかもしれないとワクワクしながら目次をチェックしていたら

徳仁親王「水災害とその歴史―日本における地震・津波災害をふりかえって―」

殿下キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

と思ってレジに突進しました。

読んでみたらこれは2011年に学習院女子大学で行われた特別講義内容をまとめたものでした。

ニュースでは「皇太子殿下が学習院女子大学で特別講義をされました~」てな感じでさら~としか取り上げません。

おお、完全版じゃんこれ。

スッゲー、学習院女子大学の学生さんを羨ましいと思っていたけどそれを読めちゃうんだと喜ばないわけがありません。

読んだ感想は

「皇太子殿下って本当に勉強されている」

ということです。

皇太子殿下はオックスフォード大学でも学ばれたお方で、

学習院大学でも講師として講義をされたことがあります。

はっきり言おう!皇太子殿下の知能レベルは大学教授レベルです。

ちゃんと史料、文献を読み、自分で文章を推敲されてます。

古い文献から未来の可能性を考える理想的な講義です。

学習院女子大学の教授の文章も掲載されていますが、

負けていません。

このお方が次の代の天皇陛下になることに誇りを持ちます。

高卒天皇の次の天皇が大学教授レベルってへーせーってある意味すごい。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR