雅子さま講書始の儀に出席される見通し!



雅子さま「講書始の儀」15年ぶり出席へ
1/5(金) 14:33配信 NNN
皇太子妃雅子さまが今月10日皇居で行われる「講書始の儀」に15年ぶりに出席される予定であることが分かった。

「講書始の儀」は明治時代に学問の奨励を目的に始まったもので、年の始めに天皇皇后両陛下が、皇族方と共に学術分野の第一人者から講義を受けられる儀式。

療養中の雅子さまは、2003年に出席して以来、欠席していたが今月10日に行われる「講書始の儀」に15年ぶりに出席される予定だという。

一方、2日後に続いて行われる「歌会始の儀」への出席は、見送られるという。

雅子さまは先月、誕生日にあたり「できることが少しずつ増えてきたことを有り難く嬉しく思う」と文書で感想を寄せられたが、来年の皇太子さま即位に向けて、公務への出席が増えることが見込まれる。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180105-00000042-nnn-soci

こいつぁ、春から縁起がいい!

「皇后になるのが近いから」とマスコミは言うけど、

それもあるけど

雅子さまを散々虐めまくって重要な式典に出席させなかった高貴高齢者コンビの内のキンジョーヘーカがガチでやばくなってきてるからでしょう。

しかしながらまだ歌会始の儀に出させないという所が嫌らしい。

講書始の儀と歌会始の儀に出席しないというのは10年以上に渡って雅子さまを叩くネタにしてきました。

一気に二つの叩きネタが無くなるのは惜しいと思ったのでしょう。

でもやっぱり講書始の儀にご出席になられるということは非常にうれしい。

ここまでご快復された雅子さまに拍手を贈りたい。

皇室スペシャル新時代2017キタ――(゚∀゚)――!!今年は雅子さまだー!!

昨年の12月23日に放送された皇室スペシャル新時代2016年は皇太子殿下特集でした。

それがこれ↓



皇太子殿下の本当のご学友が顔出しで出演して皇太子殿下の人柄をお話されるという非常にいい番組でした。

やればできるじゃねーか、マスコミと思いましたよ。

それが今年もあったのです。

しかも我らが雅子さまが特集です。

ヘカテーがそれを知ったのは12月23日の仕事中

「え、知らなかったから録画してない」

ヘカテーはテレビは月曜から夜ふかしぐらいしか見ない上に、新聞を取ってないのでテレビ欄をチェックしてません。

迂闊だった!!

「YOUKUにあがるんじゃないかなー」と一日千秋の思いで待ってたら

本日遂に上がりました

皇室スペシャル新時代2017 


今年もいい番組じゃねーか!!

雅子さまのご結婚前のお姿って本当に素敵。

下郎下女は「マサコはコピー取りとお茶くみしかできなかった」と言ってるが、

絶対に間違いが許されない大臣の通訳をしてるのがわかるでしょ!

あと雅子さまの人気ってご婚約内定報道以降すごいな。

雅子さまが恥ずかしがり屋というのは結構前からヘカテーは気付いてました。

誰よりも自分が目立つことを目指す姑とは真逆です。

あんなに美人でファッションセンスもピカ一で頭も良くって性格も良かったらもっと目立ちたがり屋になってもおかしくない。

美人で聡明で性格もいいのに恥ずかしがり屋って映画か小説かマンガの主人公みたいんだな。

途中で雅子さまの恩師と昆虫学者の先生がクワガタとヤモリの話をしてことって雅子さまが生き物が好きということが分かるという以外に

ド腐れマスコミと下郎下女が「マサコは昆虫が苦手だから養蚕が出来ない。コーゴーさまの養蚕をキーコさまとマコサマカコサマも手伝ってるのにマサコはやってない。皇后になれない」

と何度も何十回も言ってることに対しての反論ですよね。

クワガタをここまで増やせる女性がお蚕さん苦手なわけがねーだろ!!

ヘカテーもクワガタをここまで増やしていらっしゃったと知ってびっくりしたわ。

弱っていたクワガタを見つけてそれを保護された。

それ以降ここまで増やしたのです。

すごいな。

皇后の親蚕は“皇后陛下”のみがやるもの。

昭憲皇太后、貞明皇后、香淳皇后は皇太子妃は勿論宮妃にやらせなかったわ!!

粉屋の娘がまったく皇室の伝統を分かってないんだよ!

熱が入ってちょっと久しぶりにハマコーモードになっちゃったわよ。

あと中近東へ行かれた時の雅子さまのファッションのあでやかさを見ると

「眞子丼はブータンで肌を見せちゃいけないからと色々突っ込みたくなるロングスカート着てたけど伯母様の雅子さまが肌を見せちゃいけないイスラム教の国々をご訪問された時のファッションを参考にしようぜ!」

と言いたいぜ。


皇太子ご夫妻が一般市民と普通に話が盛り上がるということって適応力が普通の人以上に高いということなのよ。

「性格が異常な舅姑が我が国の絶対的な存在であるからこの人たちに私が合わせなければならない」と雅子さまは頑張られた。

高貴高齢者コンビのみならず、下劣な義弟義妹もいるし、その子分のマスコミや皇室ジャーナリストがいるのだ。

そりゃまともな人なら病気になりますよ。

男子を産まないという理由でここまで追い込まれた


10年以上お見えにならなかった園遊会にご出席される際にも帽子を新しくするのではなくて、帽子の飾りを変えてもらうというのが雅子さまらしい。

14年ぶりに出席された日赤の式典を過去記事でチェックすると、隣に座ってるキーコさまがすっげー不機嫌なのよ(笑)。

この人基本的に雅子さまが隣にいると非常に機嫌悪いんだわ。

絶対に雅子さまを視界に入れないように頑張ってる(笑)

雅子さまがいなければ日本で二番目に偉い女性だからね。

何よりも雅子さまに実際に会ってる皇太子殿下のご学友が

「ここ3年くらいでずいぶんと気品がより増してよりドシッとしてらして素晴らしい奥様として殿下の隣にいらっしゃいます」

という言葉が嬉しい。



いい番組作ったじゃないか!やればできるじゃん!

YOUKUから消される可能性があるから皆早く見てね!!

(おまけ)

しかし雅子さまって29歳の頃から本当に落ち着いていらっしゃる。

もう三十路になったヘカテーはこんなに落ち着いてないもん。

「あー、今日のローソン外れだわー。スイーツ碌なの揃ってない。超最悪」なんて仕事帰りに思ってる三十路と比べたら同じ日本人女性として恥ずかしいわ!

グッジョブ皇室日記!

先週の日曜日の『皇室日記』が雅子さま特集でした。

その前の週が敬宮さま特集でしたから、

『皇室日記』偉いぞ!

列外派読者様の地域にはなんと皇室日記が放送されない地域もあるとか!

で、調べてみたら例によって例の如くYOUKUに掲載されてました。

これがそれ↓


早く見ないと消される可能性があるので早めに見てね。

皇太子ご夫妻と実際に公務先でお話しされた人がその感想を話してるところがGOOD!

雅子さまお誕生日おめでとうございます!!





お誕生日おめでとうございます!!

あと1,2年で12月9日は地久節となります。

今年のお誕生日のお写真を見た際に「おお!」と余りの美しさに驚きました。

日本人でボルドーがここまで似合う人って中々いらっしゃらないぞ。

皇太子殿下と本当に仲がよろしくて羨ましい。

雅子さまは若い頃からお綺麗な方でしたが、今は円熟味のある美しさになられましたね。

昭和天皇の時代の皇室なら絶対に無かった嫌がらせや非情な仕打ちを何十回何百回とされて来た雅子さま

それに静かに耐え続けた雅子さま

恨みで心を醜くすることなく、恵まれない国民への慈愛が増すごとに内面の美しさがお顔にも出るようになった。

年を取ると人間って心の内面が外に出ちゃうのよ。

さて雅子さまのお誕生日に際しての文章回答がこちら

この一年を振り返りますと,様々な出来事がありましたが,今年も,残念なことに自然災害の多い年でした。7月の九州北部における豪雨で多くの方が犠牲になられたことは,とても心の痛むことでした。国外でも,地震や洪水,森林火災などが各地で発生しました。こうした災害により,不幸にして亡くなられた方々のご遺族のお悲しみを思い,心からのお悔やみを申し上げます。また,被災された方々のご苦労もいかばかりかとお見舞いを申し上げます。そして,被災地域の今後の順調な復興を心からお祈り致します。

東日本大震災の関係では,11月に皇太子殿下とご一緒して宮城県を訪れ,復興状況を見せていただきました。津波被害の大変大きかった名取市の閖ゆり上地区では,災害公営住宅の整備が進み,被災された方々の入居も始まるなど,安心して暮らせる環境が整いつつあることを目の当たりにするとともに,入居者の方々の生活が少しずつ整いつつあるというお話を伺い,安堵ど致しました。その後訪れた亘わた理町では,いちご団地の整備により,特産のいちごの栽培が軌道に乗りつつある様子を目にすることができ,嬉しく思いました。復興に向けた多くの方々のたゆみない努力が,こうして実を結びつつあることを頼もしく思うとともに,深い敬意を抱きます。一方で,被災地では,依然として応急仮設住宅等にお住まいの方々もおられるなど,いまだ多くの方が不自由な生活を余儀なくされていることや,復興までにはまだ長い道のりが残されていること,そして,その中で子供たちを含め,被災された方々の心のケアが引き続き大切な問題として残っていることなども案じております。被災された方々が,一日も早く安心して暮らせるよう心から願うとともに,殿下とご一緒に,引き続き被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思います。

近年,社会情勢の変化もあり,社会的に弱い立場にある人々が直面している困難な状況について耳にすることが多く,案じております。そのような中にあって,先日,「障害者週間」関係表彰式に出席する機会を得ました。障害による様々な困難を,並々ならぬ努力によって乗り越えてこられた方々,また,そのような方を支えてこられた方々など,すばらしい方々にお会いすることができ,感銘を受けるとともに,このような支援の輪の広がりをとても嬉しく思いました。そして,社会の中で,弱い立場にある人々への温かい理解と協力が広がり,だれもが互いに人格と個性を尊重しながら支え合い,将来に夢と希望を持って歩んでいけるような社会が実現されていくことを心から願っております。

広く世界に目を向けても,困難な状況に苦しんでいる人々が数多くいることに心が痛みます。人々が,広い心を持ってお互いの違いを乗り越え,様々な問題の解決に向け,共に手を携えて取り組んでいくことが,今の世の中で大切になっていると感じます。また,持続可能な社会の実現も大切な課題だと思います。最近,その実現に向けての取り組みが数多く見られるようになってきていることを心強く思っております。

「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が6月に成立し,このほどその施行日が決定されました。これまで,長い年月にわたり,常に国民の幸せを願われ,ご公務の一つ一つを大切に,お心をこめてお務めになっていらっしゃいました両陛下の歩みに思いを致し,深い感慨を覚えます。両陛下のこれまでの歩みに,心からの敬意と感謝の気持ちを申し上げたいと思います。そして,平成5年に,皇太子殿下との結婚により,私を皇室の一員としてお迎えいただきましてから,これまで二十数年の間,両陛下のおそばでお姿を拝見し,両陛下のなさりようを学ばせていただく機会を得られました幸せを身に沁みて感じますとともに,両陛下に温かくお見守りいただいてきましたことに深く感謝申し上げます。これから先のことを考えますと,身の引きしまる思いが致しますが,両陛下のお導きをいただきながら,皇太子殿下をお支えしつつ務めを果たしていくことができますよう,努力を重ねて参りたいと思っております。両陛下には,くれぐれもお体を大切になさり,これからも永くお健やかにお過ごしになりますよう,心よりお祈り申し上げます。

9月には,秋篠宮家の眞子内親王殿下のご婚約が内定し,喜ばしく思っております。私が皇室に入りました時には,東宮仮御所の隣にお住まいの,まだ1歳半余りの活発なかわいらしい女の子でいらっしゃった眞子様が,すっかり立派に成長された姿を感慨深く思います。日頃から,愛子にも優しく,また,楽しく接していただき,私たちにとっても,いつも楽しい時間をご一緒してきた眞子様には,心からのお幸せをお祈りしております。

愛子は,3月に学習院女子中等科を卒業し,4月より女子高等科生として新たな一歩を踏み出しました。高校生として,学校の勉強も更に難しくなったように思われますが,今では高校生活にも慣れた様子で,色々なことに励みながら,大勢のお友達と一緒に,楽しく充実した毎日を過ごしているように見受けられます。また,東宮御所に外国からのお客様がお見えになった折には,お話に加わり,少しずつ世界を広げていっているようにも思います。先日,16才の誕生日を迎えたところですが,今後とも,感謝と思いやりの気持ちを大切にしながら,様々な経験を積み重ね,更に成長していってほしいと願っております。両陛下には,日頃より愛子の成長を温かくお見守りいただいておりますことに,重ねまして心より御礼を申し上げます。

私自身につきましては,この一年も皇太子殿下のお力添えをいただきながら,様々な公務についてできる限りの務めを果たせればと思い,努力して参りました。都内での行事への出席のほか,7月に秋田県,9月に奈良県,10月に京都府と高知県,11月に宮城県と香川県を訪問することが叶い,その訪れた先々で,多くの方に笑顔で温かく迎えていただいたことは,私にとりまして大きな励みになりました。そして,周りの方々にも助けていただきながら,できることが少しずつ増えてきましたことを有り難く,また,嬉しく思い,今後とも,快復に向けての努力を続けていきたいと思っております。

国民の皆様から日頃よりお寄せいただいている温かいお気持ちに,改めましてこの機会に厚く御礼を申し上げます。


聡明さと優しさに溢れた文章です。

本当に雅子さまって偉いなーと思うのはあれだけの仕打ちをされた高貴高齢者コンビに対して敬意を表されてることです。

ルクセンブルグのマリア・テレサ大公妃は姑が死んだら嫁だった自分を虐めたってマスコミに話してるが、それよりも雅子さまに対する嫌がらせや虐めはひどかったと思うぜ。

雅子さまは絶対にマスコミにそんなことは仰らないでしょうね。

勿論、虐められたどころかあんなに大事にされてたのに「私は虐めらた」と懇意のマスコミや銃弾使って黙らせたマスコミに書かせた姑のやり方もされない。

あと雅子さまって本当にお優しいと思うことは眞子丼のことを

「9月には,秋篠宮家の眞子内親王殿下のご婚約が内定し,喜ばしく思っております。私が皇室に入りました時には,東宮仮御所の隣にお住まいの,まだ1歳半余りの活発なかわいらしい女の子でいらっしゃった眞子様が,すっかり立派に成長された姿を感慨深く思います。日頃から,愛子にも優しく,また,楽しく接していただき,私たちにとっても,いつも楽しい時間をご一緒してきた眞子様には,心からのお幸せをお祈りしております

と仰っていることです。

眞子丼って敬宮さまのことをこんな風に見てるんです。
2b4f1f72.jpg

ガン飛ばし

2003年皇室写真

何が気に入らんねん

ガン飛ばしてます。

元々、皇太子ご夫妻の間にお子様が長いことお生まれにならなかった時にキンジョーヘーカが「眞子がいるじゃないか」と言ったのだ。

眞子丼の警備は一時期、父親よりも厚かった。

おっかさんから「眞子が伯父さんの後に天皇になるのよ。天皇は一番この国で偉い人なのよ」と言われてたんだろうね。

それもあって「あたしを誰だと思ってるのよ!」とチビの頃から学習院でやりたい放題してた。

それが皇太子ご夫妻の間に敬宮さまがお生まれになったから眞子天皇の話は無くなった。

だから大嫌いなのだ。

そして坊やが生まれる


「どう、あんたの娘は天皇になれない。あたしが天皇になれると思ってたのに子どもなんて産んだせいで台無しよ。でもあたしの弟が生まれたからあんたの娘は天皇になれない」


と言わんばかりの表情だった。

秋篠さんちなんて懇意のマスコミに皇太子ご一家バッシングさせるし、懇意のデヴィ夫人に廃太子署名活動をさせるし、敬宮さまに対しては懇意の家の子弟を使って怖い思いをさせたし、雅子さまの衣装デザインをパクってきた。

雅子さまは本当に心が広い。

秋篠さんちなんてスルーしたっていいんですよ。

それをちゃんと触れてあげる雅子さまって本当にいい人だなーとしみじみ思う。

2019年5月から雅子さまは皇后になられると閣議決定したが、

ぶっちゃけそれよりも早くなる可能性があるよ。

キンジョーヘーカマジでヤバいっていうから。

皇太子ご夫妻 国際青年交流会議にご出席される

更新遅くなりました!



いやー、雅子さまお元気そうで何よりです。

目の輝きを見れば本当にお元気になられたのだとほっとします。

下郎下女どもは朝日の7DAYSに書いてないからドタ出と言うだろうが、

あんな秋篠宮家とべったりな新聞社の書く予定表なんてあてにはならん。

ガチで次の時代の天皇皇后両陛下となられる皇太子ご一家の予定を平気で省いて書いてるもん
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR