高円宮妃久子さまロシア訪問へ!

久子さまがW杯視察と代表激励でロシアへ、皇室から戦後初
5/18(金) 17:36配信 TBSニュース
高円宮妃久子さまが、来月開幕するサッカーのワールドカップロシア大会を視察されることになりました。皇室から、ロシアを訪問するのは、戦後、初めてのことです。

宮内庁によりますと、久子さまは、来月18日から26日までの9日間の日程でロシアを訪問されます。来月開幕するサッカーのワールドカップロシア大会を視察するためで、大会期間中は、グループ予選で「日本代表」対「コロンビア代表」、「セネガル代表」との試合を観戦されます。また、日本代表のキャンプ地を訪れて、選手たちを激励される予定です。今回のロシア訪問は、日本サッカー協会の名誉総裁としてのもので、ロシアの要人らとの面会などは予定されていません。

皇室から、ロシアを訪問するのは、102年ぶりのことで、戦後は、初めてのことです。(18日17:48)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180518-00000215-jnn-soci

ワールドカップやオリンピックには各国の王族も応援に開催国へ行かれます。

「102年ぶりの皇族のロシアご訪問って言うけど前回は誰が行ったの?」

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

1916年8月に閑院宮載仁親王がロシアに派遣されました。

1916年1月、ゲオルギー・ミハイロヴィチ大公(ニコライ二世の従叔父)が来日しました。

その答礼として閑院宮載仁親王がロシアを訪れたのです。

お元気そうで何より 千家典子さん



2月24日放送の皇室アルバム

2月23日が皇太子殿下のお誕生日なのに皇太子殿下のお誕生日について触れないとはけしからん!!

と思ってみたが、

実は結構いい内容だった。

超嬉しいのが千家典子さんの姿を拝見できたことです。

世界らん展の実行委員の名誉顧問として出席されました。
19ad00772c9e17cff6e754ef421dffea.png


お着物が素敵!

東宮応援派の方のツイートによると

高円宮妃久子さまは世界らん展が小さな会議室で開かれていた時代から世界らん展の発展に尽くされてきた方とのことです。

06aff342a4603171b13541a7a1f7d86f.png


お元気そうで何よりですね。

なんかどっかのバカな人が

「若い夫婦の家に自転車や花が植えられたプランターがないのは変だ。夫婦仲が悪いに違いない」

と言ってたが、

千家家のお家ってこれだよ!!!


国麿さんのご両親のお屋敷ですが、この大きさを考えれば若夫婦の家がどれだけの規模か想像できるよ
普通の一軒家と一緒にするな!

高円宮家 お母上久子さまが女王さま方へ総裁職を譲られる

高円宮妃久子さま、2団体の名誉総裁職をご退任 承子さま、絢子さまがご就任
産経新聞 1/16(火) 11:58配信
宮内庁は16日、高円宮妃久子さまが「公益社団法人全日本アーチェリー連盟」と「日加協会」の名誉総裁を15日付で退任されたと発表した。16日付で、全日本アーチェリー連盟の名誉総裁に長女の承子さまが、日加協会の名誉総裁には三女の絢子さまが、それぞれ就任された。
同庁によると、全日本アーチェリー連盟は若い世代の競技人口が増えてきたため、日加協会は絢子さまがカナダへの留学経験を持つなど、ご交流が深いことが理由という。
久子さまは平成14年に薨去(こうきょ)した高円宮さまから同15年、2団体の名誉総裁職を引き継がれていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000540-san-soci




承子さまは日本ユニセフに勤められ、絢子さまは母校の研究員をされてます。

承子さまは同年代なのでとっても親近感があります。

日本ユニセフのお仕事で小学校で特別授業をされてますが、

実にイキイキとされてます。

お母上の久子さまと一緒にデンマーク王太子ご夫妻を案内されたこともありました。

(秋篠さんちに外国語で海外の王族をもてなすなんて出来ない。筆頭宮家なのに)

えー、物を分かってないコーシツジャーナリストは

「眞子さまはヘーセー初のプリンセス」

と言ってますが、

本当に平成初のプリンセスは高円宮家の絢子女王さまです。

平成2年9月15日にお生まれになりました。

眞子丼はヘーセー3年ですね。

絢子さまは頑張り屋さんで何と奨学金で大学に通われてました!

城西国際大学に進学されたのは福祉を学びたいと思ったからです。

学習院大学には福祉を専門に学べる学部がありませんから。

城西国際大学を選ばれたのは福祉が学べること、そしてその他に高円宮殿下記念スポーツパークがあったからです。

サッカー部のマネージャーとしての活動が評価され理事長特別表彰を授与されました。

大学院では修士論文で優秀賞を授与されました。

下郎下女は「Fラン大学」と馬鹿にするが福祉を学べる大学は残念ながら今の日本ではあまり偏差値が高くないのだ。

やっぱりこういう努力家でコツコツ頑張る方にこそ日本人の模範として皇室に残って欲しいですね。

ヘカテーは直系長子継承を支持してますが、

我儘と指摘されるかもしれませんが、

絢子さまにも残ってもらえる方法はないかなーと思います。


総裁職と言えばちょっと心配なことがあります。

ご高齢になられた常陸宮さまの総裁職に

日本丁抹(デンマーク)協会 総裁
日本瑞典(スウェーデン)協会 名誉総裁
日本ベルギー協会 名誉総裁

があります。

デンマーク、スウェーデン、ベルギーの3か国には王室があります。

秋篠さんちが狙ってそうでしょ?

坊や誕生以後唯一訪問できた欧州の王室がある国はオランダだけです。

秋篠さんが日蘭協会の名誉総裁をしてるからです。

この間のローレンティン妃が来日された際に長崎に行けたのも日蘭協会の名誉総裁だから。

デンマーク、スウェーデン、ベルギーの3か国に行く口実が出来ます。

まあ

デンマーク→現国王は女王陛下。直系長子継承の国 
スウェーデン→男女関係ない直系長子継承で現王太子も次の時代の王太子も女性
ベルギー→徳仁皇太子殿下の親友が現国王陛下で王太子は2001年生まれのエリザベート王女

倫理違反してまで男子作った秋篠宮家がどの面下げて行けるのさ?と思いますが、

総裁職に注意が必要よ!

日英協会も総裁職が寛仁親王薨去後空席になってます。

気を付けなければならない。

高円宮妃久子さま 報道写真展をご鑑賞

50e7aab1e5c9e41cc027ab134099fe33.png
b9e9b9d1cf6cc1beb3ca14f50f2b1175.png


高円宮妃久子さま、報道写真展へ
12/19(火) 22:11配信 FNN
高円宮妃久子さまは、19日から始まった「2017報道写真展」をご覧になった。
2017報道写真展は、2017年を象徴するニュースや話題を中心に、決定的な瞬間をとらえた写真、およそ300点が展示されている。
オープニングでは、女子プロゴルファーの畑岡奈紗選手がテープカットを行った。
久子さまは、19日午前10時すぎに会場に姿を見せ、1点1点、ゆっくりとご覧になった。
皇室の写真コーナーで、皇太子ご夫妻と学習院高等科の入学式に向かう愛子さまの写真を見ると、「ずいぶんお背も高くなられましたね。両殿下もうれしそうですね」などと感想を述べられていた。
また久子さまは、ご自分でも鳥の写真を撮っていることもあり、「どうやって撮ったのですか」、「こういう写真は撮れないですね」などと、関係者に質問をされていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171219-00000802-fnn-soci

久子さまって姿勢がいいなー。

姿勢が良くてファッションセンス抜群だから実にかっこいい。

皇太子ご一家のお写真の前では実に嬉しそうな笑顔です。

ご注目してほしいのは「鳥の写真をご自分でも撮られる」ということ

バードライフ・インターナショナルという国際環境NGOの日本支部の名誉総裁をされてます。

鳥類についてお詳しいのです。

バードライフインターナショナル東京の名誉総裁についてのページにはこのように書かれてます。

「バードライフ・インターナショナルの名誉総裁には、高円宮妃久子殿下にご就任いただいています。バードライフの活動に多大なるご支援をいただいているほか、妃殿下ご自身も熱心な野鳥写真家です。野鳥の写真集を複数出版されているだけでなく、日本最古の女性誌である婦人画報には鳥に関する記事を隔月で執筆されています。またバードライフの名誉総裁として、毎年2回開催しているガラ・ディナーにもご出席され、バードライフの活動への支援を呼びかけいただいております」
http://tokyo.birdlife.org/partnership/about-birdlife/hih

鳥に関してはものすごく詳しい。

久子さまは鴨場接待ではこのように上に向けて鴨を放ってらっしゃる。

151217171375567042179.jpg
『朝日新聞2017年12月2日記事より』


鴨場接待で眞子丼はこんな風に鴨を放ってますが、

as20171201003286_comm.jpg
『朝日新聞2017年12月2日記事より』

眞子丼のやり方だと思いっきり鴨の首が地面に激突しちゃうのだ。

普通に考えたら鳥は空に向かって飛び立つのだから空に向かって放つよな。

下郎下女は一生懸命「眞子さまのやり方で正しいんだ!だって眞子さまは動物学者の秋篠宮さまの娘だもん!」と言い訳をしてる。

じゃあなんで後ろにいる鴨場の職員さんが「え、何やってんのこいつ」みたいな顔してるのよ。

あと、前回は眞子丼一人での鴨場接待だったが、今回は久子さまもご一緒だった。

前回一人でやらせたが、全くおもてなしできていなかったと捉えていいっすよね?

高円宮家とスペイン王室の友情物語

2002年11月21日 高円宮憲仁親王殿下は薨去されました。

まだ47歳の若さでした。

末っ子の絢子さまはまだ小学生。

三人の女王さま方は病室で眠るお父様に「一生懸命お勉強するから目を開けて」と泣きついていらっしゃった。

あれから15年

『素顔の一瞬(とき)』は高円宮さまが雑誌『婦人公論』に連載されたものを一冊に纏めたものです。

スペイン国王からの招待を受けてスペインをご訪問された時のエピソードです。

1986年に来日したカルロス国王の長女エレナ王女来日時に鎌倉を案内されたのが高円宮ご夫妻でした。

エレナ王女は高円宮さまのおもてなしに感激されて、カルロス国王に高円宮ご夫妻のことを大変良くご報告されました。

(ちなみにエレナ王女が1986年に来日した時に初めて浩宮さまと小和田雅子さんはお会いされました)

「そんなにいい人たちならぜひ会いたい」と思ったカルロス国王は「近いうちにスペインへ」と直々に手紙を出されました。

国王陛下直々の招待の手紙ということで宮内庁と高円宮ご夫妻が話し合われている間に、

久子さま第2子ご懐妊、ご出産(典子さまご誕生)、昭和天皇崩御、一年間の服喪、久子さま第3子ご懐妊、ご出産(絢子さまご誕生)

と非常に高円宮家は忙しく、その後もカルロス国王からの招待の手紙は来ましたが中々行くことができません。

カルロス国王から3回目の招待の手紙が高円宮邸に届けられました。

行間を読めば

「オマエ、ワシの招待をいつになったら受けるんじゃ。ええかげんにせーよ!」
(『素顔の一瞬』25ページから原文ママ引用)

ということが読める手紙でした。

こうして最初のスペインご訪問が実現しました。

マドリッドに到着した高円宮ご夫妻をエレナ王女がお出迎え。

ご宿泊されたのはバルド宮殿。

このパルド宮殿は国賓が宿泊する為の宮殿で通常は皇太子(王太子)以上の皇族(王族)しか使用を認められません。

それを特別にカルロス国王が許し、高円宮ご夫妻は宿泊されました。

スペイン王室の高円宮ご夫妻に対するおもてなしがすごい!

カルロス国王ご夫妻のお住いのサルスエラ宮殿では高円宮ご夫妻を歓迎した盛大な晩餐会が開かれました。

6日間のスペイン訪問中はエレナ王女またはクリスティーナ王女が同行されました。

スペインご訪問を終えた翌年。

クリスティーナ王女が来日されました。

この時も高円宮ご夫妻がおもてなしされました。

京都を1泊2日の日程で回られ、旅館では大使も王女随員も含めて浴衣姿で食事をし、東京に戻ってからは行きつけの串揚げ料理屋でお食事をされました。

高円宮ご夫妻は若い王族は堅苦しい公式日程ばかりでは息苦しいだろうと配慮され、日程の合間に息抜きと気張らない日本の良さを知ってほしいとこういう庶民的なお店でお食事をされます。

お姉さまのエレナ王女同様にクリスティーナ王女もおもてなしに感激!

スペイン側の随行員も非常に日本を楽しんだとのことです。

97年にクリスティーナ王女が結婚する際に招待された皇族は高円宮ご夫妻でした。

これが2度目のスペインご訪問です。

欧州の王室は国境を越えて何世紀にもわたって血縁関係があります。

現存する王室はもとより、ブルガリアやギリシャといった既に無くなった王室の王族も招待されました。

スペイン王室はハプスブルグ家とブルボン家の両方の血を引いてますから、各国の貴族も招かれました。

カルロス国王は最も遠い所からいらっしゃった高円宮ご夫妻を抱きながら「よく来てくれた!本当にありがとう」と仰いました。

(最近ネット右翼が「日本の皇室は世界一歴史が古いから世界一尊敬されている」と威張ってますが、歴史が古くても欧州から見れば所詮アジアの王室ですし、国土も威張るほど大きくないし、国民の数だって威張る程多くない。宗教だってキリスト教ではない。ぶっちゃけそんなに威張れるものではないのです。
そんな中で欧州の王室から敬愛されることは非常に凄いことなのです)

こうして親交を深めたスペイン王室と高円宮家

高円宮さまのご葬儀の際にはスペイン王室からクリスティーナ王女が駆け付けられました。
2002-11-29-a.jpg


ハプスブルグ家とブルボン家という欧州トップの名家の血を引くスペイン王室。

それから見ればアジアのロイヤルって凄くないぞ。

そういうハンディキャップを持った

スペイン王室は徳仁皇太子雅子皇太子妃両殿下とも親しい間柄ですね。



プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR