あの日から24年 ご成婚24周年!









ご成婚24年 おめでとうございます!

「雅子さんのことは僕が全力で守ります」

という言葉の通りに雅子さまと敬宮さまを全力で守っていらっしゃる皇太子殿下に乾杯

どれほど踏みつけられても叩かれてもここまでお元気になられた雅子さまに拍手

来年はいよいよ銀婚式です。

両殿下が両陛下になられる日も間近です。

皇太子殿下 デンマークご訪問閣議決定!




皇太子ご夫妻の海外訪問は毎回閣議決定してから発表されます。

(どっかの誰かさんたちと違ってね)

雅子さまがお見えにならないのは残念ですが、

7日間の滞在でスケジュールが密で移動距離もかなりあるということで見送られました。

皇太子殿下の海外訪問はマジで過酷です。

以前記事にしましたが、



元駐日ドイツ大使のフォルカー・シュタンツェルさんが著書『ドイツ大使も納得した 日本が世界で愛される理由』で書いてますが、

皇太子殿下のスケジュールがハードなのは相手国側が

「え、皇太子殿下が我が国にお見えになるの!皇太子殿下が来るんだからあれをぜひご覧になってもらおう。あ、これも見てもらおう。あ、こっちもいいねー。」

と気合を入れちゃうからです。

日本の外務省に勤めてる知り合いから読者の方が聞いた話↓
どんな下っ端の役人にも一人一人にも丁寧に接してくれる。
相手国の方にも同じ。
大統領のようなメインの要人だけでなく、どんな立場の方にも気をくばって下さる。
驕らずいばらず、天性の品があり、誰もが思わず自分から頭をたれてしまう素晴らしいお人柄。
スケジュールが本当にタイトなのは同伴して実感した。
分刻みとはまさにこのこと、
皇太子さまが自分から休みたいなんておっしゃられるはずがないから、
周囲は倒れないか心配になった。
たった五分のお休みの時間(それもベンチに座るだけ!部屋に帰って横になるとかではない)も、どんなに貴重かわかるから、
じっと目を閉じ座っている皇太子様を皆がそっと見守っていた。
そして周囲の人間のほうが疲れ果ててしまうような日程を、皇太子様はすべてつつがなくこなされ、
それどころか職員をねぎらい、心配してくださる。


宮内庁のアホンダラ役人どもは雅子さまもお見えになれるように日程くめよ

とも思うが、

キンジョーヘーカが結構アレだから

国事行為の代わりを務めることができるのは皇太子殿下しかいらっしゃらない。

(鯰にできると思うかい?)

余裕がある日程を組めないという理由もありそうです。

まあ高貴高齢者コンビの最後の嫌がらせというのもありそうだけどな!

次の時代になったら正々堂々と胸を張って雅子さまも海外訪問していただきたい

台覧相撲だよ 全員集合!(残念ながら敬宮さまはいらっしゃらず)








皇太子ご夫妻 大相撲夏場所を観戦

5月14日 19時03分
皇太子ご夫妻は14日、東京の国技館で初日を迎えた大相撲の夏場所を観戦されました。
皇太子ご夫妻は午後4時半すぎ、東京・両国の国技館に到着し、日本相撲協会の八角理事長の出迎えを受けられました。ご夫妻が大相撲を観戦されるのは10年ぶりです。
会場に入ると、大勢の観客が立ち上がって大きな拍手を送り、皇太子さまと和服姿の雅子さまは会釈をしてこたえられました。ご夫妻は八角理事長から説明を受けながら、中入り後の後半の取組10番を観戦されました。3場所連続優勝がかかる横綱稀勢の里と、小結嘉風の結びの一番では、皇太子さまは身を乗り出すようにして観戦されていました。
八角理事長によりますと、ご夫妻は取組ごとに「どうですか、この取組は」などと質問され、皇太子さまは帰り際に「よい取組をありがとうございました」と話されたということです

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170514/k10010981311000.html

うおおおおおおおお!
五月場所とは盲点だった!!
今日休みだから見れたのに!


雅子さまはお着物です。
よくお似合いですね。

(マサコは着物が着れないから皇太子妃失格」とかほざいてた下郎下女は悔しいだろう(笑))

ここまでお元気になられたことに感動!

本当に皇太子ご夫妻が嫌われてたらスタンディングオベーション起きないわ!

しかし

たった一つ残念なことが・・・

敬宮さまがいらっしゃらない!




ご体調崩されたと定例記者会見で発表されましたが、

もうすぐ中間試験だからお勉強されてるのでしょう。

高等科に入られてもっとお勉強が大変になられたでしょうし

(学習院は高等科も女子高等科も東大合格者が出るほどハイレベルな授業なのです)
(初等科高学年から宿題の量が半端ない量になる)

敬宮さまがいらっしゃると相撲ファンは大興奮です。

いやー、北の湖理事長が鬼籍の人になるとは時代は変わりましたな。

みんな、9月に期待だぜ!

皇太子殿下が各国大臣の前で英語でお言葉を述べられました





アジア67の国や地域の財務大臣の前でスピーチするんだぞ!

しかも英語で!

そして横浜ですよ。

ヘカテーが住む神奈川県ですよ。

ゴールデンウィークなのに殿下お疲れさまです。

こんなに真面目にコツコツ頑張ってらっしゃる方なのに国内のマスコミや下郎下女どもに因縁付けられるのだからお労しい。

早く時代が変わってほしいよ。

あと気づいた人も多いと思いますが、

秋篠さんちの広報の役割を果たしてる朝日の皇室7DAYSの秋篠さんちの予定が今週空白なんですよ。

どっか行ってるだろうね。

またツイートされるんじゃないの?

ちょっと皆様大変よ!新潮の癖にいい記事書いてるわ!

マレーシアご訪問 皇太子さまの「SMARTトンネル」体験

デイリー新潮 4/28(金) 5:58配信
マレーシアで垣間見えたのは殿下の思いだった。皇太子さまが13日から17日までの間、当地を訪問された。同行した記者の話。

「国交樹立60年ということで政府から招待を受けたのです。ナジブ首相との昼食会では首相が皇太子さまとの自撮り写真を撮影するという場面もあり、終始、友好的な雰囲気。実は、滞在中に皇太子さまが切望されたのが、SMARTトンネルのご視察でした」

 2007年、地下に建設された全長9・7キロのトンネル。クアラルンプール市内の渋滞解消に寄与しながら、豪雨で川が氾濫しそうな場合は排水する機能をもつ。

「視察ではトンネルのコントロールセンターで係の者から30分ほどの説明を受けました。市街地のジオラマを見ながら、場所を尋ねるなど、熱心な様子でした。その後、車で実際にトンネルを通過されています」(同)

 なぜ、殿下が興味を持たれているのかと言えば、

「元々、学生時代から、“水”問題に関心をお持ちでした」

 と宮内庁関係者が言う。

「学習院大学の卒業論文は中世の瀬戸内海の水運について。イギリスのオックスフォード大学に留学中もテムズ川について研究されました。次第に興味の対象が、水害など水全体の問題へと広がり、世界水フォーラムなどで講演を行うようになったのです」

 かつて、皇太子さまにご進講したある専門家も頷く。

「その際、一方的にこちらが話すことはなく、自然と会話になってしまうのです。それほどの知識をお持ちで、鋭いご質問もされるということ。一昨年に国連で行った講演でも、このトンネルを取り上げるなど、世界の水問題をよく学んでいらっしゃると思いました」

 足かけ30年以上に及ぶライフワークである。

「週刊新潮」2017年4月27日号 掲載

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00520585-shincho-soci

週刊新潮の癖にいい記事かいてるじゃない!

でも皆様油断してはダメよ

こういう記事を持ってきた後にバッシング記事を連発するんだから。

まったくこういう記事を普段から書いてたら新潮社の本を新刊で買ってやるのに

真っ当な日本国民の怒りを買うようなバッシング記事ばーーーーーっかり書いてるから中古で買ってるのよ!

中古だと出版社にお金が入らないからね。

ヘカテーは東宮応援派のハマコーとして朝日、文春、新潮、小学館の本は新刊では買いません。

中古で買うか図書館で借りるかを選択してます。

ささやかな兵糧攻めの一環であります。


プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR