ドン引きするぐらい常陸宮ご夫妻を憎んでるキンジョーヘーカのご学友橋本明

『週刊女性 創刊50周年記念号 美智子さまと雅子さま』

という本を買いました。

そこに書いてあった橋本明の特別読み物が気持ち悪い

とにかくミテコさまをほめまくった後に書かれた常陸宮ご夫妻の記述

常陸宮さまの悪口

じつは昭和36年、高室内で「宮中聖書事件」と呼ばれる出来事があったんです。
ある日、皇居の御文庫(昭和天皇の住居)での団欒のとき。昭和天皇がそのころお妃選考が始まっていた常陸宮(当時は義宮)に、
「義坊ちゃん、そろそろ結婚する年ごろだけど、どういう女性がお嫁にほしいの」と尋ねられた。
義宮は「お姉さまみたいな女性がいい」と答えられた。そこで昭和天皇が「お姉さまのような人というのはどんな人なの」とお尋ねになられると、「ともに聖書を読める人・・・・・・」と、はっきりと答えられたのだという。
美智子妃はカトリック系の聖心女子大の出身。プレジデントと呼ばれる生徒会長でもあった。歴代のプレジデントは誰もが洗礼を受けていたが、幸い、美智子妃は唯一の例外だった。
それでもカトリックの教育を受けられた美智子妃は、義宮にとって好ましい身内でもあった。
というのも、幼いころに小児麻痺を患い、それを克服した義宮は、側近にカトリック信者の皇子傳育官がいたことおあり、中等科のころから急速にカトリックの教えに系統されていた。
「義宮はキリスト教にかぶれている」
そんな噂は私も耳にしていた。じつは、大学生のころ、私は高等科の義宮のと学習院の清明寮で同室だったことがある。実際、就寝前にアーメンと唱えて十字をきられてもいた。
ある日、その義宮が呟かれている言葉に仰天したこともある。
「神さま、橋本さんの、あの穢れた気持ちをお救いください。あの人は決して悪い人ではないのです・・・・・・」
こっそり布団の中から、義宮に目をこらすと、その表情は真剣そのものでした。
キリスト教にかぶれているどころではない、これは本物の信仰だと思いました。実際、送られてくる『嘉信』という無教会派の雑誌を、義宮は美智子妃に手渡したりしていた。
皇室には戦後はもちろん、戦前からカトリック信者の侍従や職員はいた。昭和天皇は側近の信教の自由はお認めになっていた。だが、身内の者はそうではなかった。義宮は第2位の皇位継承資格者、それだけに昭和天皇よりも直宮妃たちが衝撃を受けていた。だが義宮は自説を曲げなかった。
そんなことから、その後しばらくして、昭和天皇が激怒され、美智子妃は御前で土下座して謝られた・・・・・・。そんな噂が流れたんです。
しかし、それは民間出身の皇太子妃を快く思わない人たちが意図的に流した事実無根のことだった。後年、それを知った昭和天皇は、「私は(美智子妃)を怒ってはいない。そのような事実がないばかりではなく、心にも思ったことさえなかった。この文句どおりを東宮職に伝えるように」とおっしゃっている。


昭和天皇がそんな事実はないと言ってるんだから実に眉唾である。

っていうかこの常陸宮さまの発言含めて橋本が流した噂なんじゃね?

そもそもミテコさまの実家の正田家は正田冨美さん自身が

「正田家はクリスチャンです」

って言ってるからね。

こんな写真も撮られてるし

カトリックの女性が被るベールを身に着けるミテコさま
クリスチャンベール

常陸宮さまと同室だったていうのも非常に嘘くさい


さて、もっと橋本明がもっと憎んでるのが華子さま

華子さまへの悪口

昭和39年、義宮妃は旧華族(伯爵家)で学習院出身の津軽華子さんに決定した。おふたりの結婚で常陸宮家が創設された。
美智子妃にとって、義弟宮である義宮に嫁いだ華子妃は天性明るい気さくな性格の女性だった。ときにお付の女官が使う机の引き出しにこっそり生き物を入れ驚かせたりする。そんな無邪気な明るい女性だった。
だが、そんな人柄の華子妃を香淳皇后は猫かわいがりされた。そんなことから皇室内での美智子妃の孤立がますます深まっていったのも事実でした。
日本赤十字社には皇族室があり、そこで皇后をはじめ各宮妃がお針子姿になって奉仕される恒例行事がある。それに華子妃が加わってからは、美智子妃だけポツンと作業される姿が多くなったと日赤関係者は語っている。
香淳皇后や宮妃の会話の中心は、いつも華子妃であった・・・・・・。


お前どんだけ華子さま嫌いやねん

なんか華子さまのせいで美智子さまいじめがひどくなったみたいな書き方だな

酒井美意子さんが仰ってますが、

ご両親陛下思いの常陸宮さまは特にお母上の良子さまが気に入るお方を、と思われて華子さまを選ばれました。

華子さまのご成婚当時のお写真を拝見するに、

ものすごく自然体で素敵な笑顔です。

むしろ正田美智子の方が気取っていてナルシストであることがわかります。

美智子さまは孤立していたとか言ってるけど、

みんなから嫌われるような行動とってきて

「私いじめられているんです」

と言われてもねー。

喜久子さまが帽子の角度を直してあげたら5分もたたないうちに元の角度に直して、喜久子さまを「もう何にも教えて差し上げない!」と激怒させたのにね。

常陸宮ご夫妻のご性格がよくわかる写真をご紹介します。
afef9a4291e8f5bd1bf2767005ffbb24.png
(長姉の東久邇成子さんのお子様と遊ばれる常陸宮さま。後ろにいらっしゃる成子さんの表情も素敵ですね)

8Dc91BE8Eq97l18DCE.jpg
(甥っ子の浩宮さまをご覧になる常陸宮さまの表情が優しい)


華子さま
20160315212328d99s_201609252304560f2.png

常陸宮妃華子さまご公務に復帰されました おかえりなさい華子さま!

c92eb3c58c290b78f65df7389d5a5daa.png
ab677359a10dc7b087674a67ae88a764.png

常陸宮妃華子さま、公務に復帰される 展覧会開会式にご出席
フジテレビ系(FNN) 9月9日(金)7時41分配信
常陸宮妃華子さまが、公務に復帰された。
常陸宮妃華子さまは8日午前、北海道・札幌市で開かれた「日本いけばな芸術北海道展」の開会式に出席された。
この展覧会は、華子さまが名誉総裁を務める「日本いけばな芸術協会」が主催したもので、華子さまは、テープカットのあと、つえを突きながら、会場内の展示作品を見て回られた。
華子さまは、7月に両側変形性股関節症の治療のため手術を受け、8月7日に退院されていて、今回のご出席が、退院後初めてのご公務となった。.


列外派に集まる人間は全員華子さまが大好きです。

杖をついていらっしゃいますが、お元気そうで何よりです。

麗しの華子さまスマイルは国宝級

華子さまにはぜひ高松宮妃喜久子さまのように長生きされて徳仁天皇陛下雅子皇后陛下を優しく見守って下されば幸いです

一般参賀でのシッシ事件や常陸宮さまの傘寿の祝いの会に招かれないという事実があるのに、

なぜか秋篠信者から

「常陸宮ご夫妻は秋篠宮ご一家が好き」

と言われてることは大変気の毒です。

デパートのバーゲンで買い物をされる華子さま、勢津子さま、喜久子さま、百合子さま

無題

平成じゃ、いろいろな意味で撮れないだろうなーと思う写真

常陸宮妃華子さまがご退院されました

常陸宮妃華子さま退院…人工関節手術、無事終え

読売新聞 8月7日(日)18時38分配信
宮内庁は7日、両側変形性股関節症の手術のため東京都世田谷区の日産厚生会玉川病院に入院していた常陸宮妃華子さま(76)が同日午後、退院されたと発表した。
7月16日に人工関節に入れ替える手術を無事に終え、院内でリハビリを続けられていた


列外派に集まる真っ当な日本を愛する日本人は華子さまが大好きです。














華子さまが皇后陛下だったらと思うと溜息が出ます。

大変お気の毒なことが一つ。

退院して常陸宮邸にお戻りになられた次の日に

「へーせーの玉音放送」を聞かされるということです。

常陸宮妃華子さまの手術が無事終了&秋篠信者が戯言ほざいてる件

華子さまの手術無事終了
時事通信 7月16日(土)15時45分配信
常陸宮妃華子さま(75)は16日、両側変形性股関節症の治療のため、入院先の日産厚生会玉川病院(東京都世田谷区)で股関節を人工のものに置き換える手術を受けられた。
宮内庁によると、手術は午前9時半すぎから全身麻酔下で行われ、正午すぎに無事終了。華子さまは午後0時半ごろ病室に戻った。今後はリハビリなどを行い、約1カ月で退院できる見通しという。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00000088-jij-soci

無事終了とのことでほっとしました。

さて、秋篠信者が

華子様、リハビリ頑張って下さい 凛とした華子様は日本女性のお手本です。 元気なお姿を拝見できる日を楽しみにしております。

とか言ってるのよ。

うん、でもさ悪いけど

華子さまはあんたらが大好きな筆頭宮家が大嫌いですよ。

証拠映像
[広告] VPS


列外派ではおなじみとなった「シッシ事件」
(この動画の1分50秒から始まる。嫁いできて20年以上になるのに立つ場所を考えず、足の悪い常陸宮さまの邪魔をするキーコさま。華子さまがハンカチか手袋で「シッシ、あっちへお行き」と払いのける。その後麗しの華子さまスマイルで雅子さまに話しかけられる)

460110525_20160719125957bd5.jpg

531126589.jpg

1464924898663.jpg


あと昨年の7月3日に行われた常陸宮ご夫妻の金婚式のご祝宴に秋篠さんちは誰一人として出席されてません。

眞子丼は英国留学中、父ちゃんは趣味公務の一つの山階鳥類研究所関西地区賛助会員の集いで大阪入りしてましたが、

母ちゃんと佳子ちん、そして(未成年だけど)41年ぶりの親王の坊やは東京にいました。


皇太子ご夫妻はトンガ国王からの招待で戴冠式にご出席されるためにトンガに行かれたのでご出席されてません。

リョーヘーカのご日程にはちゃんと

平成27年7月3日(金)
天皇皇后両陛下 ご祝宴(常陸宮同妃両殿下ご結婚50年)(東京倶楽部(港区))


と書かれてます。

あと昨年の12月11日に行われた常陸宮ご夫妻の金婚式のお祝いの会にも出席してません。

父ちゃんは栃木、眞子丼は南米に行ってますが、

母ちゃんと佳子ちん、そして(未成年だけど)41年ぶりの親王の坊やは東京にいました。

(ただ皇太子ご夫妻も記載されていない)

また、昨年開かれた三笠宮さまの百歳のお祝いの会にも出席してません。

平成27年12月2日(水)
天皇皇后両陛下 行幸啓(ご内宴(三笠宮殿下百歳をお迎えにつき))(三笠宮邸)

平成27年12月2日(水)
皇太子同妃両殿下 ご内宴(三笠宮殿下百歳をお迎えにつき)(三笠宮邸)


筆頭宮家は記載なし
(眞子丼は南米旅行中)




真っ当な日本人、というか外国でも同じですが、

お葬式は呼ばれなくても行くことができます。

しかしお祝いの会には招待されない限り行くことはできません。



本当に嫌われてるんだなー


不思議だなー。

華子さま以来の学習院卒業生なのに、

華子さまと百合子さまから全然愛されてないんだもん。


プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR