映像で見るとマジで狭かった川島家の3DK




めちゃくちゃ狭いな!!

屏風とか置いたからさらに圧迫感あるわよ!

あとキーコさまの振袖がしょぼい。

こんな家で納采の儀をやったことに本当にびっくり。

宮内庁に「椿山荘でやりたいから費用を出してよ」と要求して、

宮内庁から「そこまで面倒見切れん!」と断られた。

「じゃあ、うちでやります」

と3DKで納采の儀をやったのだ。

えー、学習院出身の列外派読者の方曰く、

「職員団地は若手の研究者の為のもので、ある程度お金が貯まったら一戸建てを買います。狭くて研究用の書籍を沢山置けませんから。成人した子どもがいるのに居座った川島夫婦が異常」

もうさ、こんな家から嫁いでいったんだから小室家に文句言うなよ(笑)

あんまり文句ばっかり言って海の王子との結婚が破棄になってから

眞子丼が新しい相手を連れてきた時に

「うん・・・。海の王子の方がまだマシだったね」

ってなっちゃうぞ!!

参考までに↓

小和田邸は目黒区の一等地にありますが、それでもこれだけの広さがあります。

前代未聞の珍事!結婚を延期!

眞子丼まさかの結婚延期!!!

<眞子さま結婚延期>「急ぎ過ぎていた」 コメント全文
2/6(火) 19:24配信  毎日新聞
私たちは、今まで結婚に関わる様々な行事や結婚後の生活にむけて、二人で話し合い、それぞれの親や関係する方々と相談しながら準備を進めてまいりました。しかし、その過程で、現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました。

これまでのことを振り返ってみたいと思います。昨年5月、予期せぬ時期に婚約報道がなされました。このことに私たちは困惑いたしましたが、結婚の意思を固めていたことから、曖昧な状態を長引かせない方がよいとの判断をし、当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました。婚約の内定発表に際しては、多くの方々がお祝いのお気持ちを寄せてくださったことを大変有り難く思っております。その後、昨年11月には、それ以降の諸行事の予定を立て、発表いたしました。

 しかし、色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います。ここで一度、この速度が自分たちに本当に合っているのかを慎重に考えるべきでしたが、婚約の内定発表に関しても、それ以降の事柄に関しても、私たちはそのまま前に進むという選択をしてまいりました。

 今、私たちは、結婚という人生の節目をより良い形で迎えたいと考えております。そして、そのために二人で結婚についてより深く具体的に考えるとともに、結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたいと思っております。本来であれば婚約内定の発表をするまでにその次元に到達していることが望ましかったとは思いますが、それが叶(かな)わなかったのは私たちの未熟さゆえであると反省するばかりです。

 これらのことを踏まえ、それぞれの親や関係の皆様と相談を重ねた結果、この度、今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました。

一度決めた予定を大幅に変更することは、私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております。

私は、結婚に関わる諸行事を延期したい旨、天皇皇后両陛下にご報告申し上げました。両陛下は、私たち二人の気持ちを尊重してくださいました。

私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000090-mai-soci

つまんねー!!

このニュースを知った時のヘカテーの第一声がこれ↑

しかしまあ、前代未聞ですね。

というか恥ずかしいことこの上ない。

しかも言い訳がすごい。

「自分たちはまだ考え中だったのにマスコミが勝手にばか騒ぎするから・・・」

あのさ、懇意の記者であるNHKの橋口を経由してNHKにニュース速報させたのはどなたでしょうか?

秋篠宮家と仲良しの橋口が悪者扱いになっちゃうぞ~

というかその理由って礼宮と川島キーコの喪中婚約の言い訳とまったく同じだしな。

「マスコミが騒いで川島家に迷惑がかかるから責任をとって」って言ったもん。

隣に座ってたぶりっこの渦中の女はニヤニヤと笑ってた。

そして許せんのがこれ↓
今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期

キンジョーと皇太子殿下のせいにしてるだろ!!

宮家の内親王の結婚なんて楽勝よ!

だって昭和天皇の喪中に新天皇の息子が兄宮を差し置いて「側室でもあり得ない相手」と学生同士で婚約して、即位の礼の前に結婚したじゃん。


共謀罪が決まるかどうかで大騒ぎだったのに、一気にマスコミはあなた方二人の婚約に集中しましたよね。

そして皇太子ご夫妻の奈良県行啓の日を狙ってわざわざ婚約記者会見をした。

10月の皇后であるミテコさまは誕生日で「婚約が決まって嬉しい」と言った
11月の秋篠さんの誕生日には夫婦で「小室君はいい子」と言った
12月には皇太子妃である雅子さまが「婚約おめでとう。あんなに小さかった眞子様が結婚されるなんて嬉しい」と仰った
さらには日本一高貴な存在である今上陛下まで「おめでとう」とお祝いした。

天皇、皇后、皇太子妃の3名の内廷皇族が認めたのが眞子丼の婚約

秋篠さんち夫婦も両親として一度は認めた。

にも関わらずこの事態!!

あの婚約記者会見でお互いを月だと、太陽だと例えたり、座右の銘は「レリビー」だったりと色々痛いことを言ってたのになー。

キーコさまは本当に嫌だったんだね。

娘が連れてきた相手がまさかの海の王子!!

「出雲大社の千家家以上の家柄の人と結婚させる!!」

とマスコミの記者相手にベラベラ喋ってたことを考えたらそうとう恥ずかしかっただろう。

他の宮家からもバカにされるだろうしね。

眞子丼も情けないなー

「皇室の人間と結婚することは大変だと思いますが、小室さんは私が一生全力で守ります」

位の事を言って愛する人を守ればいいのに

秋篠信者的にはこの結婚延期って嬉しいのかしら?

うん、やっぱり海の王子は秋篠宮家にぴったりの相手だ

眞子さま、婚約者・小室圭さん母が借金未返済でも養った“彫金師”恋人の存在

どっかの帽子婆が

「娘は母親の作品」

みたいなことを言ってた。

帽子婆は大嫌いだが、正しかったな。

キーコさまの子育ての結果、眞子丼は海の王子と結婚することになった。

2000円の手袋代まで宮内庁に請求した川島和代さんの娘がキーコさま

金クレ人クレのキーコさまの娘が眞子丼&佳子ちん

和代さんも娘が礼宮のお妃に決まった途端に皇族ぶった帽子をかぶるようになった。

納采の儀や告期の儀の日もあの3DKの川島家のベランダには洗濯物が干されていた。

あの団地の他の家は「さすがにハレの日に洗濯物を干すのはやめましょう」と自粛してたのにも関わらずである。

「あたしはあたしよりも後から来たくせにあたしよりも上の身分になった憎い憎いマサコを失脚させてあたしが皇后になってやる!」

と宣言する前に娘の嫁ぎ先を何とかしようぜ。

昭和天皇の継宮以外のお子様方、徳仁皇太子殿下、三笠宮家のお子様方、高円宮家の典子さま

上記の方々は「さすが皇族のお相手!」と納得する相手と結婚された。

昭和の皇太子夫妻に育てられた礼宮と紀宮の相手はあのレベルだった。

(皇太子殿下は実質浜尾侍従と昭和天皇に育てられた)

他の宮家と仲良く付き合ってたらいいお相手を紹介してもらってたのに、

「〇〇宮家には男の子はいないでしょ!」と他の宮家のリフォーム代を分捕ったり、威張ったりしてたからこうなったのだ。

三笠宮妃百合子さまが眞子丼をシッシとされた衝撃は忘れられない。
facf41c2e2fdf24e3a0728b1381495fe.png

a2cf0d596abcefe2da7cbeed6dfcba9f.png

華子さまに手袋でシッシとされたオッカサンにそっくりじゃないか!

これって謀反じゃん

紀子妃がお苛立ちを募らせる「小室家問題」ご憂慮と“新皇后立ち行かずば…”の昂揚

週刊新潮の記事ですが、

これってキーコさまの下剋上宣言ですよね

「マサコが皇后になってもまだまだ虐めてやる。私が皇后になるんだから!」

謀反じゃん。

というかさ、キーコさまが見習うべきは常陸宮妃華子さまなんですよ。

それを結婚当時から勘違いしてミテコさまの真似ばっかりしてた。

兄宮を差し置いて結婚したもんだから皇太子妃がいらっしゃらなかった。

だから自分が皇后の次の地位だった。

皇女であるサーヤよりも弘前城のお姫様の華子さまよりも上座です。

学習院の階級では一番下だった自分が下剋上してやった。

マスコミもキーコさまを結構取材していた。

しかしながら1993年1月に雅子さまが皇太子妃に内定してから全てが変わった。

マスコミはまったく来なくなったし、

自分よりも婚礼の儀が豪華

自分よりも後から来たくせに、上座に座り、自分が頭を下げなければならない。

そりゃ気にくわない。

だから婚礼の儀の際にものすごい目で雅子さまを睨んだ。

雅子さまが体調を壊されてからいよいよ本領発揮

「あたしはうまくやってきた」と記者会見で言い放ち。

コウノトリの歌を夫婦で詠んで、6週間懐妊スクープ

そして雅子さまが敬宮さまを抱いて退院された時とまったく同じような格好で退院する。

初参内、初宮参の際も雅子さまとまったく同じような恰好

雅子さまがご体調を崩されて公的行事からいらっしゃらなくなると

皇太子妃面をするようになった。

こんな身の程を弁えない人間が皇后になったって国民は尊敬何てしない。

病気になった人間に対して「私はうまくやってるのにダメな兄嫁ね」なんて公の場で言う人間が辛い思いをしてる人たちの心を打つようなことは言えない。

来日した海外の王族をもてなすことができない人間に21世紀の国際社会の天皇皇后なんて無理。

雅子さまは皇太子妃になられた時から次の時代の皇后になることは決定していた。

キーコさまが礼宮のお妃になった時からキーコさまはただの宮妃になることは決定していた。

そんなに雅子さまが憎いのなら皇太子妃に選ばれる訳がない生まれと育ちと親族と性格を憎めよ


天皇の二番目の息子の嫁さんになれただけでもうけもんじゃん。

小室家と秋篠宮家は実にお似合い(笑)

週刊女性 秋篠宮家はご存知か! 眞子さまの婚約者・小室圭さん母「400万円」借金トラブル

海の王子ママが竹田さん(仮名)という男性からお金を借りて返さないという話

よりにもよって仮名が竹田って(笑)

さて、この記事が話題を呼んでいる。

まあそりゃそうだ。

これって結婚詐欺みたいなもんだもん。

秋篠宮家嫌いなヘカテーにとってこの記事はまさに「いやー、いいですねー。実に秋篠宮家の相手に相応しい話ですね」と他人の不幸は蜜の味ならぬ「秋篠宮家の醜聞は蜜の味」です。

そしてやっぱり

秋篠信者が悲鳴を上げている!!(笑)

まあそりゃそうだわな。

しかも振り込んだ明細まで週刊女性に出ちゃってるんだわ。

いやー、実に秋篠宮家らしいエピソードですねー。

秋篠信者は「ショーライノテンノーの姉の夫として相応しくない!」と嫌ってるが、

キーコさまの実家も目くそ鼻くそだぞ。

眞子丼は皇室から出ていく人間だが、キーコさまは皇室に入った人間だからもっとひどい。

川島家は納采の儀の着物はミテコさまから譲られた帯以外は着物から長襦袢まで全部含めて30万円というレベルのものだったし、

川島和代さんの手袋代2000円まで宮内庁に払わせようとしてミテコさまもさすがに呆れたと当時報じられた。

和代さんは礼宮と娘が婚約したら皇族ぶった帽子をかぶるようになったと陰口をたたかれた。

納采の儀なんて相応しい場所をレンタルする費用をケチって壁紙剥がれた3DKの団地でやった。

(椿山荘を借りたくて宮内庁にお金を出させようとしたら「そこまで面倒見切れません!」と断られたという話です)

真っ当な人なら「自分の家が貧乏だったら国公立の学校や大学に行かないか?」と思うでしょう。

見栄坊なんだろうね。

それか

「東京都内でも指折りの高額な学費の大学に行けばお金持ちの家の女の子がいるだろう。うちの子はイケメンだからそういう子と付き合って結婚できる。逆玉狙いよ!」

と計算したかだな。

で、計算通りに秋篠さんちの眞子丼が引っ掛かった。

眞子丼の留学先にまで遊びに行ったりと川島のキーコさまとまったく同じことしたんでしょ?

まあ海の王子の教育費と留学で使った費用が400万円なんだから海の王子が返せばいいのよ。

奨学金と言う名の教育ローンで大学を卒業して何年、あるいは10年以上返済してる人がいるんだから。

あと海の王子のママを詐欺師呼ばわりする人もいるでしょうが、

詐欺と言ったら忘れちゃならないのがキーコさまの従兄弟が建築詐欺をしたってことな

建築士の資格を持ってないのに、持っているように見せかけて注文を受け、ひどい欠陥住宅を作ったということ。

注文した人は「秋篠宮妃の従兄弟ということで信用したのに!」と激怒して民事裁判で訴えた。

『週刊文春』が記事にして発覚した「キーコさまの従兄弟は建築詐欺師事件」

しかし当時キーコさまが坊やを妊娠中ということで宮内庁はマスコミにこれ以上記事にするなよと箝口令を出した。



こうなるとさ、以前よりも気になるのは

秋篠宮家の職員が元帝国ホテルで働いていたからと帝国ホテルに披露宴をやらせることになったが、

費用は誰持ちなのかということ

子飼いの皇室ジャーナリストやマスコミに「男が二人もいるのに金がない」と散々書かせてるが、

秋篠さんちって外出公務という名目のバイトで何億円も稼いでるんだから普通に考えれば余裕で払えるが、

珍獣や公務先で着ない毛皮のコートをオートクチュールで作らせる等の無駄な事にお金を使う宮家だからお金があるのかかなり疑問だ。


前にも話したけど、ヘカテーの従妹が都内の某大学の学生だった当時、入っていたテニスサークルでICUの子と試合をした。

眞子丼のことをICUの子から聞いた話によると

「眞子さまは皇族だけどお金あんまり持ってないよ」ということ。

娘にはお金を出さず、自分のどうでもいいことにあの両親はお金を使うんだろうね。

雅子さまがご自分の衣装よりも皇太子殿下や敬宮さまの衣装を優先するのとは真逆です。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR